サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

同窓会ムード漂わせて行く時に限って新しい曲をいっぱいやってくると思うんだよね―水樹奈々アコースティックライブ前夜

プレビュー書こうと思ったら、もうタイトルに全て集約しちゃったww
いやね、横浜スタジアムで発表された時に「アコースティックに合いそうな古い曲いっぱいあるなぁ」とイメージしちゃったのよ。その画がすごくワクワクしちゃって、なんだかんだ2日間ともチケット取った。
土曜は一緒に奈々ちゃんみた回数が最多の母と、日曜は同い年で俺とのユニット「水樹奈々老害クラスタ」を組んでる友人と行く。俺も含めてみんな数年前にほぼ"隠居"してるというね。
待ち曲はいくつか挙げられるんだけど、浜スタの帰り道からずっと「これアコースティックでやってほしいな」って思ってる曲が一つある。それだけ願掛けのように明記しておこう。
俺は、この2日間で『Independent Love Song』が聴ければそれで満足だよ。
奈々ちゃんのバラード曲で好きなのは他にもあるんだけど、アコースティックという音の少ないスタイルで映えるのはこれかなと。うん、俺は待ってるよ。


まぁ、さ。こうやって「ALIVE & KICKING」の曲を待ってたり、古いファンと一緒に行ったり、こちらから同窓会ムードを持って臨むと逆に作用しそうだよね。なんかすっげー新しい曲を意欲的にアコースティックにアレンジしたりとかありそう。うん、ありそうw
それはそれで面白いしいいよ!さぁ、どうなるかね。気張らず気取らずマッタリ楽しんでいこう。