そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

三澤紗千香・松永真穂 Birthday LIVE 2013◆夜公演〜さちか☆私がちょっぴりお姉さん〜 at初台 the doors

セットリストはあーいーまーいーなのでポイントだけ

三澤紗千香が「oath sign」歌った
・松永真穂が「MARIA & JOKER」歌った

僕への私信か何かですかwww
まぁあれだ、松永真穂さんの「MARIA &JOKER」はとてもしっかり曲をインプットしていて好感です。なんなら、元ネタの方よりも曲の世界観を出していた。


んで三澤紗千香ちゃんです。僕が年末に「加速するラジオ」聴きまくって惚れ込んだオモロ系の若手です。っても、ライブとか苦手なんだろうなぁと思ってたんだけど・・・・これまた見事に緊張してますよーどうしよう泣きそうって表情で出てきて。モニタースピーカーにある歌詞カード凝視しちゃうし、2曲め終わりで涙目だし完全に。「oath sign」のトコもどこか自信無さげ。
松永真穂さんソロの間に衣装チェンジ、おそらくそこのバックステージで能登有沙さんあたりから気合い注入されたのでしょうか、以降は目に活力が戻ってきて「やったれやったれ!」という勢いが出てきた。おそらく後半の「Burst the Gravity」(ALTIMA)やら「ユナイト」やらはしっかりできる自信があったのだろう、力強くやってくれてた。
三澤紗千香ちゃんの持ってる最大限と底辺を1公演で見たのかなぁと。「まぁ若手だし」で済むレベルじゃないんだけど、なんか憎めなかった。ってのも、中盤の衣装チェンジ前後で
「あー、歌うのきっつい!」
って自分の硬さを振り切ろうと気持ちをさらけ出してたからかなぁ。そうそう、ラジオで俺が好きになった三澤紗千香ちゃんはこういうこと言っちゃうんだよねー、と安心したというかw ある意味ではここまで織り込み済みで見に来た感もあったんかな。事前にはそこまで意図してなかったけど、感覚的に。
青田買いしたいとか、俺が育てたしたいとか言うよりも、「三澤紗千香ちゃんの生き様を見たかった」のかな。ラジオで惹かれた人柄の部分を見てみたい、バースデーライブならいろいろと動くだろうと。うん、そこはスゴく見られたし満足。


そして何より、スタンディングが超楽しかったので!
Burst the Gravity」あたりからぐっちゃんぐっちゃんになってアヘアヘ(^q^)みたいな表情しながらそのグルーヴに乗っかって流れてたww 下手側にいた厄介グループ()()()()の人たちをちょっと割ってみたりw
んで、ライオン終わりくらいで押しくら饅頭の輪の外周くらいにポジションとって跳びまくった。「ユナイト」ではなんなら三澤紗千香ちゃんと同じ視線になってんじゃね(脳内)ってくらいしっかり跳べたので満足でござる。そして気づいたら周りにスペースができていたでござる。アンコール中に「スゴい跳びますね」と声をかけられたでござるw


今日って色々なトコロでイベントあって、選択肢あって、どれにするかなぁって考えてたんだけど。開演してからは他のことなんて何も考えなかったし、、、あ、「MARIA & JOKER」でよぎったけどw、、終演後ってか今は心の底から「楽しかったー!参加してよかったー!」って思ってる。自分の嗅覚を称賛したいねww