そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

fun time ACCIDENT at EX THEATER ROPPONGI

基本的にはフェスとか対バンってどういうテンションで持っていけば良いのかわからないから、あんまり得意じゃない。
ただこの「fun time ACCIDENT」はUNISON SQUARE GARDENが仕掛けた企画だから、何が正解なんていうのは絶対に教えてくれない。「お前がやりたいようにやれば」っていうスタンスはワンマンと同じだろうってことで、軽く気になる部分だけチェックして、ほとんど「UNISON SQUARE GARDENのワンマンに来たよ。他の3組はなんか偶然ここでやるみたいだよ」くらいの気持ちで気楽に行った。
そんな感じで行って聞いてきた。間違いなくfun timeだった。そして、sandclockのアコギとピアノの心地よい調和、go!go!Vanillasの(特にサスペンダーつけてたベースの)直線的な煽りと勢い、パスピエのボーカルと電子音の不思議さ、この辺はしっかりと引っかかった。ここがACCIDENTのきっかけになりそうだねと、そのうちまたどこかでお会いするかもしれないですねっていうところ。
事前チェックの時点で、パスピエはなかなか気になっていた。「S.S」は特に耳に残ってて、このライブでも聞けて、そしてこれを書いている時点でも頭の中でリピートされてる。今すぐ追跡できる余裕はないんだけど、機を見てパスピエはまたチェックしたいなって強めに思う。



そしてUNISON SQUARE GARDENである。
3月にツアーが終わって3ヶ月。3ヶ月でもうめちゃくちゃに餓えていて、なんでもいい何曲でもいいからやってくれって状態で当日を迎えた。

・セットリスト
クローバー
シャンデリア・ワルツ
Miss. サンディ
サンポサキマイライフ
デイライ協奏楽団
harmonized finale
(Band Session)
プロトラクト・カウントダウン
徹頭徹尾夜な夜なドライブ
like coffeeのおまじない

Encore
オリオンをなぞる
フルカラープログラム

11曲、だいたい1時間たっぷり。ボーカル斎藤宏介の本格復帰で、舞台に上がるってことは大丈夫ってことだと思ってはいたけど、なんの不安も感じさせずに優しく強くかっこよく歌ってくれた。
セットについてはもういつだって言う事なしだなと思う。彼らの「通常営業」がどうしようもなくカッコよくて楽しい。
ワンマンとしてはこれで4回目で(これもワンマンが3組あったくらいの感覚でいる)、まだまだ「何が歌われてもすげー嬉しい」時期だ。それにしても、アルバム『UNISON SQUARE GARDEN』から「クローバー」「サンポサキマイライフ」「デイライ協奏楽団」はうぉぉぉぉ!と高まった。
そしてそして、貴雄のかっこ良すぎて兄貴に欲しいと思うような超カッコいいドラムから始まるセッションからなだれ込んだのが「プロトラクト・カウントダウン」だった。この曲は俺をUNISON SQUARE GARDENに引き込んで掴んだ決定打といえる曲だ。昨年のリスアニライブで興味を強く持ち、その日の夜にiTunesでダウンロードした『Poplus Poplus』に入っていたコレに撃ちぬかれた。「いちばん好き」とも言えるこの曲をついにライブで!というのはとても嬉しかった。ウワァァッァァァァアアア!!とか叫びながら動いて動いて動いた。


そう、動いて動いて動ける場所に上手く立ちまわることができた。
UNISON SQUARE GARDENのライブに対するにあたり、自分がどこにいれば満足を最大化できるかがわかってきた。
音へのリアクションとしてはまず動きたい。そうすると自然と田淵智也と動きが同調してくるので、田淵智也の近くにいると楽しい。だから基本は下手側。
ただ、田淵智也だけ見えていればいいかというと、斎藤さんと貴雄がめちゃくちゃカッコいい演奏(&歌唱)をしているのも見たい。だから下手側でも田淵智也の目の前ではなくよりステージの端へ行って、「田淵智也がいて、右後ろに斎藤さん、左後ろに貴雄」と見える角度が非常によろしい。
3人がよく見える角度を決めたら、あとは周辺の環境。できることなら俺だって、田淵智也のようにフロアの端から端まで動きまわりたい。しかしそれは叶わぬ願いだから、せめて頭を振ってステップを踏むくらいのスペースが欲しい。すると、最前線はもちろん、圧縮して前へ前へっていう人たちとは仲良くできなさそうだ。
だから、3人がよく見える角度を保ちつつ、圧縮したい人たちの一番後ろにできるエアポケット的なスペースに入り込んだ。ステップも踏め、腰を入れて頭をふることもできた。「プロトラクト・カウントダウン」の終わりで「ここだな!」と確かな手応えを感じた。自分のスイートスポットを発見した。
曲によって前に行く人後ろに下がる人、いろいろいるからずっとスイートスポットにいられるわけじゃない。会場によってはそんな「良い角度」がないかもしれない。そもそも、もっと楽しめる場所があるかもしれない。だから今回みつけたスポットに固執するのもあんまりだけど、一つの水準を手に入れられたのは良いかなって思う。





すげぇ楽しくて、すげぇ気持よくて、いい日だった。
こっからUNISON SQUARE GARDENは8月にアルバム、9月からツアー。わくわくが止まらない!


今日の動きメモ
開演時:中央
go!go!Vanillas中盤:前進
パスピエ:徐々に下手へ
UNISON SQUARE GARDEN:スイートスポット到着。