読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

ここにいるよ ― nano.RIPE TOUR 2017 「せいなるたねび」 @渋谷

「自分が"好調"な今、nano.RIPEに行く必要はないかもしれない」
日程を見た時こんなことを思った。
一昨年の夏の金沢以来、落ち込んだり迷ったりネガティブな時にちょうどnano.RIPEがライブやってて「一緒に落ち込んだり迷ったり」してくれていた。今はそういうことなくやたら楽しい時期だから、nano.RIPEの力を借りなくてもいいかなって思った。
単純な見たさ聴きたさもさることながら、「新体制を見ておこう」「ポジティブな俺の姿をnano.RIPEに見せてあげよう(なんてな)」とか、テーマらしいものが見えてきたので行ってきた。

2週間くらい前にチケットを確保したのでD番だったけど、渋谷WWWなので容易に最前ブロックへ。3列目で中央やや上手寄り、nano.RIPEを見るお馴染みのポジション。
このポジションから見る景色が、今年からガラリと変わるわけだ。ベースとドラムが鈴木"choku"直也さんと高橋宏貴さんになった。何が見えて聞こえて感じられるか。


きみコさんが言っていた通り「nano.RIPEnano.RIPEだ」ということも感じたし、その一方で「去年までのnano.RIPEではないんだな」ってことも思った。耳で違いはわからないけど、演奏している人が違うっていうのは受ける印象が変わってくるものだった。
これまで見てきた人たちへの郷愁ってのは当然のように出てきた。『ノクチルカ』のイントロでベース前に殺到した時も、『ルミナリー』サビのドラムに視線を注いだ時も。でも受け容れてないわけじゃなくて、直也さんも高橋さんもいい味を出してくれてるなと思った。



きみコさんが「このツアーで初めてこの歌を、自分のためじゃなくて聞いてくれる人のために歌えるようになった」と言って歌い始めたのが『ハロー』だった。
変な話、「いつも大事な何かを教えてくれる『ハロー』で元気な俺をきみコさんにお届けするよ!」みたいなわけのわからないモチベーションがあったんだよね。
2月の下北沢に行ってなかったから、最後にnano.RIPEというかきみコさんを見たのが昨年末のReNYで。二人のラストに悔しさを滲ませてながら言葉を紡いでいた姿だった。
そんなアナタには今の絶好調な俺だよね!!!と思ってたら、新体制で力強くやっているようで。
出しゃばる必要なかったな(そもそも出しゃばる方法はないけどw)と小っ恥ずかしさを感じつつ、これまでの"内向き"メインの『ハロー』で十二分に心が動かされてたのにこれからもっとすごいことなるなと思いつつ。じゃあきみコさんはこっちに投げかけてくれるし、俺も絶好調なら受け取るだけじゃなくてしっかり投げ返そうよって感じで、これまででいちばん楽しい『ハロー』になった!

会いたくなったらここへおいで
泣けなくなったらここへおいで
道に迷ったらそこにいてよ
風を頼りに会いにいくよ
nano.RIPE 『ハロー』)

絶好調なら絶好調なりに特別な感情を抱けるんだなってことがわかったんで、nano.RIPEがライブやるなら好不調関係なく行きゃいいんだよな。うん。

『ディア』でフロアタム叩きながら楽しそうに歌うきみコさん見てたら涙が出てたのはなんだったんだろうな。
…ってことで『ディア』を改めて聴く。。。。まだまだ一緒に遊べるってことが嬉しくなったってところかな。

nano.RIPEの楽しさは変わらず、ステージ上とコチラの変わったところも良い感じにスイングできてるみたいだし、フロアは相変わらず程よく圧がかかるし、ホーム感すら出てきたかなそろそろ。