サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

積み上げーLiSA新潟

ツアー「Hi! FiVE」ホール公演ラスト。
広島・香川を経ての新潟テルサ、ステージ上が一つのバンドとして当たり前に見えてることが、初日の東京から大きく変わったところだなぁ。
香川公演の記事でも書いたけど、メンバーのキャラクターがわかって好きになって、“仲良く”なれたなと。香川では全員と何かしらコミュニケーション取れたしね。
「なんかすごかった」とLiSAが広島で言ってたけど、新潟でさらに深まって「公演を重ねる度にグルーヴ感が上がってる、今日が最高潮!」とまで言っていた。ホール公演のラスト3公演のいいところを一気に楽しめたわけだ。いいね!

香川公演の最前列を受けての新潟は真ん中らへんの列。普通の視界に戻ってどうなるかなと少しは思ったけど、改めてこのツアー、このセット、今のLiSAが大好きだなと。めちゃくちゃ楽しいでやんの! 
そして香川公演の残像というか、「そうそうこの曲のここでLiSAきたな」とか思い出してンフフってなって良い影響があったね。

そんなわけで、ステージ上も自分自身も、ツアー中の積み重ねがあって楽しさが高まっていた。そんなホール公演ラストだった。
「最高の今」というLiSAのキーワード、刹那主義的にとらえてしまうこともあるけれど。「今」を作るのは、過去の経験もあるよねと。ついでに言うときっと未来への期待感もありそうだね。


今ツアーで行くライブハウスは再来週の札幌(とたぶん追加の沖縄)だけなので、楽しくて仕方なかったホール公演と違った見え方感じ方がこれからできると思うとわくわくだ!
同じように楽しくてもいいよ、それは最高ってことだ。