そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

草の根の運動

ひだまりゼリー―浅野真澄エッセイ読めば読むだけ良い感じ、『ひだまりゼリー』。
図書館へのリクエストを浅野真澄さんのホームページのメールに送ったところ、グリーティングカードなるものが送られてきました。
「一人一人に違うメッセージを書いている」とますみん自身の書き込みにあったように、私のメールへの返信って要素もあって嬉しかったな〜。
「図書館へのリクエスト」っていう手軽さが、この企画にのったきっかけです。
でも、この行為には誰かがアクションしないと本当に何も起こらないっていう地道さがあって、そこにも惹かれた気がします。
インターネットの世界にありながら4ヶ月で1000ヒットしかいかないホームページとブログという弱小広告媒体ですが、ますみんの運動を盛り上げていこうかな〜なんて思ってみたり。
ってか、そんなことをますみんへのメールに勢いで書いたんでやるしかない!!w
『ひだまりゼリー』を読んでみて「良いな」と思った方は友達に薦めるとか、図書館にリクエストするとか、棚に入れられてる状態の『ひだまりゼリー』をこっそり平置きにしてみるとか是非やってみてくださいねw
さて、政治経済学部所属の私。こじつけ理論の展開は得意だけど文学作品のレビューみたいなのは大の苦手です。
「良い物はいい」としか書けない私に代わって、『ひだまりゼリー』のレビューを書いてこのブログや私のホームページに掲載しても構わないという心優しい方がいましたら、是非私までメールでご一報下さい!
なにか、得なのかはよくわからないようなものしかないかもしれませんがお礼はしたいかとw