そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

水樹奈々厄介ヲタがやっかみますよww

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52011830.html
だいたい、言いたいことは↑で言ってくれてるので楽チンなんだけど。


去年も十分に空気読まなかったでしょ。
スタートの「残光のガイア」が俺の心をボキリと折ったことは未だにトラウマ。
百万歩譲って去年は「チャレンジ」っちゅーことで良いでしょう。


まぁ、それはともかく今年。
何をやっとるのかと。去年に加速してアニメタイアップを削る勇者。
歌いたい曲を歌うってスタンスが貴女の原点ですか?
それが貴女の「RE:BRLIDGE」ですか?
motsu師匠とのセッションは良クオリティだったとは思うけどさ。それでとどめろよ。
なんでテンション上がって一人でアルバム曲連発させちゃうかねぇ。しかも西武ドームでやったじゃんそれ。
水樹奈々さん、貴女はアニサマの目玉中の目玉、主力中の主力、5年連続トリですよ?
貴女でアニサマが決まるんですよ?その自覚で選曲してますか?


知らない曲だと盛り上がれない、という短絡的なファンの思考も残念だとは思う。
聴いたことなくても、その場で聴いてるじゃない。見てるじゃない。そこで心打たれることを大事にしようよ!!っていうのはある。



だが!!
これをトリでやる必要は皆無。
ラストは定番から定番につないでボルテージあげて、締めの全員曲に持っていくのが良い。これだけは間違いないってか文句いわせねー。
最後にアルバム曲投下して「ポカーン」させてどうすんの?
貴女目当ての客が一番多いだろうけど、それに胡座をかいて、何様ですか?
こんな構成だったら、ワンマンでやってればいい話。ってか西武ドームでやったような流れ。アホかと。
CD売れたって、こういうところでアホしてたらいかんよ。


RE:BRLIDGE。原点回帰。
影山さんが、アコギで『CHA-LA HEAD-CHA-LA』やって、『聖闘士神話』やって。
特撮畑で育ったサイキックラバーが、間違いなくみんなが望んでいたけど実現難しい『あっぱれ!』やるのに奔走して。


その一方で水樹奈々は余裕のアルバム曲投下。
ホント残念。


こんなスタンスなら、もうアニサマ出なくていいんじゃないかな。