サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

LiSA LiVE is Smile Always~Road to 武道館~

誰だよ前哨戦とか言ってヘラヘラしてたのは!!(俺


いやー、めっちゃ楽しかった。LiSA最高!をつぶやき続けるおじさんですわもはや。
日本武道館へどう「繋ぐ」か現時点じゃわからないから、念のため記事たたむよ。気をつけたい人は気をつけて。












やー、「ペース配分なんか考えさせないよ!」を有言実行してくれるなんて、なかなかないっしょ。「え、MC入らないの」「そろそろ終わら…ないんだw」と何度か追い込まれて、思わず舌なめずりしたわw
DOCTOR→永遠とか即死だし、それで死んで柵で天日干しになってたらTräumereiだからね。岐阜LiSAはめっちゃハードパンチ連打だった。暴れすぎて超気持ちよかった!
(追記)んで、こんな強いセットにできたLiSAが強いよねって話。シンプルすぎることを書き忘れてたわけだけど、当たり前にやってくれたあたり、ほんと凄い。


あとは、今日のLIVEの「テンションの高さ」はさすが初の地元凱旋での小キャパだったね。故郷に帰ってきたLiSA、サポートのバンド、けっこーな争奪戦でチケット獲得したファン、それぞれMAXだったんじゃないかな。
「いつかの手紙」の時にLiSAご満悦だったね。最後のラララ、マイクで煽る必要がなくて、最初っからばっちり歌った俺ら見てめっちゃ笑顔。周りを伺わずにスタートから歌えるファンばかりで素晴らしかったと思うし、個々で「歌うところだ!」って判断できて歌い出して…っての俺はすっげー好き。
曲前に「歌ってね」とLiSAは言ったけど、あれはどちらかというと曲振りだよね。言われなくてもばっちりだったと思うよ、今日のメンツなら。「いつかの手紙」をしっかりインプットしてれば歌うのがベストなアウトプットだものね。

以上、にわかに田淵智也さんの「アンチ一体感」にかぶれた視点からはこんな感じのことが言えますよってことでw
ステージ上と個々の客席でベストのやり取りをすることが最高に大事だなと、また思ったわけ。



『LANDSPACE』の曲はたくさんやったね!武道館にとっておいてくれても良かったけど、狭いライブハウスでガチャガチャやるのもめっっっっっっっちゃ楽しかったから満足!
「say my nameの片想い」はんぱねーわー。ポゥポゥ言いながら跳んで、ジャカジャカ首振って、振り付けでハート作って、やること満載でアドレナリン大放出で楽しすぎた。もっともっと楽しくやりたいな、武道館までにまたインプットしてみよう!


冷静にセットリストを眺めると、全体のクオリティは「best day, best way」の方が断然良いよなって思う。けど、岐阜のキャパと客層、ステージ上と俺らのテンションを考えると、強い曲に偏らせるのはベストな選択だったと思うし、そこんところ狙いを持ってやってきてくれるのは分析厨の俺としても嬉しい限りだw
そう考えると、日本武道館では…と考えると、あぁまた何を見せてくれるんだろう。2013シーズンのLiSAは戦術と戦略に長けてたから、この良い流れを2014シーズンにも持ち込んで欲しいっ



マイク使わなくてもLiSAの言葉が聞こえる小さな箱で、そうやって発せられた言葉を聞いて、日本武道館が俄然わくわくしてきた。LiSAはきっと日本武道館の重みみたいなのを存分に感じてるだろうし、その重みにしっかりと答えを出そうとしてくる。と思う。それが、「特別な演出を施すこと」なのか「自身の積み上げてきたものをさらに磨き上げること」なのかは当日までわからない。けど、LiSAならきっと大丈夫。そう思わせてくれる、充実のLiVEだった。