サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

LiSA LiVE is Smile Always 〜今日もいい日だっ〜

悔しい。
ライブ終わりどころか、ライブ中からずっと悔しい想いをしたことなんてなかった。

なんで、なんで今日?
「best day, best way」ツアーで確立したやり方でセットリストも考えうる最高のもので、ツアーから全国行脚から各地を巡って作った最高の流れを受けた状況で、初めての晴れ舞台である日本最高峰の日本武道館で、なんでこんな最悪のコンディションになってしまったの?
たった一つの要素が、LiSA自身の喉の調子が、それだけが悪かったなんて。


今日のことを最も悔やんでるのがLiSA自身だってのは、もうわかりきってる。「へっぽこ」なんて言葉が、自分の晴れ舞台で出てくるんだもの。
俺はただの客だ。俺はLiSAの心情を想像して、勝手に悔しく思うことしかできない。
一曲目から喉がかすれきってて、これは危ないと思った。高音が、俺がいちばん好きなLiSAの「高音を貫く」ようなことが、全くできずにことごとく声が裏返ってた。でも、序盤はそんな状況を観たくないというか、「テンションで振り払って俺は楽しんじゃえ」って気持ちがあって、LiSAの歌ではなくバンドの演奏に乗っかって暴れてた。「DOCTOR」あたりまではほぼほぼ自己陶酔しきってた。
「いつかの手紙」で、作ろうとしてた自分の世界がぶっ壊れた。
声もそうだし、歌詞のアウトプットがボロボロになってしまった。他の曲でも何度か歌詞を飛ばしてしまっていた。今まで俺が出会ってきたLiSAは、セットリストや演出が俺の好みに合うかどうかという問題しかなく、曲ごとのパフォーマンスの"ヘマ"はしてこなかったはずなんだ。今日はどう考えても、ステージに立って歌うような状態じゃない。確信してしまった以上、もう振り払うことなんでできなかった。
以降は、頼むから早く終わってくれとか、何かの奇跡で次の曲から復活してくれとか、ぐちゃぐちゃなごちゃ混ぜな気持ちだった。見てらんねえよ!とか思ってた。でも、目を離すわけにはいかなかった。見ることしかできない客が、ファンが、見ることすら止めたらどうするんだと。信じたLiSAを、今だって信じてるLiSAを、こんな状況で手放せるのかと。自分への問いかけなんて一瞬でNO!で突き返せたし、それでも結局は握りこぶしをステージに向けることしかできなくて。
「Believe in myself」の最初だけは、せめて上手くやって欲しいと願ってた。そこをどうにか突破していくところを象徴に、ライブを通してLiSAの最後の意地みたいなものを見ていた。
今日のコンディションだったら、ライブを中止する選択肢もあったはずだ。それでも、ステージに上がってきた。声がひっくり返ってもオクターブ下げてても、歌詞が飛んでいても、歌うことは絶対に止めないんだという意地。日本武道館ライブを楽しみにしていた、俺たちファンの期待になんとか応えようという意地。


スケジュールがどうだったとか、コンディション管理がどうだったとか、そこんところで思うことはある。あるけど、想像でしかない以上、ステージ上で行わることで判断するしかない。今日は結果として、最悪なLiSAを見てしまった。二度とこんな状況には立ち会いたくないし、なりうる原因は排除して欲しいし、もし俺に関わる要素があるんだったら絶対に協力する。


来年でも、再来年でも、何年かかってもいい。また、必ずLiSAにワンマンで日本武道館に立って欲しい。その時は、最高のコンディションで、1ミリも不安を感じさせず、余計な理屈も考えさせず、ただただ「LiSA最高だ!!」って感想しか出てこないような、完璧なライブをしてほしい。
夏にツアーがある。コニファーでの野外ライブもある。こんな日があっても、LiSAのキャリアは続く。
このライブを見せられて、次もこんなんだったらたまったもんじゃねぇよ。でも、今日のこれだけで、突き放せるような、見切れるような感覚も全くないんだ。ずっと信じてきてるし、今だって信じてるし。
絶対に取り返してくれる。最高のLiSAを見せてくれる。そう思って、ただの客である俺は、また次に向けて身体と心を整えていくしかない。ただただ、最高に楽しいLiSAのライブを欲することしかできない。


ここで終わるわけにはいかないんだよ。