そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

「正史」はどっちだ ― "マンゴー新規"の1年

自分のこと大好きなんで、自分のブログをたぶん誰よりもたくさん読んでると思う。
8月1日のくそ長い回想も書き上げてから既に何回も読んでいる。名文だなんて思わないけど、自分のことよく書けてるし少なくとも自分が読んで心地いいなら良いだろう日記だし。
で、何度も読みながらふと気づく。
「さすがに、”みこっ党復党史観”が強すぎやしないか?」
まぁ書いてる時は完全に”内山命さんありき”になっていたのは間違いない。そういう気持ちがあることも間違いない。が、それだけじゃないよね?って疑問が生じるのもそのとおりだ。
歴史の解釈はその人間の立場によって大きく変わってくる、みたいなことを自分の中でやっている感じがする。なんかおもしろいね。


シングル『意外にマンゴー』でSKEに再び目を向けるようになってから1年が経過した。
この1年ちょっとを、「その時に何をどう感じていたか」を思い出しながら振り返ってみた。
過去のブログ、Twitterを参照していく、2記事連続でセルフキュレーション。なんだけど。
とんでもない長さになった上に過去のまとめだから内容が薄い。
先に振り返って感じたことを書いて、その下に垂れ流す。編集時系列と逆。


ってことで。1年半くらい、自分のSKEまわりを振り返ってみた感想ですが。
めちゃくちゃ楽しそうだな、マンゴー新規。楽しかったもんな。
7,8月に一気に立ち上げて、10月初週に暴れて、11月に内山さんと"漸く再会”した。
今年の春に総選挙モードに入っていく前までは、誰推しかみたいなのよりSKE見てくの楽しいよねってのが一番大きかったように思う。
惣田紗莉渚さんが体調不良な握手会も行って楽しんで、そもそも惣田さん取れない状況から券を取りもしたし、KII以外のチームも見たし、ゆなな単独とかみなるんちゅりとかも見た。
せっかくたくさんの”選択肢”があるんだから、推しの枠を気にせずに楽しそうなら行って楽しく遊ぶのを何よりも大事にしていた。
ネタ的にでも「マンゴー新規」って言うのが好きなのは、グループを楽しもうって姿勢をここまで強めたことは初めてで、とても新鮮だったからだ。


で、総選挙モードで一人に絞るのはまぁ当然の状態で。信念を持って箱推しにでもならなければそりゃそう。
普通なら一番の推しに絞り込むんだろうけど、今年の俺は「惣田推しであるにも関わらず、今年は内山に入れる」って文脈すらあった。
内山さんへの気持ちだけが上がっていって、今は序列がわけわからんことになっている。惣田さんと比べてどうなのか?これがわからない。
じゃあどうしようか?
何かしら意思決定をしていくか、曖昧なままにするか、どちらかだろう。

そして「現状を”内山推しに戻っていった”ってことで結論づけて良いのか」と自分に投げかけてから、いちばんやりたいことは一つしかない。

惣田紗莉渚さんも内山命さんもいるチームKII公演に入って、自分の目と耳と感覚で何をしていきたいか決めたい!


コレ自体は先日の惣田さんなしKIIを見たときと一緒だ。
そこからさらに進んで、自分の中でイメージというか作戦というかやることは固まってきた。

惣田さんのも内山さんのも、両方のカラーのペンラを持つ。
見たい方を見て、振りたいペンラ振って、言いたいコール叫ぶ。
自己紹介で隣り合ってる。内山さんが先。言いたければみことーでも愛してまーすでも叫ぶ。
惣田さんが後。言いたければさりなーでも紗莉渚がいちばんかわいいよーでも叫ぶ。
前の方の席なら、そこいらで少なくとも惣田さんは俺の状況に気づく。あの子はそういうタイプだから。以後も惣田さんが自分にちやほやしてくれるか、ここポイント。
ユニット『リターンマッチ』で一緒。存分に頭を抱えながらもいちばん高まる状況。
最後までこんな感じで天秤かってくらいに揺れまくって楽しむ。
終演後のお見送り、惣田さんは何か言ってきそう。
内山さんはわからん。あの人あんまり俺に興味ないというか「こいつ来るときは来るけどスッと消えるから気にしてられん」みたいな感じだからたぶん。

……みたいなことまで想像したら、一刻も早く入りたいっすねぇ!!!めっちゃ面白そうだもんw


くそだらしない「ツートップ体制」みたいな雰囲気のオタクに舞台上のアイドルがどう断罪していくのか、見てみたい。
その後の握手会とかで見苦しく弁明してみたい。
想像しただけでわくわくするわ、実際の人間関係だったら修羅場とかそういうのかもしれないけど、推し事の範囲内はなんだかんだ気楽っすねww
こういうノリが良い時ってなかなか公演に当たらないし、当たっても抽選運が悪くて前には行けなくて不発に終わるものだけどね!!

まぁ焦らずいこう。今はどっち推しとかはわからないけどどっちも好きで良いじゃないっすかね。

内山さん→さすがに長い期間を見すぎた、序列が下がったとしても気にならなくなるわけがない
惣田さん→実のところ彼女を深く知れてるのかよくわからないけど、相性の良さを随所に感じている
両方とも→見たら「はぁ好き」とか言ってる自分がいる

うーんこの感じ、公演に入れたところで結論が出るのだろうかw
3人で飲み会とか開いてじっくり会議でもできませんかね???


先に決めたこの記事のタイトル、「「正史」はどっちだ」だけど。
まぁどちらも実際に起きたことだし考えていたことではあるんだよね。
SKEが楽しい!って動き回っていた一方、そこにいる内山さんをどう見ていけばいいかって検討は間違いなくし続けていた。
正しさで言えばどっちも正しくて、どう切り取りたいかの違いだ。

だからこそ、あたかも「最初っから内山さんとこに戻るための日々だったんだよ!」みたいな勢い任せのまとめ方が自分で気に食わなかったんだな。やっと腑に落ちた。
いろんな見方があるよ!俺そんなに単純じゃないもん!わかりやすいけど!!!
とりあえず、KII公演に、入りたい、以上!!

さ、以下は長々と続くだけだからここまででいいよ。おやすみ。


2017年初から見ていく。
2017年1月


松井珠理奈、プロレスと邂逅。
急速にプロレスファンとして開眼していくわけだけど、これをきっかけに珠理奈のツイートを意識的に追うようになった。
2017年の上半期はハロで遊んでたけど、珠理奈とプロレスの関係性があったからSKEがゼロにはならなかった。

2017年2月
吸引力か磁力かそれとも ―SKE48 2ndアルバム発売イベント@幕張メッセ - そしてオタクは続く
アルバム「革命の丘」イベントにふらりと行って、惣田さんと遊んだ。
この時期ちょうどハロ機運が高まっててSKEは「へーアルバム出てたんだ」くらいで、イベント行ったのもスケジュールの合間ってだけだった。
それでもステージとキックターゲット(とその後の握手会も)のタイミングに行けて、ツーショットまで撮れた。

俺と惣田ちゃんは引き寄せ合う運命にあるんですよデスティニーなわけですよw

SKEへの興味はともかく、指何本か分だけ引っ掛けてあるみたいなところ。


2017年6月
総選挙。たった数票をどこに入れるかの検討した。この辺の記録はない。
夜に布団に潜っては「どっちにするか」を迷っていたのを覚えている。
入れたのは惣田さん。そのときの序列を優先した。
発表当日はLiSAのライブが終わって、ホテルへの帰り道で惣田さん8位の報に沸き立った。


何を行っているのかこれがワカラナイ。
8月1日のブログでは「喜びとか嬉しさってあったっけな」って書いてるけど、読み返すとしっかり沸いてるしライブ後のテンションと合わせて乾杯をあげてるね。やってたわ。
LiSAのライブ楽しかった、惣田さん8位やったぜ、内山さん速報までは行ったのにだめだったのか、3つの気持ちが混在する異様な夜。

6月22日


『意外にマンゴー』発売にあたり、惣田さんへのおめでとうと、珠理奈とのプロレストークの他に、誰か良さげな子を探してみようという気になっていた。
ハロのライブ後の高速流し握手を経験して、「話すことなくても(話せなくても)かわいい子に近づければそれで良いんじゃね」って価値観が生じていたことによる新要素探求姿勢。研究生なら知識薄くても怒られないかなって安易さで行った。
幅広く見ていこうという方向性になったのはこのタイミングだね。
8期はみよまるから入って、るーちゃん、よこにゃん、やはぎたんあたり。あと野々垣SHOWROOM。
この時期はハロの話題と混ざってる過渡期。

2017年7月
7月2日、LiSAのガイシの翌日のS公演に当たる。この辺の「流れを掴みつつある」感ね。


今もさほど知ってない件。
"耕して天に至る" ― SKE48「 #意外にマンゴー 」公演 Supported by ゼロポジ - そしてオタクは続く
斉藤真木子「一緒に帰ろう」僕「うん」 ― SKE48 Team E SUMMER STATIONライブ - そしてオタクは続く
7月19日のゼロポジ公演で復帰の手応えが確かなものになって、25日のサマステのチームEで走り出したってところか。
29日の握手会で、惣田さん不在の中なかなかの満足度だったし、この辺からもうめっちゃ楽しいになってる。
箱推しってか「推しに固執しなくても楽しいもんは楽しい」ってことを認識したってところかな。

2017年8月
おそばにまいりました~! ― SKE48 Team K2「0start」公演 - そしてオタクは続く
AKB48『願いごとの持ち腐れ』握手会 - そしてオタクは続く
久々のKII、そして初めて「惣田さんでいくぞ」という気持ちで入った劇場公演。
そしてすぐに握手会で”諸手続”。この日程で公演に入れたことで、惣田さんとやっぱり合ってるよなぁみたいなことを思う。



「良い時期に戻ってきたね」 ― SKE48・美浜海遊祭→意外にマンゴー個別握手会 - そしてオタクは続く
あぁ、これが、最高の、夏!!!!!


2017年9月
SKE48 Team Eの #鎌田菜月 さんに興味を持ったので2015年4月からのブログ682記事を11日くらいで読んでみたサイドのブログ - そしてオタクは続く
8月末からの鎌田菜月さんのブログブーム到来。
11日くらいで2年半分を読んでた、またそのうち読み返す機会が来るだろうってくらい肌に合う文章だった。
SNSの使い分けもうまいので、メール含めて注目している。
感想を伝えたいのに8月26日の握手会を休んでて、うずうずしている9月だった。早くに話せてたらもっと自分の中で重要な地位になっていた可能性、あるかもね。

2017年10月
2日のAiiA、4日のミッドナイト公演、忙しいはずの平日初週によく2公演も行った、よく頑張った俺。


惣田さん軸に見るとこうなる、ってことを端的に表しているかもしれない。
惣田さん、珠理奈、奈和ちゃん、なっきぃ、くまちゃん、綾巴、などなど。やたら6期。
小生サイドがよく喋る ー AKB48『 #好きなんだ 』 握手会 - そしてオタクは続く
そんな流れで握手会たーのしーみたいなやつ。

2017年11月
8月1日の記事と同様。
ユニット対抗戦はとにかくストパンだった。奈和ちゃんとこも好印象ではあったけど。
そっから生誕をDMMで見て、週末の握手会で話した。
こぼれ話があるとすれば、内山さんとこ行くまで空いてた3時間、コーヒー飲みながら聴いていた曲がThe Gospellersの『One more day』でめちゃくちゃに入れ込んでいたってくらいだ。

2017年12月
季刊誌(のようなもの)『100%SKE48』発売イベント2つと、惣田さんのソロイベントで年を締めた。
100%SKE48 VOL.04発売記念イベント 小畑優奈 WKC(ワールド・カワイイ・チャンピオンシップ)王座防衛試合 第三試合 - そしてオタクは続く
惣田紗莉渚総選挙公約イベント〜泥臭くちゃだめですか〜 @AKB48CAFE - そしてオタクは続く
100%SKE48 VOL.04発売記念イベント 大場美奈×高柳明音 #みなちゅり冬巡業 2017 - そしてオタクは続く
100%~の方の2つは、白夜書房の並木さんと自分の趣味がスイングしまくった異様な神イベ認定だった。
ねぇなんで今年はやってくれないの?みたいなところもあるけど、「発射台まで乗せた満足感」みたいなこと言ってたしそういうところもよくわかる気がする。そのうちまたぜひ。
惣田さんイベントの方はもう2017年最大に幸運を引きまくっていった。


「これが、相性の良いアイドルちゃんとの引力だ!!」って思わずにはいられない日だった。

2018年1月
SKE48 LAGUNA MUSIC FES.2018 新春スペシャル - そしてオタクは続く
新年の野外ライブにもきっちり行くあたり好調は続いている。
17年10月のAiiAの時みたいな視野の広さとともに、11月シリーズで内山さんリバイバルな流れでもあるので真の意味で「全員見た」感あった。
直後の握手会は混みすぎで立ち回りに失敗、月末の北九州で取り返した。

2018年2月~4月
その北九州の握手会がかなり充実していたし、2,3,4月のは他の被りとかもあったり体調あんまり良くなかったりで「まぁいいか」と取り止めた。
この時期、気持ちは完全にアメリカのディズニーランドに行こうで満ちてわくわくしっぱなしだった。
イベントも公演も行かずな期間、SNS中心に情報は入れていった。


髪を切ったくまちゃんがどんストライクで早く会いたい(もうそんなに短くなくなってる)
ツイログ見てるとくまちゃんのお写真貼り付け率がけっこーな高さだなw

2018年5,6月
総選挙な時期。
何かに対する方針を考える。 - そしてオタクは続く
11月のストパンにぶん殴られた時から、「選挙は内山」で決意はしていたので、その確認作業をするだけだった。
アメリカのディズニーランド旅行をして、他の諸々(LiSAアジアツアーとか)を決定して、どれだけ選挙に振れるかを決めた。
「選挙は内山」を確固たるものにするかの意識が働いていたようで、画像貼り付けたり言及しつつ他の子の話題は絞ってる感じする。まぁふぁぼはしてるしブログはいろんな人の読んでたけど。
まぁなんなら内山さんについても頭の中でぐるぐるぐるぐる思考が巡っていたんで、Twitterだけじゃなんともわからんところはあるね。
祝辞にしようと思ったのにやっぱり自分語り - そしてオタクは続く
やったぜ、ってね。
冒頭のゴールデン☆ラヴァーズの改変はずっと温めてた。

公演でうまいこと両手に2人分のピカピカ棒を持とうな!!

これしかないっすよ実際。


2018年7月
握手会(内山さんだけ)→焼津(内山さん目当て)→KII公演(内山さんいる惣田さん不在)と、完全に中心は内山命だって一ヶ月だった。ものすげぇ幸せだったしずっと嬉しいのは間違いのないところ。
KII公演が『最終ベルが鳴る』になって、わくわくと共に懐古厨の部分との戦い。結果は圧勝してKIIへのモチベが高水準。
確かに #栄の最終ベルが鳴る のが聞こえたよ ― SKE48 チームKII「最終ベルが鳴る」公演 - そしてオタクは続く


そして2018年8月25日、2月9日以来に惣田さんに会える。はよ!