そしてオタクは続く

届け声、描け未来。

最後の推し事の記録③

2019年5月末を持ってSKE48を卒業し、芸能界を引退した内山命さん。
彼女の活動の功績をたたえ、別れを惜しみ、そしてとにかく貴方が大好きだという気持ちを伝えるために、"最後の推し事"を行った。

第3回目は、贈ったお花について。

明日汽車に乗って もう旅立つあなたのこと
次に会える日までずっと 思いながらゆくよ

ねえ、今も この丘に咲くひまわりのよう
二人帰る場所が ココにあると
私 信じているよ
水樹奈々『ひまわり』 作詞:NAOKO)

今回の諸々のコンセプトは、とにもかくにも4月のパンケーキ会に定まった。
会の前の段階で②のオルゴールを『オルゴールとピアノと』をモチーフにして贈ろうと決めていて、そこから「じゃあ花も奈々ちゃんの曲から出していきたいね」ってなった。
全体のコンセプト(①)も含めて、歌詞検索(うたまっぷ)の楽曲一覧を見ていった。もっとも、今回の趣旨に沿う可能性のある花にまつわる曲なんて、この一つしかないのだけれども。

『ひまわり』は歌詞も曲調も、「旅立つあなた」を見送る物語そのもので、別れを迎える切なさと寂しさが歌われている。
さらに、「みことちゃんが好きな花の一つがひまわり」なんてことがあるわけで、もうこれしかないでしょうと。
たぶん他のみこっ党の人たちも、ひまわりを贈る人が多いだろう。なんなら卒業企画の中でも採用されるだろうと思ってた(実際されてた)し、被りまくるだろうなと。
でもそこが問題ではなくて。むしろ「みんなの気持ちは一緒」感があるのも良いんじゃないかくらいに思って、ひまわりを軸にしていくことにした。

お花屋さんへの依頼は4月の中頃にした。
ひまわり以外のコンセプトがなかなか固まらず、「感謝を伝える」くらいしかキーワードが出てきていなかったけど、とにかく話を進めたい不安感にかられて打ち合わせを設定してもらった。
2018年の誕生日の時に素晴らしいお花をアレンジメントしてもらったので、今回もうまくやってくれると信じてまずは話しに行こうということにした。

お願いしたのは東京は飯田橋にあるFairy Flower Shopさん、個人でやられているお店です。
とても丁寧に対応してもらえましたんで、とても感謝しています。
プリザーブドフラワーなら全国配送対応できるそうなので、ぜひ!
http://fairyflower.jp/top.html
ここを紹介してくれた、みさとくんには感謝しかない。お花のことだけじゃなくていろんな話を聞いてくれたし、彼自身の経験とか考え方を聞いて刺激になったし。
何より、俺がこういうことしようって気持ちが出てきたのがそもそも彼との…って話は長くなるからこのシリーズの後の方でやろうと思う。



打ち合わせについては4月20日のブログにも書いたけど、「5月末で芸能界を完全に引退されるそうで~」って話から聞いてもらった。本当に最後の贈り物だというのがポイントだって共有できたと思う。

俺のリクエストというかイメージはこんな感じだった。
・これまでの感謝を伝えたい
・イメージカラーの黄色とオレンジの花を使ってほしい
・ひまわりは必ず使ってほしい

事前にメールで送っておいたので、さっそく花屋さんからの回答が入る。
花言葉で「感謝」を表す花を使っていきましょう。ダリアとか、ピンクのバラとか」
「額に入れるアレンジメントにすれば、プリザーブドだし長い間飾ってもらえますね」
「ひまわりは、プリザーブドのものがまだ出回っていない時期なんです。でも生花はあるので、私が加工すればできます」

なんと頼もしい。額とか俺もイメージ持ってたし、ひまわりの季節じゃないよなぁって思ってたけどそこもクリアできそうなのが分かって安心した。
「ひまわりは、みことちゃんが好きな花なのでぜひ」とお願いした。どの花も小さめのサイズで種類・数を多めにしていこうと方針も決まった。

前回の誕生日の時に、「こういうイメージで」って画像をいくつか送っていた。
その時に俺の好みというか方向性が分かったんだろう、花屋さんの方からどんどん提案してもらえた。すごいな、プロの仕事。

そして、その時に出てきたのが「小さなメッセージプレートを添えられるので、希望の言葉があればメールで送ってください」という宿題だった。
定番はThank youとか、って話だったけどここで何か良いのを決められたらと思ったので、じっくり考えますと伝えてその日の打ち合わせは終わった。

そこからは決断するまでずっと、あーでもないこーでもないと考えて悩んでいた。
元号が切り替わる時期に行ったアメリカのディズニーランドでも、使えそうな言葉を探すモードを頭の片隅に置いていた。ディズニーの世界からそういう言葉って出てきそうだなと。
”物語の終わり”みたいな言葉でいうと「Happily ever after」は常套句で、「そして、いつまでも幸せに暮らしました」とか「めでたしめでたし」なイメージ。
「やりきった」と言いきるみことちゃんのアイドルとしてのキャリアの締めくくりという意味では良いかもしれないけど、自分の気持ちを示したいなぁって気がしていた。

そんな中で、『くまのプーさん』の中のフレーズで刺さるものがあった。あったのを思い出した。



f:id:fivetimechamp:20190618180350j:plain

写真の回転は気にせず、画面か顔を傾けてちょうだい。

カリフォルニア・アドベンチャーのギフトショップで。この前後にもクリストファー・ロビンの言葉はあって、最後のところを引用したいなと思った。

If ever there's a tomorrow when we're not together, there's something you must remember.
You're braver than you believe, and stronger than you seem, and
smarter than you think.
But the most important thing is even if we're apart, I'll always be with you.
("Pooh's Grand Adventure: The Search for Christopher Robin")


自分の伝えたいことが、クリストファー・ロビンがプーさんに伝えたかったこととズレていないか確認しなきゃと思ったので、ディズニーデラックスでこの映画を見た。
ディズニー作品たくさん見られて月額700円(税別)、最高だなディズニーデラックス。みんなも見ような!

そして該当シーンを見る。
学校に行くようになったクリストファー・ロビンは、これまでのようにずっとプーさんたちと一緒にいられなくなる時がくることを感じていた。
もし会えなくなる日が来ても、心の中ではずっと一緒だよと、プーさんに伝えるシーンだった。

クリストファー・ロビンが思っていたことと、自分が伝えたかったことは一緒だった。一安心したから早速使っていこう…ってなる前に映画見て泣いてた。
だってこれプーさんにしっかり伝わってて、クリストファー・ロビンを探してすごく頑張ってるんだもの。そしてクリストファー・ロビンがいなくても心ではつながってると気づいて元気になるプーさん。。。

ってところで、自分がクリストファー・ロビンの立場でみことちゃんに「離れ離れになっても、ずっと一緒だよ」って伝えたかったんじゃないことに気づいた。
まぁもちろん、"I'll always be with you."って投げかけたい気持ちはある。
でもそれ以上に、みことちゃんにそう言ってほしいとか、そう思っててもいいですかとか、俺自身がそうありたい気持ちが強いなと。
これから一般女性になろうって人に対していつまでも気持ちを向けていたいのか、あくまで"自分の中"なんでってスタンスでいられるのか。それはこれから先に分かることだろう。

そんなこんなで「この言葉にしてください!」と理由もしっかり書いた重いメールを送って、「ではそのイメージでアレンジしていきます」と心強い返信がきて、出来上がりがこちらになった。



f:id:fivetimechamp:20190618180508j:plain



f:id:fivetimechamp:20190618180525j:plain




f:id:fivetimechamp:20190618180537j:plain




誕生日の時もそうだったけど、自分の思い描いたイメージ以上に「そうですこれです!!」って感激した。
発想の元になった水樹奈々さんの『ひまわり』がそのまま流れてきそうな雰囲気がすごくあって。曲の話はしていないのに。
パンケーキ会の時に隣にいたんですかねって思うほどに、俺のニーズというか気持ちを汲んでもらえていた。これがプロの仕事…!ってのもあるけど、何より嬉しかった。
「頑張ってきてください!」とエールまでもらい、もうFairyさん最高である。


今後はもう、花を贈るほどの推しに出会うことはないと思う。というか、そういうの見つけたいとは思っていない。
けれどももし、また新しい何かに出会った時は、必ずまたFairyさんにお願いしたいと思う。まぁ、「恥ずかしながらまたオタクになってしまいまして…」って話からしないといけないけれどもw