そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

アトラクションがはじまる ― UNISON SQUARE GARDEN八王子

ついにやってきたUNISON SQUARE GARDEN TOUR 2016「Dr.Izzy」だ。
7月から12月までのロングツアー、俺は月一くらいのペースで5回行く。連続性がないので、一つ一つ新鮮に。

俺の中では、LiSAツアーの佳境でUNISON SQUARE GARDENツアーの始点が重なったのが、大きな意欲をかきたててくれる。このときがきたか。ツートップ、チャンピオンとチャンピオン。
新しい考えや気持ちが浮かんでもよし、改めて互いの特長や好きなところが固まっていってもよし。

初日、オリンパスホール八王子。席は1階の後ろの方、下手の端っこ。距離はともかく、角度は田淵智也、鈴木貴雄、斎藤宏介の3人がうまく入る好きな位置だ。


濃ゆい通常営業だ!てんこ盛り!!

当然、アルバム「Dr.Izzy」が軸となり幹となる。アルバムの振れ幅が大きいから、ライブ中もかなり翻弄される。

そして「Dr.Izzy」に肉付けされる既存曲たちが豪勢だこと。
アルバム曲が繋がることもあったし、アルバム曲→既存曲やその逆もあった。中でも、アルバム曲→既存曲で、その繋ぎ方に「やったぜ!これやってくれる!」って何度も沸き返った。
聴きながら、そして帰りに振り返ったとき、なかなか理に適っている接続がされてるなぁって思った。
特にアレからアレね。ここめっちゃ好き。イントロの瞬間に「おおぉぉぉこの手があったぁ」と感嘆。
それがライブに深みをもたらし、きっと明日から聴く「Dr.Izzy」にも新しい景色を与えてくれるだろう。そうだといいな。

前半に「もうこれやっちゃうの?クライマックスかよ!」って曲あって、事前に「ツアー中にセット変わる(かも)」みたいな話は聞いてるから「コレはアレに差し替わるのかな」なんて思ってたら、後半にその予想してたアレを歌ってたりも。おいおい豪華すぎ!

「Dr.Izzy」の曲たち。
まだ発売して10日経ってないけどイメージはだいぶ膨らんでた。イメージを基に動いて、ステージ上を見て聴いて。
特にお気に入りの曲は期待以上にライブでカッコよくなってくれた。対する俺の答えはイヤァォ!滾るね!
田淵智也の動きもまだ探ってる部分ありそうだななんて思いながら、きっと俺も後々もっと楽しくやれる気がするなんて感じた。
いやぁ、楽しいね。始まったね。次は8月8日、けっこー前に行けるので、今日とだいぶ視界は変わる。楽しみ!!


そして明日はLiSA。さぁ、今日に対してどう出るLiSAどう出る俺。
こんな日々が来るのを待っていたんだ!!!