読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

寿美菜子『Dear my...』発売記念握手会

当選メールを受信したのが台風の日、先週の水曜日。
以来、このイベントのことばかり考えて過ごしていた日々。この間にあった握手会は、ごめんだけどスパーリング感覚というか「みなちゃん時にこうしたらどうなるか」ってのがどうしても頭から離れなかった。それくらい、頭の中で準備してシミュレート重ねて臨んだ。
入場時は雨。みなちゃん雨女だそうで、握手会前の挨拶で「もう皆さん慣れましたよね?w」と言ってしまうくらい。なるほど、デンジャラスステージの物販も雨が降ったりやんだりで大変だったそうだしねw


入場時に抽選して、取った整理番号順に握手。俺は37。おぉ「みな」ちゃんだけに!とかいって高まってる余裕があまりないくらいに緊張してた。なんだよおい、握手会なんて死ぬほどAKB界隈で経験してるというに。と思ったけど、この1回の握手は次に繋がるわけもなく、ってか次があるかもわからないまさに一発勝負なわけで。今SKEで推してる人みたいに無限に手に入るようなものではないわけで、そりゃ緊張もする。この1回に、今の俺がみなちゃんに伝えたいこと込めなければならない。
先頭の方の握手時間を計測。およそ15秒。でも係員が優しいので粘ろうと思えば粘れる。が、まぁ15秒で決めよう。俺は紳士なのだw となりの人とちょいちょい話しつつ、出番待ち。言いたいことの整理はこの時点でできていたので、心は穏やかになりつつある。最初、一言目さえしっかり声に出来れば、あとはきっと上手くいく。信じろ、自分の舞台度胸。


地の文が俺、「」の文が寿美菜子さんで・・・・って、みなちゃんはほとんど喋ってないな。


◎◎
「こんばんは〜」
こんばんはーどうもです〜 (互いに礼っ。まずはご挨拶からw)
(握手。互いに両手重ねる)
代々木で聴いた『Dear my...』がとても素敵で、凄く思い出深いですっ
「おぉ、嬉しい〜」
んで、今日お会いできるのが嬉しすぎて、いま緊張でヤバイんですww
「はははw」
伝えきれないことは、お手紙にしたので、ぜひ。。
「はい、しっかり読みますね」
今日はありがとうございました、これからも応援しています!
「ありがとうございます」
(握手おしまい)
(去り際にもう一回、礼っ。みなちゃんも返してくれた)
◎◎


穏やかなテンションで話すことができて、みなちゃんともリズムが上手くかみ合って、とてもとても幸せな15秒でした。
奇をてらう余裕はないし必要も感じてなかったけど、シンプルすぎるのもなと思って。少しだけ視点をずらしてみたりして、いろんな表情のみなちゃんを見たいなと考えを重ねて、結果コレで満足。『Dear my...』の感想を代々木第一体育館でのライブと併せてみた。その時のフワッとした笑顔、思い出すとまた蘇る幸せ。
実際に15秒きっかりで終わってるだろうし、喋ったことを書き起こすと長いわけないんだけど、とても長くみなちゃんの前にいるように感じた。自分の脳みそが必死にこの15秒を記録してくれていたのかな。GJ。
今日のこの15秒は、ヲタ人生のターニングポイントとなる可能性がある。重大事件になるかもしれない。懸案事項としていた「ポスト・水樹奈々。ポスト・東京ドーム」の方向性が、これから見えてくるかな。
しばらくは今日の思い出で生きていけるわー。みなちゃんありがとう。