そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2018 「MODE MOOD MODE」@富士市文化会館ロゼシアター

曲順をしっかり掲載しないのに歌われた曲そのものには触れていく、セットを探す人にもバレが嫌な人にも迷惑な感想、はーじまーるよー。
(ゆっくりRTA実況動画風)


漠然と「さわやかでハンバーグ食おうぜ!」なノリでチケットおさえたら近くにはなかった。そもそも駅前にほぼ飲食店がないという。多少は調べよう。


ロードサイドにあるホールは新しめできれいだった。キャパシティは2,000くらいかな?
席は20列くらい。ステージ上で起きることを、俯瞰もできるし細かくも見られるかなみたいな印象。まぁUNISON SQUARE GARDENなら「レスきた!」とかないしこれくらいでも問題ない、、、、ってホールでレス重視はそれ最前病だね。


一曲目『Own Civilization (nano-mile met)』が始まった瞬間の、ステージ後方からの照明に射される3人の姿のかっこよさがゾクゾクするほど高まる。神々しさすら感じるし、いきなり圧倒された。
まぁ開演して暗転からのアンセム(でいいのか)流れてメンバー入ってくる時の空気感で、既にこちらのスイッチも完全にオンになるよなぁ。
定番の流れにしてあるから、俺にも「UNISON SQUARE GARDENのライブに入り込む」ルーティンが確立できてる。

前回は4月22日(日)の名古屋。あの時は周りとの調和を図ったのもありつつ、ほぼ見る聴くに集中していた。
今回の静岡は通路側の席だったんでスペースしっかり確保できて、自然と身体の反応も大きくなっていった。『場違いハミングバード』で跳んでみたり、割と順当にやってたんじゃないかな。
同じツアー中に違ったアプローチできて、どちらのやり方でもめちゃくちゃ楽しくて、それって地味にとても良いことだなと思った。


あとはもう、彼らの言う「通常営業」のライブがとてつもなく楽しい!って話でまとまってしまうね。良い曲を歌って演奏する彼らがかっこよくて、見て聴いて大満足。
はぁ、貴雄のドラムソロパートちゃん…


4月は『桜のあと』で泣きそうだったけど、7月になったらそこまでではなく楽しい方が強かったのは、やっぱりその間に総選挙があって……ってのはもはやいつもの話みたいになってる。
それだけ、好きなアーティストの歌から生きるモチベーションをもらってるってことだなぁ。

ちょっと雑だけどこんなところで。
今ツアーは以上で参加予定おわりなので、また来年とかに会おう。