読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

NANA MIZUKI LIVE FLIGHT 2014 AIR1 富士急ハイランドコニファーフォレスト

俺が富士急ハイランドで乗ったアトラクションの順番でも書いているうちに、バレが嫌な方はどうぞ。

開園
1.ええじゃないか
搭乗の直前でシステム調整のため一時休止。整理券をもらう。


2.ドドンパ
初速やべぇwwそして垂直?に上昇して降下するときのケツが浮いてヒャアァァアァw


3.FUJIYAMA
高すぎ。50メートルくらいまでは高い怖いって感じだったけど、最高到達点79メートルではもはや現実感が薄かった。そっからのドロップの迫力、快感たるや。
そして、下を見ると奈々ちゃんライブ物販の列があって、そこに向かって「奈々さまぁぁっぁああぁああぁ↑↑↑」って叫ぶのが楽しすぎて。後から下に行って確認したけど、たぶんちゃんと聞こえてるんだろうなぁw


4.メシ
ええじゃないか再開を待ちつつ、近くのレストランでかき揚げ丼980円。遊園地価格だけど、思った以上に量がしっかりあった。かき揚げも2枚で満足。直後にええじゃないか再開。満腹で行くのかw


5.ええじゃないか
整理券でサクッと乗車。なんかもうね、これの設計した人たち頭おかしいでしょw グルングルン向きが変わってひねって、自分がどこにいるのか、どこを向いているのか、どちらが上か、何もわからなかった。ただひたすらに叫んでた。
「奈々ちゃん!ああぁ奈々ちゃん助けてぇ!!あぁ!あぁ!雨宮天さーーん!


どれも大変に楽しかった。この時点でもう大満足だったわけだけれども、ライブのお話へ。







ライブの中盤戦、夏のツアーではすっかりお馴染み(やってない時もあるんだろうけど)、お楽しみコーナー。
FLIGHTでは「過去にキャラソン等でカバーした曲」ってことで、候補が書かれたサイコロをふって出た曲を歌いますと。
キャラソンもカバー曲もほっとんど興味ないから、まぁ流すところだねーってヘラヘラ見てたら、『GAMBAらなくちゃね』の目があって俺さんスイッチオーン。そう、Pritsのアルバム『Cherry Blossom』にて4人でカバーしていたリンドバーグの名曲です。
序盤のMCでも「富士急ハイランドで撮影をした」っていう話でPritsのことに触れていて、その時点で周りのよく知らんなぁみたいな空気の中で一人ギャーギャー騒いでたわけだけれども。ここでPrits曲やる可能性がにわかに出てきて、居ても立ってもいられなかった。
周りのほとんどは、☆の目(バンドメンバーが歌う曲を決める"当たり目")が出ろってコールをしてたけど、俺はもう頼むからPrits来てくれと入れ込んで祈った。サイコロが転がる、あぁこの筋だと『GAMBAらなくちゃね』はチャンスなしだなぁ(´・ω・`)ショボーンってなってたら、筋がずれて止まった。
『GAMBAらなくちゃね』で止まった。冷めた空気の客席に対して、一人で狂喜乱舞する。あ、斜め前でも喜んでる年上の兄さんがいた!向き合って一発ハイタッチ!


「知ってる人は少ないと思うけど…」って言う奈々ちゃんに向かって「俺が知ってるよありがとうありがとう!!」的なアピールを何年ぶりだよって感じでやり、曲の間は必死そのもの。
当然ステージ上では奈々ちゃん一人だけど、奈々ちゃんが歌ってるのを通してPritsの四人のことを想っていたし、頭のなかではCD音源を思い出してるからステージ上の奈々ちゃんと当時のPritsがセッションしてるみたいに感じてた。そしたらもうテンション振り切っちゃった。
暑いし頑張って跳ぼうって感じでもなかったから靴はcciluだったけど、ここだけは必死必死。サビの間に飛んでるのなんて、視界に入る限り俺と連番したリンドバーグ世代だけだったしたぶん片手で数える程度でしょ全体でも。だからもう、ほんとに「奈々ちゃんが俺のために歌ってくれてる」ってなって、一層やり込むよね。
楽しいとか快感とかじゃなく、ただただ感謝の気持ちで満たされていた。2014年にもなって、Pritsとの想い出を作ってくれて本当にありがとう奈々ちゃん。この期に及んで奈々ちゃんライブで泣かされるんかよ俺。



この『GAMBAらなくちゃね』一曲で俺はこのライブ大満足なわけだけど、今回のセットはかなり俺好みで、「ことによると奈々ちゃん俺が来ること把握してたんじゃないの?」ってくらい。
アルバム「SUPERNAL LIBERTY」で大好きな『FATE』の前に『空時計』を歌うとか、ヘッドセットのダンス曲に『still in the groove』をチョイスするとか、終盤に『New Sensation』を持ってくるとか、まさに懐古厨歓喜でしょ。後になって見てみると、これ最近の子たちは大丈夫だったのかなって思うくらい。
おかげさまで、そんな"同窓会"に(当初は富士急ハイランド目当てだったものの)俺が参加できたのはとてもタイミングがよく、光栄で、嬉しかった。まーたこんな日に限って、「古参(笑)ごっこやろうぜ~」とSensationシャツにAttractionネックストラップとかで入場してるわけで、すまんねw


全体を通して見ると、「奈々ちゃんはツアーにコンディションを持ってくるのが本当に素晴らしいよね」とか「バンド超分厚いな!」とか「セットのプロペラかっけぇ!」とか「ナイアガラキタ━(゚∀゚)━!」とか「花火イェア!」とかあったけど、一番はPritsだった。
もうホント、ありがとう奈々ちゃん。


ここまで書いて、ちょっといろいろ思いついたことあるのでそのへんは後日。もしくは群ガラで。