そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

桜のまえ Zepp Tokyo1日目

上手の2柵から3柵の間。
自然発生する円陣、きゃっきゃとぶつかり合い。
150cmくらいの女の子でさえ円陣の中央に突っ込んでいく。
ステージへの目線は切らないようにし、円陣の渦の中へ飲み込まれる。

快感。楽しい。癖になる。
声優ライブだとただのケンカだから、とても新鮮だった。


どの曲がーとかそのへんは2日目編にて。