そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

伊藤かな恵 LIVE TOUR 2018 "デアエタケシキ"

行くことに決めたのって3日前っすよ。名古屋に行く予算が浮いた瞬間。

伊藤かな恵ちゃんのライブは2012年の1stツアーに行って以来。当時はすっかり心奪われたけど、なんだかんだあって長く保たず。リリースイベントは2014年に行ったのが最後だった。
でもなんだかんだ新譜はチェックしたり、曲は良いんすよね~ってところの距離感だった。

予算が浮いて、iTunesでミニアルバム『デアエタケシキ』買って、一通り聴いてよし行こうってなった。
6曲どれも良いんだけど、特に『ココロモヤルリズム』がぶっ刺さった。仕事に疲れて帰ってくるけどまぁ頑張りますか~って感じ、すごく共感できるなぁと。
曲中のセリフ回しも良い感じで、これライブで聞きたいな見たいなってことで行くことにした。


新宿BLAZEのキャパ800に対して400くらいの入りだったかな、最後の方に入っても前のブロックが空いてるからすっと入り込めた。パーソナルスペースがきっちりあってまったり。
セットは割愛するとして、『デアエタケシキ』6曲を軸に満遍なくってイメージ。久々だねーって曲もあり、”家出”するきっかけになったイベント時の曲もあり、いろいろ思い出しつつ。

1stの頃と変わらないなーと思った。
ぴょこぴょこ動き回るし。
MCというか喋りだすと止まらないし。
微妙なリズムのズレから、豪快に歌詞を飛ばしたり入るタイミング間違えたりやらかすし。

でも全く同じってわけじゃなかったな、と観察を続けると感想が変わっていった。
曲に合った歌い方、雰囲気の出し方を使い分けてたし。
セットリストの流れ、意図を伝えてくれたし。
ミスはするけど、そこからのリカバリーとか切り返しとかしっかりしてたし。
伊藤かな恵ちゃん自身も言ってたけど「『ドラムとベースの音が怖い』って言ってた伊藤家の末っ子が、選曲について説明してる」ってのは感心というか感慨深いものがあった。

俺自身の受け取り方も丸くなったように思う。
序盤のミスっちゃったてへ!みたいなところで「6年やってこれなら、もはやストロングポイントだな」って笑って済ませたもんな。「自由と身勝手は違うだろ!」ってぶんむくれた頃の俺はどっか行ってた。
「自分の見たいもの」に対する執着が薄くなってるのかもな。まず受け取って、どれだけ楽しめるかやってみよう的なスタンスに寄ってる気もする。


まぁとにかく楽しかった!
サウンド的にかなりお気に入りな曲が思った以上にたくさんあるなと自分でも思いつつ体を揺らして、喋りの部分はずっと面白かったなってくらいたくさん笑った。

気づけば土曜だけじゃなく日曜も当日券で入ったし。他のイベント蹴っ飛ばしちゃったよ、良い選択だと思えたよ。

お目当ての『ココロモヤルリズム』は「頑張りますか!」はじめセリフのところが望みどおりにライブならではで大満足。
いい感じにズラしてセリフ回してドヤった結果、歌に戻りきれずにあわあわする伊藤かな恵ちゃんとか、ここまでくると文化の域だよねw あれは良いもんだ、なかなか狙って生まれるものじゃない。

日曜の『EMOTION』は入りを完全に間違えちゃったわけだけど、「止めてもう一回やろう!」ってバンマスの宇田さん(キーボード)のとこに行ってもなかなか止まらない。
「そりゃドラムに言わなきゃね」って思いながら見守ってたけど、にしても目も合わせず弾き続ける宇田さんにあわあわするかな恵ちゃんの画ねw
で、ようやく止まって、「次からはJJさん(ドラム)のところに行く!」と一つ学びを得たかな恵ちゃん、、、ってくだりがいちばん笑ったシーンだったw
きっちり2回目で入って「やるじゃん」となった俺。比較対象が2012年だからアレだけど、ミスったらもういやだー帰るー!って舞台袖にハケて行った人だからね、成長を感じたね!!

クオリティとか完成度とかをストイックに求めるんじゃなくて、ミスに目をつぶるのでもなくて、ステージ上に起きてるアクシデントも予想外の動きも受け入れていくと、だいぶ楽しいものだね。
そんな姿勢、ある程度以上に好きな人がやってないと難しいかもしれないけど。

あとはあれですよ、「ん~~~」とか「あ~~」とか言う時の伊藤かな恵ちゃんの声色、単純にめっちゃ大好きなんですよ俺。
その辺の声って、長ーいトークとかちょっとグダった後とかに頻発するじゃないっすか。このスタイルのライブって俺の希望に沿っててちょうどいいのでは?とすら思ったねw

次がいつかはわからないけど、また行きたいな。行きたいと思えるといいな!
たまに帰省するよ、伊藤家。

グッズのカエル、とんでもなく好き。
f:id:fivetimechamp:20180206004337j:plain
f:id:fivetimechamp:20180206004357j:plain