読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

My Dear ―NANA MIZUKI LIVE THEATER 2015 -ACOUSTIC- 1日目

水樹奈々さん、あなたはどれだけ僕の願いを叶えてくれたら気が済むんですか?

  • プレビュー

昨日のとおり。
期待はしてる、待ってる、でも視野はとれている。

  • お席

アリーナEの上手の真ん中くらい。
隣は信頼感たっぷりだし、周りはまぁ普通だし、気取らず焦らず自分のやりたいようにやれそう。
後方の真ん中にドーンとステージ。中央らへんも上手と下手に島。いろんなところで歌いそうだね。
開場中のBGMはThe Beatlesなど。FLIGHTの時はトップガンだったけど、今回はやはり落ち着いて入ろうというところかな。

  • 本編

以降は折りたたみましょう。
セットリストから。



・セットリスト
Trinity Cross
PHANTOM MINDS
ray of chance
Take a chance
ストロボシネマ
Panorama-パノラマ-
終末のラブソング
SCARLET KNIGHT
necessary
深愛(ゲスト:Suara
哀愁トワイライト
MARIA&JOKER
Crescent Child(ゲスト:保志総一朗
大好きな君へ
Orchestral Fantasia
Crystal Letter
BRIGHT STREAM
Song Communication
BLUE
(Encore)
禁断のレジスタンス
エデン
Tear's Night

あれ、僕が来ることって事前に奈々ちゃんに報告してましたっけ?みたいな。
「サイドくんの為に、君が好きだって声高に言ってるのよりも、潜在的に好んでるやつをいい感じにアコースティックにアレンジしてみたよ!」ってところ。もうね、すごく満足。
ド頭の「Trinity Cross」ですぐに察知しちゃうよね、「今日のセットすごいことになる」って。ってか最初からオルガンだけとか、「なるほど"アコースティック"を広義に捉えていこうって姿勢ね」と把握もできたし、とても意欲的で戦略的なスタートだった。
オルガンとの一対一に始まり、ギターとの一対一、コーラスのみ、ビッグバンドの入ったジャズ、タップダンスと、アコースティックの枠組みを自由に解釈したバリエーション豊かなステージとなっていた。
賑やかに楽しくやるいつものライブとは違って、いろんな音楽とのセッションを味わい深く楽しむ感覚だった。そういうの今の俺にとってすごく興味深くて、この形式で組み上げてくれた奈々ちゃんには感謝だね。いやぁ、やっぱり奈々ちゃんは俺のニーズをわかってくれるね、奈々ちゃん俺のこと好きだね絶対()


引きこまれ、そして寄り添われ。
直近2,3枚のシングルからの曲以外は、ほとんどが「東京ドーム前」じゃないかな?特に存在感を示したのがアルバム『ALIVE & KICKING』で、、、、って俺さん的中じゃないのw
序盤と、中盤から終盤に移行するライブの肝と、アンコール最後の締め。良いところに使われていたね、もう11年前なんだねぇ。


『大好きな君へ』、大好きなんですよ。昨日は『Independent Love Song』待ちだって言ってたけど、もう一曲書くならこれだった。ってか、金曜からTwitterのBioは『大好きな君へ』なんでw
島を移るごとに演出も参加する楽器も様変わりするからけっこーワクワクで、後ろの島に来た時にサックスが見えて「もしかしたら」と期待になって、ゲストの保志総一朗さん(かっちょよかった!)が去り際に奈々ちゃんに薔薇とか渡しちゃって「なんかそれっぽい…」とかイメージ湧いてきて、一緒に渡されたコースターをひっくり返したところに(ビジョンを見ると)「大好きな君へ」!!!
あぁ!来た!!やった!!
一緒に来てた母(奈々ちゃんライブでいちばん連番してる)と喜び合い、嬉しすぎて震えて、いったん膝から落ちて、すぐに立ち上がって笑顔。あぁ、すっごく幸せ俺。
『大好きな君へ」は東京ドーム後にどんどん好きになっていった。恋愛が終わってからの歌だから、ドームで"頂上"を見てもうこれで卒業というか契約満了だな思った(今は何なんだというのは別の話)後の心境とよくリンクしていった。「現役の子たちより、俺みたいな終わったオッサンの方が美味しく味わってるんだよ!」って感じw
それをまたこうして、ライブで聴けるんだから幸せ者だよ。ありがとう。


明日もこれあるんだよね。曲がどれだけ入れ替わるかなとかそういうのもあるけど、俺はもう十二分に幸せをもらったから、何してくれてもいいよ。
だって、『大好きな君へ』だぜ?俺への私信でしょこれ。