そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

ESD中島由貴ちゃんで始まるかもしれない話(5)『ちょっと可愛いアイアンメイデン』発売記念イベント

本記事の要旨(になればいいなぁと書く前に思っていること)

TSUTAYA三軒茶屋のイベントに行ってきたよ



『ちょっと可愛いアイアンメイデン』って作品は知らないけど、中島由貴ちゃん来てサイン会あるなら話せるし行ってみよう時間あるし、ということで三軒茶屋へ。  

三軒茶屋は10年ぶりくらい。高校の最寄り駅その2だったのと、ヒロノブさんのアコギで取材したのと。

キャロットタワーの2階…ってことで良いんだと思う。きっと。



着いたらまぁなんとなくそれっぽいヲタクはいた。うち一人は先週も先々週もいた。  

このイベントの出演者は、中島由貴ちゃん、愛原ありさちゃん、原作の深見真さん。うさかめのイベントも出てたのは中島由貴ちゃんだけなので、彼は中島由貴ちゃんのヲタクなのだろう。

スラッと背が高くて若くて他のヲタクより特徴的だったのもあって、もう覚えちゃったな。そして推し被りで敵視しちゃうんだろうな俺w 止めようよ、トランキーロ焦んなよ!  

俺はざっくり8番目くらいに到着したようで、開始時点でいたのは20人くらいだろうか。やっぱりこの規模感なんだな。

店舗フロアの一角をパーテーションで区切る形式で、横に3人いて確か俺は3列目だった。



16時ちょうどに、袖からスッと中島由貴ちゃんが出てきてしれっとトークショー開始。  

「どーもー」って出てくる。ゆるい。さすがパーテーション一つで隔てられただけの世界。  

衣装はこんな感じ。





ヲタクに好かれる為に産まれてきたみたいなコーデだな!可愛くてキレそう。


ステージとかないので立ったままだと後ろが見えないよねぇ、ってことで流れでフロアに座るヲタクたち。TSUTAYAの床に座るって「これ借りて!」って親に駄々こねる時くらいなもんでしょ!貴重!!

トークショーは基本的に中島由貴ちゃんが回す。ニコ生でもお馴染みのポジションだから慣れてるねぇ。  

良エピソード持ちの愛原ありさちゃん、だんだんと温まってきていろいろぶっ込みした深見真さんとの組み合わせがガッチリはまって楽しいトークだった。TSUTAYAの床だったけどw  

普通にTSUTAYAを利用してる人がもちろん周囲を回っていて、たまに子どもたちが見入ってて、それがどぎつい拷問の話のタイミングだったりで、出演者もヲタクも苦笑いみたいなこともあった。  

愛原ありさちゃんの黒歴史な話の時には、俺の隣に幼女がきて体育座りして聞いてたな。話わかったかな、あの子の心の闇を産む種になってないといいな。



サイン会。
深見真さん→愛原ありさちゃん→中島由貴ちゃんの順番。



深見真さんと。前の人が深見さんのファンっぽくて作品について話し込んでた流れから、  

サ「申し訳ありません、昨日この作品知りました!」  
深「ということは、アース・スター ドリームのファンの方?」  
サ「はい、でもそっちも三週間なんでド新規ですw」  

深「(笑)」  
サ「先ほど、『知り合いのプロレスラーが~』って話(その人とレスリングの練習を体験した、という話)でしたが、誰ですか?プロレス好きなんで気になって」  
深「まだヤングライオンでデビュー前なんですよ」
サ「まだ試合に出てない、、それで全日本チャンピオンだと…」  
深「岡っていうん選手で~」  
サ「あぁ!岡!!知ってますよ期待の若手っすよ新日ファンからしたら!!!」  
深「そうなんですね!これ(『ちょっと可愛いアイアンメイデン』)にもプロレスネタ入れてるんで楽しんでください」  
サ「おぉ、それは楽しみ。今日のトークも楽しかったですありがとうございました!」  


プロレスの話だとスムーズだね、三人でいちばんしっかり覚えてたわww



愛原ありさちゃんと。  

愛「(サインに)お名前書きますよ~」  
サ「HNか本名か……じゃあ「ゆうた」でお願いします」  
愛「はーい」  
サ「楽しかったですよ、愛原さんの黒歴史トーク中に女の子が隣に座って聞いててスゴい画でしたw」  
愛「ほんとに?それ大丈夫かなぁ」  
サ「心の闇を抱えるきっかけに…」  
愛「なりそうですねww 今日は拷問の日なんで(サインの中の顔に)血を垂らしておきました!」  
サ「(笑) 明後日、恵比寿いきますね」  
愛「ありがとうございます!待ってるよ~」  


“拷問の日”とはw

ESDの他の子でも思うけど、対応しっかりしてていいね、事故知らず。




中島由貴ちゃん

サ「こんにちは~」  
中「ありがとうございまーす、あ、やっぱり(愛原ありさちゃんのサイン)血が垂れてる」  
愛「(隣から)拷問の日だからね!」  
中「いつの間にかそんな日が」  
サ「すげぇ祝日w」  
サ「そうそう、ゆっきーのサイン、どこかで見たことあると思ったら、小学生の時に開発してた自分のだったww」  

(ゆっきーのサインはこれ)

中「うそ!?似てるんだ!!」  
サ「Yをピーッと伸ばしてその上に続きを書くのなんてまさに!(あーりぃが書いてたところ指して)ほら名前「ゆうた」だからYuまではほぼ一緒」  
中「すごいね、偶然というか奇跡というかw 私も血、垂らしとくね」  
サ「ゲマでチケットに書いてもらってからずっと気になってたんだけど、まさか自分とはねw」
サ「じゃあまた、明後日~」
中「はい、またね~ありがとっ」


前回前々回のですます感からちょっとくだけられたね!  

いやぁ、これは始まるかもしれませんね。



次回は恵比寿の単独ライブの話になることでしょう。なう予習中!