サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

奇襲

ってくらいの大雨。周りがずぶ濡れになりつつ道を走る中、私は相合い傘しても余裕があるくらいの大きな傘でゆっくり大学から駅へ。足の辺りが濡れても気にせず歩く。
電車や教室で傘持ってるの自分の他にほとんど見なかった分、ちょっとした優越感にひたりながら帰宅。