そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

" #万年圏外脱却宣言 "を成し遂げようとしているあの人とあの人たちへの賛辞を起点にした自分語りを結果が出る前にしてしまおうという話。

速報のニコ生で内山命さんの名前を見た。
5,000を超える票が、一日で入った。
ものすごいことだと思った。
遂に結果として表した"本気"というものに、圧倒された。
いやぁ、すごいよ。素晴らしい。

素晴らしいよ!って話をひたすらにするだけの文章を書ければ、俺もまた素敵さん的OBなのだけど。
その時の自分に湧き上がってきた感情に、2年前をまだ引きずるものが混ざっていた。
あ、この記事めっちゃ自分語りですんで。タグ付きだから踏んで見た方は申し訳ないですが、閉じた方がいいかもしれません。

改めて感じる当時の悔しさ、上げ潮に乗らなかった寂しさ、そんなところ。いやぁ、自分の小ささはわかっていたので驚きもしなかったけど、小さい人間だね。


自分が関わった2年前、80位ボーダーの3,600にかすりもしなかった。あの時の2倍を超えて3倍に迫ろうかって数字。
うわ、すげぇ!!ってまず思った後、「やればできんじゃん!」からの「2年前もやってくれよ!!」って愚痴が出た。テメェがもっとやりゃ良かった話を棚上げしきってる愚痴ね。
自分が出来なかった、促せなかったこと。これをやってのけた今年の選対の方々への羨望と妬みが、祝祭ムード溢れる速報後の内山さんSHOWROOMを見ながら出てくるんだから酷いものだ。


「あの時の俺はこれだけやった」っていう自負とその根拠になっていた自分の票数。速報時点で3,600未満なのは確定なのだから、この時点で俺の投票は15%近くあったんだ!!!
……などと、最近でも武勇伝のごとく話していた。
「俺があと7人いれば、速報なら入ったよなぁ」とも言っていた。

もっと言うと、速報を見ながら別の予想もしていた。
「やっぱり今年もダメでした、ってなったりしてね」
これこそ自分のクソっぷりが溢れてて、そうなることで「俺の514票が今でも最強」みたいに思っていられるなってね(よくよく考えると514も大した数字ではない)。
見守ってる風を装っている中に、失敗するのをどこかで期待もしている部分があった。

そんな俺の小さな自負も意地の悪い期待も、内山さんと内山さんとこは蹴っ飛ばした。
入るとしても70位台程度だと思っていたんで、「それ見たことか、本気なんてそんなもんだ」って言う準備に入るタイミングで、もっと上の順位で名前が呼ばれていてひっくり返りそうになった。
2年前とは本当に別世界にたどり着いたんだな、みこっ党のみなさんは。

「俺が抜けると内山さんは伸びる、2つ目の事例」なんてツイートをした。研究生から再昇格した時も俺は"当事者"じゃなかったな。
勝ち馬に乗りたいだけかと言われると返す言葉もないけど、もう一踏ん張りでも出来ていれば、歓喜の輪に入れたのにね。まぁ、そこをモチベーションにオタクやれないんだけど。


さて、、、速報直後から書いたり消したりしてるから、何をどう着地させればいいのやら。


投票は終わって、後は結果が出るのみというところ。あれからどこまで票数を伸ばせたのか、見当もつかない。
選対の方々、投票がんばった方々はどうなんでしょう。もう確信を持てていますか?それともドキドキですか?どちらかはともかく、活動は拝見していました。お疲れ様です。
神経をすり減らしたり大変な思いをしたりした方もいると思います。しっかり心身を労ってあげてください。

ここまでくると、さすがに「入ってるといいね」って気持ちしかないですね。天の邪鬼は蹴飛ばされているんで。
魔が差して買った8月の個別握手で、「みこっ党、すごかったね!」ってヘラヘラして言いに行かせてもらえると、俺も嬉しい!