そしてオタクは続く

届け声、描け未来。

NANA MIZUKI LIVE EXPRESS 2019 @岩手産業文化センターアピオ

ライブの中身に入る前に、食べたものの話。
その間に、「ネタバレいやだな」って人は閉じて、自分の初日を迎えた後にまた読みに来てね!

岩手で何を食べようって思って、まぁ冷麺とかじゃじゃ麺とかなのかなと思ってたところ、「納豆キムチラーメンってのがあるみたいですよ」と行きつけの美容師さんが教えてくれた。
髪を切りながらの話題を常に用意する仕事柄、その情報収集っぷりはすごいなと感心しつつメモさせてもらった。
「あと、コッペパンの有名なお店があるみたい」ってことでこちらもチェック。秘密のケンミンショーは偉大な情報ソースらしい。こういう国内旅行するんですよねーって話題によく引っ掛かるんだねこうして。

ってことで納豆キムチラーメンとコッペパンを食べるぞ!ってことで岩手へ到着。
どちらも本店は駅から15分ほど歩き、軽く雨が降ったりやんだりだったので、駅前の支店でいただくことにした。


柳家」の納豆キムチラーメン。


f:id:fivetimechamp:20190824122626j:plain


味噌スープに納豆の香りが乗っかり、キムチの辛味と交わる。
毎週通うとかはないけど、一回は食べてもいいかなと。青森の味噌カレー牛乳ラーメンといい、東北は変わり種のラーメン地帯なのかな。おいしいし楽しい。

福田パン」のあんバター。


f:id:fivetimechamp:20190824122633j:plain


これは間違いないでしょって感じ。甘いもの好きならオススメ!
コッペパンなのがまた優しい食感でいいよね。帰りの新幹線ではピーナッツバターと練乳も食べた。駅の売店が閉まってたし、買っといて良かった。





そんなこんなで会場入り。シャトルバスを開場時間に合わせて、物販軽く覗いてすぐ入場。
神戸の『Cherish』の余韻に従って岩手(と静岡)のチケットを取ったから、スタンドの後方(スタンド前方は席なかったけど)なのはまぁOK。
アピオは8,000収容の割にはコンパクトな印象で、アリーナ後方より視界良好だしいいね!!ってところ。

「あんバターうめぇ」福田パン食べてる時に入場して後ろに座った人が、なんと会社の先輩というねw
「なんでいるんですか!」「それはこっちのセリフだよ!!」なんて会話をしつつ盛りあがる。関東の会社だからね、そりゃ岩手で誰かに会うとは思わないw
びっくりなのは、先輩が初の奈々ちゃんライブであること。そしてデビューの頃から聞き続けているということ!
「19年なんで来てなかったんですか!?」「人ごみが嫌いで」「なるほど」って感じで、そんなベテラン先輩のデビュー(矛盾してそうでしてない日本語)を盛大に盛り上げようってモチベーションが加わって、今日はガッツリ動いて跳ぶぞ!と決意をした。

そんなわけで思わぬ形で温まってライブ開始。
神戸の好感触があるから基本的にはいいね楽しいね!って気持ち全開で跳んだり遊んだり。
「ペンライト振る」っていうか、「ペンライト持った手で身振り手振りしながら一緒に歌う」って感じだったかな。これできてるとだいぶ絶好調だと思う。
古い曲が多めで、その中でも振りがあるやつとかは自然と踊れたりして楽しい。周りにちらほらいる振りコピ民を見つけてニコニコしながらよーしこっちも踊る!!ってなったりね。

岩手と静岡のチケットを取ったのは、「日替わり枠で念願のアレを歌ってくれるかもしれない」というモチベーションからだった。
神戸の後も転勤が重なってなければ、手段を考えてたかもしれないくらいに期待していた。セットリストをチェックして、「すげぇのきた!!!でもアレじゃないからセーフ」ってのが繰り返す1ヶ月だった。
まぁピンポイントに一曲を待って引き当てるなんてことはそうそうない。そんなことは分かっているから、割とリラックスして当日を迎えていた。
でも、先輩と鉢合わせしてからというもの、「こんな巡り合わせがある今日、何かあるかもしれない」なんて気持ちもよぎっていた。ベテラン先輩のデビューなんて一生ものに立ち会える日だからね。
そんなことを考えつつ、日替わり枠が近づくと来そうな予感と期待とそんなことはないと打ち消す気持ちでざわざわしていった。
そして日替わり枠「39 Express!」(サンキューエクスプレス、この書き方だと勝手に思ってるけど正規表記あったら教えて)がやってきた。
祈りを捧げ始める俺。先輩の方を向く余裕はあまりない(ちょっと前の「初めての人ー!」に応えてないの煽ったが限界w)。

奈々ちゃん「LIVE ROCKET以来の…」


たしかROCKETだった気がするんですけど、アレ。
えっまさか…



奈々ちゃん「『WINDOW OF HEART』」



!!!!!!


“アレ”だ!!!


たった一つ待ち焦がれていた曲が!!始まる!!!!!



「あぁ!」って声をあげて、膝から落ちて、じたばたしながら床を叩いてしまった。
元気な曲ならそのまま床をドラムにしながら暴れ倒せばいいんだけど、そこは『WINDOW OF HEART』なのでね。すぐに立ち上がって直立不動になった。
「ありがとう奈々ちゃん…俺の願いを叶えてくれるのは奈々ちゃん…」なんて呟きながら、感激に浸る5分間だった。

この曲は初めて聴いた時からもちろん好印象だった。
でも、自分にとって大事な曲に成長したのはここ5年くらいかな。
あるバンドのツアーで最前列に座った日に、「どうやってライブに入っていくか」をすごく考えて。
そのツアーは何本か行ってたからセットリストは把握していて、その一曲目に入り込めるような準備をしたいなと、ライブ前の選曲を検討していた。そのバンド以外の曲は聴かない縛りで。それが俺らしいしなんて考えながら。
そこで見つけたのが『WINDOW OF HEART』だった。
「希望の予感を見のがさないで行こう」がその一曲目に(直接的な言葉の関わりじゃないところで)うまく引っ掛かる感じがした。
そしてそのライブは期待の通りに最高の入り方ができて、“ゾーン”に入ったような特別な気持ちで楽しむことができた。
もちろんそのバンドのライブそのものが素晴らしかったのは間違いないんだ。だけど、自分の準備も上出来だったなって満足できていた。
その時から『WINDOW OF HEART』は自分の気持ちを盛り上げるというか下支えするというか、大事な核をなす一曲になった。
ここ!ってライブの前とか、それこそ去年の11月とか今年の5月末とか、支えてもらってたんだよね。
LIVE GALAXYの時も期待してたけど歌われなくて残念だった。あの企画でダメならもう一生ないなって諦めていた。
でも39 Express!のことを初日の神戸で聞いて、しかも初日が『Cherish』で、これはそういうの来る枠だと思ったら期待しちゃうよね。
香川とかの選曲とかいよいよニアミス!って感じで、セットリスト確認するのもドキドキしたw
いやぁ、満足っすね。やっぱり水樹奈々ちゃんなんですよね!!!

あ、その何年か前の最前列のライブ、『WINDOW OF HEART』には言及してないと思うけど、ブログに書いてるから予想して捜してみてね!



俺めっちゃ引きが強い!持ってるオタク!!とか思うけど、それ以上にこの日にやってくれるタイミングの良さに感謝の気持ちでいっぱいになった。今もなってる。
神戸の『Cherish』の時とは自分の心境がまた違っていて、新しい生活が始まって「さぁ次の目標、夢に向かって行きますかね」ってなってるこの時期にこそ聴きたい『WINDOW OF HEART』だったから、ね。幸せ。

岩手に行ったのは神戸に行ったからだし。
神戸に行ったのは1月のGRACEで『Brilliant Star』が来てくれたからだし。
GRACEに行ったのは、開催発表を聞いた時に直感で「これは行ったほうがいいかもしれない」と思ったからだし。
そう思ったのは…さすがに直接的なきっかけはないけど、きっとその時期の俺の周辺がとてもポジティブな雰囲気だったからだと思う。
物事は繋がるものだね、繋げたいと思えば繋がってくれるのかもしれない。



39 Express!で完全に幸せの境地に達した。
そこから先は何も覚えていない…なんてことはなく、最高の気分そのままに最後まで遊び尽くした。
ここのところの運動不足を露呈して、後半のラッシュでめっちゃ息があがった。静岡には間に合わないけど、ファイナルの千葉に向けてトレーニング再開したった!

終演後は先輩と写真を撮って、盛岡駅まで車で送ってもらった。ありがたいっすね。
先輩はそのまま埼玉県まで帰ったらしい。お疲れ様でした!(ここは見ていないはず)


そんなわけで今回のツアー、もろもろまとめてめっちゃ絶好調だ!!次は静岡ツーデイズ!!書いてるのは行きの新幹線!!!!