そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 「MODE MOOD MODE」 @名古屋国際会議場センチュリーホール

4月は平日のライブにほぼ間違いなく行けないんで、名古屋を仕込んでおいた。
席は1階後方。昨年11月のSKE48の時と近い席。UNISON SQUARE GARDENにはレスくれとか思わないので問題なし!

アルバム『MODE MOOD MODE』を聴いてて、これ好きとかお気に入りとかいろいろあるけど、「ガチ恋オタク感あふれる」田淵智也らしい曲をお目当てにしていた。田淵智也にそんな意図があるかどうかは知らない。



開演中、距離もあってある程度の角度も取れてて、常に3人が視界に入り続けた。田淵智也が端に行っても斎藤さんと貴雄は見える。
過去にもそんな視界でのライブはあったけど、今日はここから俯瞰していこうとかしっかり聴いて見ていこうって志向になった。
動くのが面倒とかではなかったけど、軽く揺れるくらいで“入れる”方に注力したい気分だった。



ここで演奏の技法とか曲やセットリストが持つ意味とかについて入ってくれば、ライターに転身が出来るかもしれないのにね。
残念ながら自分にどう落とし込んでいくかってことに研ぎ澄まされていったのであった。ものすごく心地よく曲を見聞きしながら、3人の歌と演奏に身体ごと浸っていくような感覚で、歌詞のインプットを邪魔しないで思考が回っていった。
ただただ楽しい!ヤッホーイ!!って曲ももちろんあったけどね。そういう時も動くより聴いていこうってのは今日はあまりしない遊び方であった。
動いてないけど歌ってはいた。声はほぼ出さずに、自分の中でキーを取りたいな的な方向で、ここってところでは声にするみたいな。ハーモニー取れると楽しいね。

お目当て曲では、ここ最近の自分が抱いてる気持ちを乗せて聴いて考えていく。
もう自分の意向は固まっているよねってところの確認作業。そして自分を焚きつけていく。
4月のライブがUNISON SQUARE GARDENnano.RIPEというのは、まぁそういう意図が多分に含まれている。


アルバム曲ではお目当て以外にも2曲、こういう形でぶっ刺さり、この流れにいた曲で気持ち入りすぎて涙が止まらなかった。めっちゃ明るい曲なのに恥ずかしい。
そしてそんな時に、客席側に向かってライトが点いて、田淵智也が俺のいる上手側にやってくるのだった。俺を見てるわけないのだが、
「どうだい?感極まってるだろ???」
って煽られている気がしてしまった。ああ恥ずかしい。そして悔しい、その通りだ。
まずいな、ライブでよくやる曲だから今後も条件反射のように泣いてしまうかもしれないぞ。ディズニーのショーでも泣くの定着しちゃった曲あるから心配だw

あとはもういつもの彼らの通常営業ですよね。まぁとにかくかっこいい、これね。
3人をじっと見てるだけで楽しいんだから、もうほんとね、最高っすよね。最高。

次は7月の静岡、待ち遠しい!!そして2本しかチケット取ってない!!もっと行きたい!!!