そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

「Sphere's orbit live tour 2012」を終えるにあたり〜Final Special Stageへ〜

4月15日に名古屋センチュリーホールで初日を迎えてから、5ヶ月に渡り日本全国をまわっていた「スフィアの軌道」が終着点にたどり着く。
Sphere's orbit live tour 2012」も、12公演が終わり、残すは幕張メッセイベントホールでの「FinalSpecial Stage」の2公演。なんとも嬉しい、自分の地元での開催っ!ようこそ千葉県へ、最高の旅の終わりにしましょうねスフィアのみなさん。


ツアーの発表がされたのが2011年の12月。チケットの確保等の準備をすぐに始めたから、12月→4月14日までの4ヶ月ほどが加わり、ツアー開始以後の5ヶ月と合わせのべ9ヶ月間もこのツアーとは付き合ってきたわけです。そんなツアーが終わりを迎えると思うと、やはり感慨深いものがある。
長かったね。

いきなり引き寄せたるは最前列。ツアーを通して「自分たちの完成度」を上げていこうという思惑を撤回して、初日から万全で行くコトになった。前日入りしたしねw
発券してからの2週間、準備がすごく楽しかった。過去の映像をみて振り付けを確認し、4人の配置について考察して、服は何を着ていこうってコトまで話しあった。全身をメンバーの色にしちゃおうって追求した結果、ツアーを通じて各々の推してる人の「色」に対して反応せざるをえない状況ができあがったね。僕らで言う「強いられ」の誕生w
僕はこの数カ月でどれほどのブドウ関連を飲み食いしたことかw
そしてライブ本番。スタートの「キミが太陽」の空気感が肌に残ってる。「キミが太陽」という選曲に対する客席の盛り上がり方、「テンション高い!」っていうよりも「ものすごい入れ込みよう」って形容が合ってるかな。昨年末の高垣彩陽ソロで歌われてた「キミが太陽」で、みんなのこの曲に対する思い入れがとてつもない強さになってたからこその最高の空気。
2曲目に「Fethering me, Y/N?」が始まった時の我々の熱狂。コレが来るとは思ってなかったけど、なぜか情熱的にフリコピしてたから完璧だったww
以下略。一つ一つの光景がまだまだ鮮明。こんなに近いのかこんなに楽しいのかこんなにスフィアが大好きなんだと。


「Non stop road」発売週。特典にDVDつくよと言われて、躊躇いなく始発でGO。過去、ライブ当日の物販で始発ってなかったけど、並びながら喋ってるのすら楽しかった。
土曜はセンターステージ前、名古屋に続いてすげー近かった。「Like a super
woman」での寿美菜子のマイクスタンドさばきにしびれたね、ヘドバンたのしいいいいいいい!
ラストの挨拶のところでぴょんぴょん跳ねてたら右足首を捻挫しましたww
日曜はアリーナで全体を俯瞰。3公演目にして「Future Stream」登場の巻。
新旅行クラブでブルーローズちゃんネタ、持参していたペプシネックスがついに発動、フタを開けると吹き出すペプシネックス、ちょっぴりコールドFu!!w
そして日曜終演後、いまでも伝説的扱いの「スフィア居酒屋」ね。
スクリーンで流される「Athletic Harmonies」の映像、「かってな成長期」と「Feathering me,
Y/N?」で踊りだす我々4人、紫のアンダーアーマー一丁になる俺、「あのアンダーアーマー美菜子推せる!」という歓声、調子に乗ってレスを飛ばす俺、帰り際に握手を求めてくる周囲の人たち、、、、、、いま思い出しても爆笑のアフター飲みだったwww


スタンディング。スフィアのスタンディングとか怖いお…と思いきや中盤くらいだと余裕だったね。
「Dangerous girls」での5連トレイン、「Like a super
woman」での折り畳み、その他スタンディングならでは!のはしゃぎ回りができたね。そしてワンドリンクのビールで会場外かんぱーい!
グリーン車で優雅に帰路。思えば交通費を惜しまなかったね僕ら。


すげー食いまくった。粉物からなんか鍋物から。そして連番した友人がこの2日間ではハジケ祭だったなー。リンゴ無双ww
んでアレですよ、初めて「Startline」と遭遇して、いーま美菜子に恋をしているよ!してアヘアヘ
この2日間で何回やったかね、「日本一の高いビル!」
あべのハルカス!ヽ(^。^)ノ」

飛行機遠征〜。飛んでスフィアに会いに行ったよぉ〜〜。
徳島公演の直前に、「ココロスカイ」のキャンペーンでの寿美菜子さんからの生電話に当選して、みなちゃんから電話きてたから「美菜子しか見えないからああああああああ!」に拍車がかかりまくってた。
ガチャで特賞のサイン入りパンフレット当たるし、スタッフさんにその様子の写真撮ってもらったし、なんかここの時期は「持ってた」かなw
そんな流れで見るスフィア、愛生ちゃんの地元に凱旋!って空気の中で美菜子みなこみなちゃん!ってしてたね。。。席もそこそこ近く、本ツアー初の美菜子ポジのゼロズレだったしなおさら。
この徳島公演あたりから、俺の「美菜子が大事なところで俺しか見ない」っていう口癖が定着したと思う。キモくてサーセン(^q^)

ツアー発表の当初から「位置づけが難しいよねー」って話していた静岡。8公演目とすっかり「慣れて」きて、場所もあまり遠くない。
そんなこんなを思っていたら、偶然に二組のチケットが連番を作ってたので5連で。こういうところでミューレさんの素晴らしい操作が入るね!w
この日の5人は、、、気が抜けてたよね完全にリラックス。紫の人や桃の人や緑の人がやたらオレンジっちゃったり、2色をクロスさせたり、ツンツンしたり。ツンツンは詳細を一切公開できないシークレット・スキルですわww

orbitツアーにおける2大グルメ祭第1弾。とにかく前日夜に食った食ったジンギスカンに海鮮にと。まじ札幌サイコー!
静岡から4週間のインターバルがあり、その間にアルバム「Third
Planet」が発売され、否応なくアルバム収録の新曲披露の期待感が高まったこの札幌公演。「初っ端から変えるんじゃね」「いやいや、夏色キセキの放送も終わったし中盤で投入だろ」など、きゃっきゃと予想しながら。スタンディングだと思っていたら前の方が座席だったねそういや。おかげで安定ポジ確保、7列目上手だったかな。
開演、序盤はいつもの通り、それくらいは想定内。中盤、新旅行クラブ明け、衣装替えあって歌ってからのMCでざわざわ空気。夏色キセキの話になった時の残念無念な空気。そして「あーコレは新曲ないな」って諦め・切り替えてのライブ続行。
そして「その時」が訪れる。アンコールをする客席、バンドが入る。バンマスの平井さんが持ってるギターの種類に気づく人、平井さんのキュー出しがキーボードの籠島さんではなくPA卓に送られてハッとする人、暗転中にスフィアが出てきてポジションについた時に熱狂する人、みんなの想いを載せてスタートする、『Planet
Freedom』で巻き起こる大爆発、最高のカタルシス!!!
orbitツアーで僕が見た中で、コレがイチバンだなと。この瞬間に立ち会えたことが、とてもとても光栄というか嬉しいですね。ちなみに僕は平井さんのキュー出しで気づきました、キュー出ししてる平井さんの方向と、ギターの同時発見。


祖父が急逝したので、ここで僕の軌道はスフィアから一時的に外れることになりました。
それでも、美菜子のツアー日程を速報してくれた友人とか、心配してくれたフォロワーのみんなさんとか、いてくれたので。少し寂しいくらいで済みました。ありがとう。


そんなこんなでラストの遠征地。グルメ祭その2!
札幌も好きだけど、福岡のご飯はもう最強最高だよね。ラーメン何杯いったよ、餃子何個いったよ、焼酎どんだけ飲んだよおおおおお!
そして最後にまたキセキ。3連番2組が隣り合って6連番完成とかwwミューレさんこの手法大好きですよねありがとうありがとうwwwツアーを共に回ってきていた6人が最後に集結とか、できすぎた話ですよね。席の位置もど真ん中、前から10列目くらいだから高さもいい具合の角度。
2曲目の「Dangerous girls」での6連トレインの迫力、6人で肩を組んで激しく折りたたみした美菜子ソロの「Like a super
woman」、大団円の「LET・ME・DO!!」・・・ツアーの締めくくり、完全燃焼!と呼ぶに相応しい元気なはしゃぎ回りっぷりだったと思う。
彩陽ちゃんがソロで「たからもの」を歌ってくれたのは、俺にとってタイムリーすぎた。涙がこぼれました。
打ち上げの博多メシもまた格別で!


自分の視点から振り返ったorbitツアーはこんな感じです。ここには書ききれないほどに、様々なことがあったなぁ。
そんな中で強く強く思うことは、ありふれた言い方だけど、「スフィアのライブはものすごく楽しい」ということ。これだけの回数をほぼ同じセットリストでやっていて、毎回毎回「あーもう超・最高!!」って汗だくで叫びだしたくなるなんてね。
「慣れ」が「マンネリ」に繋がるからあんまり同じツアーって今まで何回も行かなかったんだけど、俺にとってのスフィアは別だった。何度いっても楽しいし、できることならまだまだorbitツアーが続いてほしい。
でも、もうあと2回しか残されていないんだよね。そう思うと寂しいし、また最高のorbitツアーが2回ある!って面もあるから週末がすごく楽しみなのです。


今度の幕張メッセ、Final Special Stageは、ポイントがいくつかあると思ってます。
・orbitツアーの締めくくりというところ
・「Final Special Stage」と銘打ってあるというところ
これら二つは相反する要素かもしれないね。ツアーの終着点として、ここまでやってきたことの総まとめみたいなセットもあるだろうし、一方で「Special」って言葉に惹かれるところもある。この2日間でしかない曲、演出、欲しいよね!
「Third Planet」からはまだ「Planet Freedom」だけしか披露されてないし、「Stop
Motion」「虹色の約束」「GO AHEAD!!」の3曲もぜひやってほしいところ。特に「GO
AHEAD!!」は自分の中でイメージが固まってきているので、それを目の前で具現化してほしくてほしくてたまらない!
……と、いろいろ期待は膨らむけれども、俺からすれば何をやってくれてもスフィアがスフィアであってくれればとてつもなく楽しいので。元気にその姿を見せてね!ってところだけ叶えてください。。。


あとは、一緒に見るメンバーも楽しみなのよね。ツアーを一緒に回ってきたメンツに、「Final Special
Stageにして初めてスフィアのワンマン」って方がいるので。初めてだよね?
彼がいったいどういう反応を示してくれるのかが非常に興味深いので。ってか、、、スフィアに落としてあげるのでw 現状、Dangerous
StageのBlu-rayを楽しく見ているっぽいので期待してるでー!


さーこいスフィア!いらっしゃいませスフィア!最高の世界を作ろうスフィア!