そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

②サイド、内山命ちゃんの誕生日祝いを買う

(『夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-』エステル・フリージア編より)
達哉「このブリザードフワラーってさ」
エステル「プリザーブド」
言い直された。
エステル「ブリザードだと凍ってしまいます」
達哉「あー、そうだった」
達哉「プリザーブドフラワーってさ、うまく保存すれば十年以上は保つらしいよ」
カレン「そんなに保つものなのですか」
カレン「おそらく、月にはない技術だと思います」
感心したようにカレンさんはつぶやく。
―――そう。
俺たちがモーリッツさんの贈り物に選んだのは、プリザーブドフラワー
見た目は限りなく生花に近いが、ドライフラワーの性質も備えている。
特集な溶液と乾燥処理によって作られたアレンジメントだ。
これなら枯れる心配をすることなく、モーリッツさんに花を贈ることができる。

内山命ちゃんの誕生日に花を贈る」という方向で動こうと決めた時、まず思い浮かんだのは夜明けなMCのこのシーンだった。
プリザーブドフラワーというものを知ったのはこのシーンだったし、なんならこれ以外でプリザーブドフラワーって聞いたことないってくらい花には疎い。だからこそ印象に残っている。
このエピソードでは、達哉とカレンがモーリッツさんのお見舞いに何を贈るか悩んで、言い合いにもなりつつ、プリザーブドフラワーにたどり着いていた。
「花を贈って病室に彩りをもたせたい」「(地球では)鉢植えのお花は入院が長引くイメージがあるから相応しくない」という条件を満たす解決策だった。

今の状況にプリザーブドフラワーは合ってる気がした。
まず、「うまくやれば長期保存できる」っていうのが良さそうだ。
毎日忙しそうにしているアイドルが、生花を花瓶に入れて水の交換を続けるのは難しいかもしれない。その点、プリザーブドフラワーなら手入れの手間がかなり省けそうだ。
もし気に入ってもらえたら、生花よりも遥かに長く楽しんでもらえるし。
あと、贈る日付が「生誕祭公演の日」と、日程の確定が数日前だというのもポイントだった。生花のアレンジメントで数日前に「この日に向けて作って!」ってお願いするのは無理がありそうに思えた。
保存のできるプリザーブドフラワーなら少し早めに完成して問題ない。

何より、発想の源が自分の大好きなゲームから引っ張ってこれたのがとても気に入った。
ゲームモデル(①の記事を読んでね)の「自分らしいこと」に当てはまってるし、実際これを思いついてワクワク度が上がった。
プリザーブドフラワーで検索すると、都内に国際的なブランドのお店があるし通販もやってるし、選択肢がたくさんあることがわかった。
これだ!ってものを見つけられそうだ。
ってことで、プリザーブドフラワーで探してみることにした。

ここで、プレー原則「生誕委員の動きと競合しない」について確認する。
これは、当初の想定だと「劇場入口にスタンド花を贈りたくたって、そこは生誕委員の領域だから他の選択肢を考えようね」って意味合いだった。
だから楽屋花として動き始めた。委員も楽屋花あるかもしれないけど、これは重複しても問題ないし。
そういった意味合いとは別に、「花のチョイスでも競合しない方が良さそう」と思い始めた。
みことちゃんのペンラカラーは黄と橙だから、まずは黄と橙の何かをって発想になりやすい、と思う。そこからどうズラしていくかが“腕の見せ所”かなぁなんて考えに至った。
まぁ、委員が黄橙でオーソドックスに作るとは考えてはいなかった。ずらし方が一緒だったら結局は被っちゃうけど、察知できるようなものではないので考えすぎても仕方ない。
対抗意識が全くないわけではないけど、それよりも「贈られた花に様々な彩りがある」状態だと、みことちゃんが見てより楽しく嬉しくなる(プレー原則の優先事項)んじゃないかと。
そういった“幅”を持たせるのが、みこっ党反主流派、アウトサイダーとして遂行する役割なんじゃないか。良い感じに使命感も帯びてきた。
「自分らしくやれば、みことちゃんの喜びにも繋がる」とこじつけられたことでモチベーションは確固たるものになった。



こんな考えが固まっていくのと前後して、友人への相談もしていった。相談でもあるけど、「こんなことしたいんだけど」って話を聞いてもらって「いいね、それ」って言ってもらいたかった。

こういう時に頼れるのはSKE界隈の外の人で、自分のオタクやってる領域が広範囲で良かったなと思える。

まずはオーガスト(冒頭のゲームのメーカー)関係でFFになった水瀬いのり(声優さん)のオタク。
彼はこのブログを熱心に読んでくれる、世界で3本の指に入る読者でもあるから、俺の考え方もよくわかってくれている。
そんな彼と国分寺でパンケーキ食べたりコーヒー飲んだりしながらいろいろと話して、そしてもちろん、
「そりゃオーガストのオタクとしては花ならプリザーブドフラワーにしないといけないよなぁ?」
ってところを確認した。お互いにほぼオーガストから離れてるけど、これにはめっちゃウケながら「それしかない!!」と意見が一致したw
これでプリザーブドフラワーは確定。月にはない技術だし当然だね!!


続いて、別のオタクを呼び出して飲みながらお店選びなどの相談をした。
スフィア(声優ユニット)で知り合って、どちらもスフィアからは離れてるけど年一でフットサルしたり『たまゆら』(アニメ)とか好きでなんだかんだで会ってる友人。
彼は今では舞台女優さんを追っかけてめちゃくちゃやってる。スフィア時代のノリで追っかけてるからオタク(女優さんのファンをオタク呼びするかはわからない)一強みたいになってる様子。すごい。
「ここは個人でやってて融通きいて良いですよ」なんて感じでお店を教えてもらいつつ、そこで彼が花をアレンジメントしてもらった時の話をいろいろと聞いた。
「イメージを伝えれば、花屋さんがうまくやってくれる」とのことなので、この後はそのイメージ作りをしていくことになった。

この飲みの時の友人に言われた、
「11月の誕生日のことを今から(8月)考え始められてるんだから、きっと喜んでもらえるものができますよ」
って励ましは俺の支えになってくれた。
時間が経つと「イメージ沸かない」だの「別にこれでよくね?」だの思ったり、他の予定が詰まったりで手が離れそうになった。
けど、「間に合うタイミングで動き始められたんだし、みことちゃんのお祝いしたい気持ちはあるよね!」と自分に発破をかけることができた。


他にも何人かのオタクに「こんなことしたいんだけど」って話を聞いてもらって、それぞれの経験談を教えてもらった。
「こんだけ話したらもう止められないな!!」と、しっかりやりきることができた。皆さんに感謝しています。ありがとう。


②はここまで。次はたぶん花屋さんに行くよ!