読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

SKE48「ラムネの飲み方」公演 内山命生誕祭 ー命祭

みーこと祭だ!ウッスウッス!!
まぁこれはやらなかったけど、そんなコンセプトで生誕祭実行委員さんは準備されて、それにメンバーも呼応して、みんなでワッショイワッショイと賑やかに行われた生誕祭公演だった。


心境の変化。成長。
内山命ちゃん、昨年の生誕祭では「ファンのみなさんの期待に応えられてない」と歯がゆい思いを吐露して、涙を流していた。
今年は、しっかりとこの一年を振り返り、今後を見据えていた。特に9月のミュージカルが大きな大きな経験になっていて、それが自信と夢・目標の設定を固める土台となっているみたいだ。
一年で、この子はとんでもない成長をした。そう思わせるには十分すぎるほど、彼女の姿は立派になっていた。自分自身がなりたい未来が見えて、向かい始めているのだろう。
しっかり話す姿がさ、すげー嬉しかった。ここんところはずっと薄っぺらい関わり方しかしていないけど、自分としてはそれこそ命懸けで、「内山命の将来を守ってみせる」と本気で思って行動していた時期もあったんだよ。そんな気持ちにまでなった子が、大きな成長を遂げた。かつて“守った”甲斐があったってものでしょう?
内山命の“完成形”、どうなるのか見てみたいなって思う。


今後また、頻繁に名古屋へ行けるかはわからない。むしろ、それは難しいだろう。
でも、なるべく早く今日のことを話したい。伝えたいことがあるんだ。
だから、ちょっとした無茶くらいなら承知で動こう。そして、アンテナを張り直そう。「いやぁ、声優のライブとか言ってる場合じゃねーな」って軽口を叩く暇があったら、直近で行ける握手会のことを調べてみよう。会いたい時に会わなきゃ。



昨年のような「復活劇!」と言えるような熱量の上がり方はしていない。けど、在宅ながらも見守っていた、今年の俺のテンションはそれでOKだ。もう少し現場に振ってあげて、内山命の振る舞いを見ていけば良いんじゃないかと思う。
間違いなく、内山命のことが大好きだ。