読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

Seamless ―UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2014「Catcyer In The Spy」 中野サンプラザ

めっちゃ楽しく一人酒しちゃったのでエッセンスだけ。でも言いたいことは必ず打ち込む。



一畳にも満たない狭さだけど、自分のためだけに用意されたスペースがあるホールでUNISON SQUARE GARDENのライブを楽しめるということ、どれだけ幸せでどれだけ俺向きなのかと。
「ホールがあるから、ライブハウスじゃできないこういうことやりたいな」って漠然とイメージはしてたんだよ。ぴょんぴょん好きなだけ飛び跳ねたいとか。それがさ、実際にライブ始まって、さっき狭さって言ったけどライブハウスに比べればめちゃくちゃ広いスペースがあってさ、そういう状況に自分を解き放ったら、事前のイメージに全く入れていなかった反応を返す時もあったんだよね俺。驚くし、すげぇ面白くて楽しいし、もう最高。キャパシティ超えてる。
『蒙昧Termination』を聴くときに重心を低く低く取るって感じになったんだけど、こういう欲求って今日になって初めて存在に気づいたんだよ。ライブハウスじゃ姿勢を低くとるなんて発想にも至らないからさ。あの重く低い曲調に合わせてグッと踏み込むのすげぇ良かった。
あとはなんだろうなぁ、上げればキリがないんだよ。ここまで首振ってみたかったんだ、こんなタイミングで飛んでみたかったんだ、前の座席つかってドラムのリズム刻みたかったんだ、席があるのに自分の太ももを叩く方がいいんだ、めちゃヘドバンしてみたかったんだ、声も出さずに立ち尽くしたいタイミングがあるんだ・・・・・などなど、UNISON SQUARE GARDENの歌・演奏に対して本当にやりたいことを周りをほぼほぼ気にせずにやれる。こんな環境を得てライブを堪能できるなんてさ、最高だよって言葉しか出てこない。


Seamless、シームレス。そう、今日のライブの凄かったのは、見て聴いてインプットしてるものに対して、限りなく自然に繋ぎ目なくアウトプットできたってこと。
たとえばUNISON SQUARE GARDENでもライブハウスなら、多少なり密着してる周りへの配慮が頭をよぎる。たとえばホールでもよく行ってる声優のライブなら「ここからBメロだから警報入れてPPPHで…」ってやるかどうかが頭をよぎる。
今日はそういう雑念を感じることなく、音に対して景色に対して思ったままに動いたり止まったり叫んだりしていた。これがもう、ものすごく強烈な快感で、こんな感覚いままで感じたことなくて、こんなこと他のライブで感じられるのかなって怖く思うくらいでさ。とにかくもう、最高に楽しかった。
今の自分との相性でいうと、UNISON SQUARE GARDENのライブが完璧なんだなってことを強く強く感じた。すげぇかっこいいよ。

今日はまた新しい感覚が入ってきていたんだよなぁ。言語化するのすげぇ難しくてどう言えばいいのかわからないけど、UNISON SQUARE GARDENのライブに行く度に「新時代だ!」って思うんだよね。ほんとすげぇって。
自分の欲求と合致してるんだと思う。だから、UNISON SQUARE GARDENのライブ中はほぼ何も考えずに(もしくは何かしら別なことを想いながら)インプットに対して即アウトプットしてるんだと思う。うん。


ふぅ。


今日は上手だった。ライブハウスだとまず下手の田淵智也が見られる場所に行くので、今日はまぁ斎藤さんを見ようと。
自分でも知らなかったことわかってた(日本語としてどうか)けど、斎藤宏介めっちゃかっこいいな!歌声の柔らかさがベースにあって、客席を見ながら時折ニコッと笑いつつ、ぐっと荒くいくところで荒くいくのとかさ。「WINDOW開ける」の時だかのギターソロめっちゃ情熱的だったし、当たり前なんだけどこの人もめっちゃロックの人なんだって思った。
あぁもう!どの席から見てもUNISON SQUARE GARDENが絶対に楽しいことが完全に判明してしまった!!下手だろうが上手だろうが関係ない!!みんなかっこいい!!貴雄のドラムソロだけでもメシが食える!!!!!!!!



はい。Seamlessついでにもう一つ、完全に俺の話。
今日のライブへの入り方が最高だったと思えたのでメモ。
今日はTwitterのフォロワーでタイミング合えば会おうか〜って人がいて、まぁ同じ時間には中野にはいたんだ。
でも、ちょうど一曲目の「黄昏インザスパイ」につなげる最高のアルバム(奈々ちゃんの『Supersonic girl』なんですけど)を聴いててスルーしちゃったんだよ(彼は許してくれてたけど、ここでも改めて。ほんとごめんなさい、せめて連絡いれておこう俺)。
でもなんというか、そういう不義理をしてまで『WINDOW OF HEART」を聴いてからライブ一曲目の「黄昏インザスパイ」に繋げたのが結実したというか、物凄く良いテンションでライブに入れた。ライブは客席一つ一つとステージ上だけの世界であるんだっていう、UNISON SQUARE GARDENの考えをありありと感じられた。このやり方を確立してしまったから、もうUNISON SQUARE GARDENの現場じゃ誰とも会えないし人脈はひろがらなさそうだww
ライブ後ならある程度は余裕あるだろうし、終わってから話しましょう(私信)


あーーーー、今日何度も何度も、「あぁ気持ちいい!!」って思ったんだ。
凄かったよ、「シャンデリア・ワルツ」のここで拳を振り下ろした時とか、そういうのが本能的に出てきてから「こういうことしたくて堪らなかったんだね、俺って!!」って気づいて超気持ちいイイぃぃいぃぃってなって。
今から思い出そうとしても、どの曲で何をやってたのか思い出しきれない。そのくらい、刹那的に"今"を生き続けてきていたんだなぁ。


後から思い出したこと追記。
ロックのライブですよ、なのになぜ俺は『場違いハミングバード』のサビ前にMIX入れているのかと。倍速で「虎火…」とか言ってんじゃねぇよ、すげぇ楽しかったからいいけどw
あとは『徹頭徹尾夜な夜なドライブ』でボクササイズ的な動きをしたり、もうなんだったんだろうね自分でもわからんわその場その場で閃いたというか身体が動くままに動かしてたからもう楽しくて。後から脳みそが追いついて「キミなにやってんの」ってなってたわ。


あぁ、最高だよUNISON SQUARE GARDEN