そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

サイド、内山命ちゃんの誕生日祝いを買う ③

①、②のあらすじ:プリザーブドフラワーを贈ると決めたよ!!


②の終わりでまだ8月中旬だったけど、ここから2ヵ月に渡って状況は停滞する。「どういうイメージにしようか」と考えてはこれといって出てこなくて、考えるのを止めるというのを繰り返していった。
まぁ実際、1ヵ月前に花屋さんに行けば十分に間に合うだろうってことで、頭の片隅に置きながら過ごしていた。
その間、家の近くや通りすがりの花屋さんを見てなるほどとなったり、②で見つけてたブランドの通販ページを見たり、インプットはしていこうって意識は保っていた。

10月に入っても明確なコンセプトが出てこない。なくはないけど、これだ!とならない。

そんな状況で迎えた中野サンプラザホールでの高垣彩陽さんコンサート、の後の飲み会。
「花ってどうすりゃいいんですかねぇ?」って俺の投げかけにいろいろ話してくれるオタクたち。ありがたい。
そこで、あるオタク(スフィア充電明けだかまでビール断って頑張ってらっしゃる方)が、「ドーンと胡蝶蘭でイキり散らしてやればいいんだよ!!」と一言。
そう、札束でぶん殴るやり方はシンプルに強く出れて良いのよね。すげぇやりたい。
ただ、SKEのプレゼントのルールに「単価1万円まで」ってのがあるのがネック。一輪1万円以内なら10でも100でもイケるのかどうなのか。分からないから危ういよなぁ。

ってことで、胡蝶蘭作戦は採用できなかったんだけど、ここから突破口が見えてきた。
自分の中で「シンプルに金でイキり散らす花」は「真っ赤な薔薇100本」ってイメージがあって、それをこの一言で思い出した。
さすがに100本は胡蝶蘭作戦と同じく無理だけど、真紅の薔薇って一つでも主軸になってくれる存在感あるなと。メインに据えられそう!って思えた。

そこから一週間ほどで構想の下地ができて、「ここからは花屋さんに相談してみよう」って機運が遂に出てきた。
そう思いついた時、ちょうど近くに花屋さんがあったので軽~く話をしてみた。
「誕生日のお祝いで~」→「奥様ですか?」→「……や、(なんて言えばいいんだろう)友人ですね」
って感じで上手く踏ん切りが付かなくて撃沈w こちとら未婚じゃ!
まぁ駅ビルの花屋さんなので、ぱっと見では一般の方の案件に対応していく感じだった。ここじゃないな。
周辺にもいくつか店舗があったけど、「アレンジメントやります」ってあるけどどうも「アイドルの誕生日で~」って話はできなさそうだった。自分の勇気が足りないのもあったけど。

ってことで、②で相談したオタクに紹介してもらったお店に頼んでみることにした。
事前にメールフォームで予約を入れてねってことなので、どういうアレンジメントをしたいかをここで言葉にしていった。
打ち合わせの日程が決まり、店舗に赴いた。事前のメールで「フォトフレームや額縁を使ってみたい」と入れていたので、予めいろんなサイズや形のものを用意して見せてくれた。
ホームページを見た段階で、舞台やコンサートの楽屋花、スタンド花のアレンジメントをやっているのが分かっていた。だから、打ち合わせでは考えていることを全て話して伝えられた。
「AKBの総選挙ってわかりますか?その子、今年の総選挙で初めてランクインできたので、その記念の年だっていうのも入れたくて」って言って「なるほどそれならフォトフレームでその時の写真を入れるのなんて良さそうですね」って返ってくる花屋さんめっちゃ素敵。
話していると花屋さん側からキーワードを引き出してもらえた。「元気いっぱい!ってよりは、シックで大人な雰囲気にしたい」とか、打ち合わせ前には自分の頭になかった言葉が出てきて一気にイメージが前進した。
「私も検索してイメージしてみるので」と、内山命ちゃんの名前をメモしてくれたり、丁寧に仕事してくれそうってか既にしてくれてる。これは期待して良さそう。

そして、「サイドさん(実際そりゃ本名よ)のイメージを私によりはっきり伝えてほしいので、ネットで見つけた画像でもいいので『こういうの』って写真を送ってください」と宿題をもらって打ち合わせ終わり。
15分も話してなかったけど、かなりの手応えだった。自分がしっかり宿題をやれば良いものを作ってもらえるぞ、これ。


そこからは、ひたすらGoogleで花のアレンジメントを検索して、気になるものがあったら保存していった。
外を歩いて花屋さんがあれば足を止め、路上の花壇で「この色の花いいな」って思えば写真に撮った。
パーク内の花壇を見て回るためにディズニーランドとディズニーシーの散歩もした。年パス、サンキューな。
そうしていくと、相談の前から考えていた「真っ赤な花(バラ)をメインにして、周りにオレンジや黄色を含めた花を配する」アレンジメントが自分の贈りたい雰囲気に合ってると強く思うようになった。
これだって画像と、フォトフレームに入れるみことちゃんの写真(総選挙直後にトロフィー持って取材スペースでピースしてるやつ)を送って、「こんなんでお願いします!」とメール。
花屋さんからの返信で「非常に参考になります。赤バラを入れると確かに華やかになって良いと思います」とあって完全にこれで行こうと自分内ゴーサイン。

11月に入って花屋さんからメール。11月3日ごろに制作開始して、11月10日くらいには完成するとのこと。
自分のスケジュールと合わせて、受け取りを11月11日に設定した。いよいよ出来上がりだ、動き出すと一気に進むなと感じた。


③はここまで。次は出来上がりと、“最後の仕上げ”について!

せめてキミに - LiSA LiVE is Smile Always ~ASiA TOUR 2018~[core] 金沢

LiSAのツアーは10月の甲府以来。
一方LiSAは体調不良で北海道公演を延期し、この金沢で復帰。
お互いに「お久しぶり」って状況でのライブとなった。

「まだまだ復活しきれてないな」と気づいたのは2曲目に入ってからだった。高音が出ない、ロングトーンは早めに切る、何よりパワーを出しきれていない。
前半は特に「無理するな、なんならもう止めてくれたって俺は怒らないから」って思うくらいに抑えていた。
ステージ脇のスタッフにジェスチャーで何か指示する姿も目についた。何を伝えていたかは分からないけど、それがまた不安で。
不調に気づいてからは、もう今日はLiSAの支えの一部になりたい一心で声を出して手を叩いた。

いつも、たくさんの活力と勇気をもらっているから、今日くらいは返してあげたい。
ここのところはずっと、LiSAの歌を聞きながら、俺は俺の大事なあの人へ気持ちを向けているから。こういう時くらいは、ちゃんと100%全ての気持ちをLiSAに向けないと。
まだまだ失いたくない。



なんてことを思い詰めていたら、後半から一気に盛り返してきた。
いや、それでも万全の時よりは劣ってると思うけど、前半より明らかにパワーを出してきていた。後半の上げてくるところで上げられるように、ペース配分をしていたんだろう。
配分しなきゃならない時点でやっぱりかなり厳しかったんだろうけど、それでも今のLiSAに出来る最大限を、ライブを成立するために策を練って出し切ってくれたんだと感じた。
なんて人だ、あなたは。

クオリティの高いものではなかったかもしれない。
でも、今日のライブをやりきった、やってくれたことはものすごく気持ちを掴まれて、揺さぶられた。
歌手としての生き様を見せつけられた。
すごいライブを見られた、聞けた、感じられた。ありがとう。

来週の福井も行く。少しでも万全の体調に近づいていることを願いながら、来週を待つとしよう。

サイド、内山命ちゃんの誕生日祝いを買う ②

(『夜明け前より瑠璃色な -Moonlight Cradle-』エステル・フリージア編より)
達哉「このブリザードフワラーってさ」
エステル「プリザーブド」
言い直された。
エステル「ブリザードだと凍ってしまいます」
達哉「あー、そうだった」
達哉「プリザーブドフラワーってさ、うまく保存すれば十年以上は保つらしいよ」
カレン「そんなに保つものなのですか」
カレン「おそらく、月にはない技術だと思います」
感心したようにカレンさんはつぶやく。
―――そう。
俺たちがモーリッツさんの贈り物に選んだのは、プリザーブドフラワー
見た目は限りなく生花に近いが、ドライフラワーの性質も備えている。
特集な溶液と乾燥処理によって作られたアレンジメントだ。
これなら枯れる心配をすることなく、モーリッツさんに花を贈ることができる。

内山命ちゃんの誕生日に花を贈る」という方向で動こうと決めた時、まず思い浮かんだのは夜明けなMCのこのシーンだった。
プリザーブドフラワーというものを知ったのはこのシーンだったし、なんならこれ以外でプリザーブドフラワーって聞いたことないってくらい花には疎い。だからこそ印象に残っている。
このエピソードでは、達哉とカレンがモーリッツさんのお見舞いに何を贈るか悩んで、言い合いにもなりつつ、プリザーブドフラワーにたどり着いていた。
「花を贈って病室に彩りをもたせたい」「(地球では)鉢植えのお花は入院が長引くイメージがあるから相応しくない」という条件を満たす解決策だった。

今の状況にプリザーブドフラワーは合ってる気がした。
まず、「うまくやれば長期保存できる」っていうのが良さそうだ。
毎日忙しそうにしているアイドルが、生花を花瓶に入れて水の交換を続けるのは難しいかもしれない。その点、プリザーブドフラワーなら手入れの手間がかなり省けそうだ。
もし気に入ってもらえたら、生花よりも遥かに長く楽しんでもらえるし。
あと、贈る日付が「生誕祭公演の日」と、日程の確定が数日前だというのもポイントだった。生花のアレンジメントで数日前に「この日に向けて作って!」ってお願いするのは無理がありそうに思えた。
保存のできるプリザーブドフラワーなら少し早めに完成して問題ない。

何より、発想の源が自分の大好きなゲームから引っ張ってこれたのがとても気に入った。
ゲームモデル(①の記事を読んでね)の「自分らしいこと」に当てはまってるし、実際これを思いついてワクワク度が上がった。
プリザーブドフラワーで検索すると、都内に国際的なブランドのお店があるし通販もやってるし、選択肢がたくさんあることがわかった。
これだ!ってものを見つけられそうだ。
ってことで、プリザーブドフラワーで探してみることにした。

ここで、プレー原則「生誕委員の動きと競合しない」について確認する。
これは、当初の想定だと「劇場入口にスタンド花を贈りたくたって、そこは生誕委員の領域だから他の選択肢を考えようね」って意味合いだった。
だから楽屋花として動き始めた。委員も楽屋花あるかもしれないけど、これは重複しても問題ないし。
そういった意味合いとは別に、「花のチョイスでも競合しない方が良さそう」と思い始めた。
みことちゃんのペンラカラーは黄と橙だから、まずは黄と橙の何かをって発想になりやすい、と思う。そこからどうズラしていくかが“腕の見せ所”かなぁなんて考えに至った。
まぁ、委員が黄橙でオーソドックスに作るとは考えてはいなかった。ずらし方が一緒だったら結局は被っちゃうけど、察知できるようなものではないので考えすぎても仕方ない。
対抗意識が全くないわけではないけど、それよりも「贈られた花に様々な彩りがある」状態だと、みことちゃんが見てより楽しく嬉しくなる(プレー原則の優先事項)んじゃないかと。
そういった“幅”を持たせるのが、みこっ党反主流派、アウトサイダーとして遂行する役割なんじゃないか。良い感じに使命感も帯びてきた。
「自分らしくやれば、みことちゃんの喜びにも繋がる」とこじつけられたことでモチベーションは確固たるものになった。



こんな考えが固まっていくのと前後して、友人への相談もしていった。相談でもあるけど、「こんなことしたいんだけど」って話を聞いてもらって「いいね、それ」って言ってもらいたかった。

こういう時に頼れるのはSKE界隈の外の人で、自分のオタクやってる領域が広範囲で良かったなと思える。

まずはオーガスト(冒頭のゲームのメーカー)関係でFFになった水瀬いのり(声優さん)のオタク。
彼はこのブログを熱心に読んでくれる、世界で3本の指に入る読者でもあるから、俺の考え方もよくわかってくれている。
そんな彼と国分寺でパンケーキ食べたりコーヒー飲んだりしながらいろいろと話して、そしてもちろん、
「そりゃオーガストのオタクとしては花ならプリザーブドフラワーにしないといけないよなぁ?」
ってところを確認した。お互いにほぼオーガストから離れてるけど、これにはめっちゃウケながら「それしかない!!」と意見が一致したw
これでプリザーブドフラワーは確定。月にはない技術だし当然だね!!


続いて、別のオタクを呼び出して飲みながらお店選びなどの相談をした。
スフィア(声優ユニット)で知り合って、どちらもスフィアからは離れてるけど年一でフットサルしたり『たまゆら』(アニメ)とか好きでなんだかんだで会ってる友人。
彼は今では舞台女優さんを追っかけてめちゃくちゃやってる。スフィア時代のノリで追っかけてるからオタク(女優さんのファンをオタク呼びするかはわからない)一強みたいになってる様子。すごい。
「ここは個人でやってて融通きいて良いですよ」なんて感じでお店を教えてもらいつつ、そこで彼が花をアレンジメントしてもらった時の話をいろいろと聞いた。
「イメージを伝えれば、花屋さんがうまくやってくれる」とのことなので、この後はそのイメージ作りをしていくことになった。

この飲みの時の友人に言われた、
「11月の誕生日のことを今から(8月)考え始められてるんだから、きっと喜んでもらえるものができますよ」
って励ましは俺の支えになってくれた。
時間が経つと「イメージ沸かない」だの「別にこれでよくね?」だの思ったり、他の予定が詰まったりで手が離れそうになった。
けど、「間に合うタイミングで動き始められたんだし、みことちゃんのお祝いしたい気持ちはあるよね!」と自分に発破をかけることができた。


他にも何人かのオタクに「こんなことしたいんだけど」って話を聞いてもらって、それぞれの経験談を教えてもらった。
「こんだけ話したらもう止められないな!!」と、しっかりやりきることができた。皆さんに感謝しています。ありがとう。


②はここまで。次はたぶん花屋さんに行くよ!