そしてオタクは続く

届け声、描け未来。

最後の推し事の記録②

2019年5月末を持ってSKE48を卒業し、芸能界を引退した内山命さん。
彼女の活動の功績をたたえ、別れを惜しみ、そしてとにかく貴方が大好きだという気持ちを伝えるために、"最後の推し事"を行った。
何回かに分けてその報告をしていこうと思う。
第2回目は、贈ったプレゼントについて。

小さなこの箱から流れてく I wish you 想い出のメロディ
水樹奈々『オルゴールとピアノと』 作詞:志倉千代丸

最後に何かを贈ろうと考えた瞬間に出てきたのが、オルゴールだった。
2018年の誕生日の時の何を贈るか候補にリストアップしていて、「でもこれ、とっておきのやつだよな。卒業の時かな」って先送りしていた。そのことを、卒業発表後すぐに思い出した。
2日後の新日本プロレスのプロレス体感教室(道場式トレーニングの体験会、小島聡選手の優しくめっちゃ追い込んでくるやつ最高だった)の道中で友人に話していたくらい、すぐ心に決めていた。


ゲーム『Memories Off 2nd』のエンディング曲が水樹奈々さんの『オルゴールとピアノと』だった。めっちゃ良い曲。さすが志倉千代丸
そして、白河ほたる(CV水樹奈々)シナリオの重要シーンの一つに、オルゴールが登場する。
主人公・伊波健(サッカー部・ミッドフィルダーコーナーキックのキッカーと共通点はあるけど性格や生き方がまるで違うんだよなぁ)がほたるに気持ちを伝えるために、オルゴールを作った。シリンダーにピンを一つ一つ立てていく、途方もない作業をしていたシーンが印象に残っている。
「ほたるのようにピアノを弾くことはできないけど、僕も音楽で気持ちを伝えたい」と考えた健の熱意が表れたシーンだった…と思う。そんなはず。18年前の作品だからちょいちょい違うかもしれない。

自分の原点とも言える作品から引っ張ってくるというのもそうだけど、「音楽にして気持ちを伝える」ということに惹かれた。
自分の中では“とっておき”の物で、ここで使わないでいつ使うんだって切り札だと思った。

4月のパンケーキ会でもオルゴール案を出し、ゆりかごくんのリアクションも悪くない感じ(基本的にサイドさんのやりたいことを応援する趣旨の会なので否定はなかなかされないw)。
そして詰めとして話し合ったのが「手作りにするかどうか」だった。
メモオフのシナリオに準じていくなら、俺が部屋に籠もってピンを立てていくことになる。が、メリットもデメリットもあるなと感じた。
◎メリット
・ネタ元に準拠している
・楽しい(かもしれない)
×デメリット
・めっちゃ時間かかりそう
・手作りのキットとかあるのかわからない(すぐ見つからなかった)
・購入品に比べてクオリティが下がるでしょこれ
・手作りであることとか伝わらなさそう
・手作りゆえに不格好なのとか伝わらなさそう

デメリットの方が多そうなだし、それを気にしないぜってなるほどのメリットにも感じなかった。
4月7日のブログで書いていた「手もかかる上に、自己満足の方向が更に強まる割には出来上がりの質が工場しないおそれ」はこれのことだった。
ってことで買うことに決めた。ネタ再現としては妥協だけど、「みことちゃんに贈る・気持ちを伝える」のが大事。

パンケーキ会の後はオルゴールの形状と、選曲を考えていくことにした。
「オルゴールといったら小樽でしょ!!」ってなったので小樽の業者を見ていくことにした。
箱根もあるなと後から気づいた(誰かに言われた)けど、なんで小樽だけが出てきたんだろうな。
あ、"白河ほたる"のダジャレ的なやつ?だとしたらダジャレマスターのほたるのキャラクターも取り入れていたんだね!書いている今になって気づいたけど!!


ということで選んだのは小樽オルゴール堂。
http://www.otaru-orgel.jp
価格帯と納期と楽曲の充実具合いを見ていったから、強烈にここが良い!って理由はなかったんだけど、ゆりかごくんがいい感じにアシストしてくれるツイートを見つけてきてくれた。
…のだけど、どっか行っちゃったから貼れないや。記録はしっかりとろう。
ちょうどこのパンケーキ会が終わり、そのままメットライフドームの握手会に行った帰りだったかな。
YURiKAさんも小樽オルゴール堂でオルゴール買ってたみたいで、そんなツイートをしていた。
若手アニソン歌手さんもお気に入り!!みたいなねw
俺はこの方をめっちゃ好きとかいうわけじゃないんだけど、"ホームグラウンド"から背中を押してくれた感じがして採用決定。

デザインは割とすぐに決断できた。
『オルゴールとピアノと』だけにピアノ形も、なんて思ったものの、みことちゃんに伝わらないよねってことで不採用。メモオフ関係、というか水樹奈々さんに贈るんならハマりそう。
ベーシックに、餞別というのがわかりやすいブラウンの宝石箱にした。ベーシックだけどさすが本格派、届いたものを見ると「おおっ」ってなった。


悩んだのは選曲。果たして何を入れ込むか、そこから自分のどんな気持ちを表せるか。
パッと思いついたのはAKBの卒業シーズンっぽい曲、 『桜の花びらたち』とか『10年桜』とか。
これで伝えるメッセージはシンプルに「卒業おめでとう!」みたいになるし。まぁわかりやすくていいよね。
でもなんか決め手に欠けるというか、「そりゃそうなるよね」って感じがしちゃって。決してだめではないんだけどなぁ、、、ってなったので他を考えてみることにした。

『羽豆岬』は良いなって思ったんだけど、小樽オルゴール堂も他のいくつかのショップでも取扱いがなかった。
オーダーできるリストにない曲も作ってもらえないことはないけど、費用がかかる上に納期が延びる。最後だから費用なんてどうとでもするんだけど、そもそも該当部分の譜面起こししないといけないというね。
メロディだけならともかくコードも書かないとキレイな音色にならないし、苦労の割に「やっぱり『羽豆岬』最高だねぇ」くらいのメッセージにしかならないし、この線は薄いかなってことで諦め。

改めて対応可能な楽曲リストに目を移すと、『会いたかった』にピンときた。
2期生の10周年記念公演でもやってたけど、2期生ってか初代チームK2がやる『会いたかった』ってめっちゃ楽しかったなってのを思い出した。
イントロの最後にみんなでやる「けぇぇぇぇぇぇ、つー!!」から曲になだれ込んでいくのが気分を一気にブチ上げてくれていた。10周年の時も最高だった。
俺は『手をつなぎながら』公演のK2から見始めたんで、劇場での経験はない。けど、DVDで見たり、ライブでやったり(K2だけじゃないのに強引に叫んだりw)、俺にとっての”SKE初期”を代表する曲の一つだった。
ってことで、実現可能な中ではいちばん思い出深いのが『会いたかった』だなって思えたので決定。
この辺の話をメッセージに書き添えておいた。
冒頭の『オルゴールとピアノと』の歌詞の「思い出のメロディ」にもかかっているし、良い感じにまとめることができたと思う。


f:id:fivetimechamp:20190612235115j:plain



f:id:fivetimechamp:20190612235132j:plain