そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

こっちは遅れすぎ

木曜はコンテンツビジネスと著作権に関する授業を受けています。今日は、内閣官房の知的財産担当者が日本の知財戦略について講義しました。
知財ビジネスはアメリカの一人勝ちで、日本は特に後発組らしい。んで、巻き返しを図るべく国を挙げて知財ビジネスを振興しようって考えだと。
その考えはごもっとも・結構なのだが、この国はそのために「アニメやらゲーム」を活用させたいらしく果ては「アニメを大学の学科に参入」させるとかなんとか。
日本のアニメは確かに世界を席巻してる。でも、「今のアニメ」じゃないのでは…?所詮はドラゴンボールクレヨンしんちゃん、せいぜいポケモンが一番新しいどころ?
今のアニメなんて、エロゲーをアニメ化したのばっかじゃん。あと、女性方のウケのいいモノ。思考停止気味っていうかアイデア尽きてきた?
これらを世界に発信したら、世界が萌えまくるかそれとも日本が孤立するかどっち?
もちろん、後者となるでしょうね。文化国家なんて夢でしょう。
これを把握仕切れない政府の偉いさん方は、無駄な金をまた使うのでしょうかね…
結論:サブカルチャーを公的にプッシュしてもダメ。反骨心とか、ハングリーさに欠けるからね