そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

NANA MIZUKI LIVE GRACE 2019 -OPUSⅢ-

一日目終わりでいったん感想を書いておけばよかった。

いやぁね、とても楽しかったんですよ二日間を通して。
懐古キメようって気概で行ったわけじゃなく、日程を見たときになんか「よし、行くか」ってなって。だからちゃんとここ一年くらいの曲も聴いていったし、『WHAT YOU WANT』のコール&レスポンス楽しみにしてて実際めっちゃ楽しめたし(予習は二日もしてないけどw)。
3曲目の『Love Trippin'』でいいねぇってなって、続いて『Nocturne』できたこれ最高!ってなった。これくらいでもう同窓会は十分だった。
だって、その前の『Glorious Break』『VIRGIN CODE』でもうかなり感触よくて、普通にやってくれればかなり楽しめそうってくらい奈々ちゃんに入れてたんだよ。
それがさ、アコースティックで『STAND』やってくれちゃってガッツポーズ連発して、『ラストシーン』で崩れかけて、もうこれで最高じゃないっすか!
アンコールで『STORIES』とかまた素敵な曲を入れてくれるしさ、たまらんよね。
ただまぁ一日目の同窓会枠の曲たち、俺の中ではまぁ”程よい”感じだったんだよね。いいのやるねぇわかってんじゃんさー奈々ちゃんってばーみたいなね。
このまま入れ替わりなくやってくれればいいや(STAND以上の曲にはそうそう入れ替わらないだろう)って感じで二日目を迎えた。


『Brilliant Star』はダメだって。
ずっと待ってて、俺がいるときには歌われなくて、じゃあ全部行くって熱もなくて、もう一生無理なんだろうなって諦めていたんだ。
過去に書いたような書いてないようなだけど、初の東京ドームの時も、2回目の東京ドームの時も、やるだろ頼むよって気持ちでいて結果だめだった。その間にやってた平安神宮のセットに入ってて、それを後から見て「そういうことか」って思った。
こりゃ俺とは巡り合えないんだなって悟るような気持ちになって、今回にあたって特に希望とか考えることもなかった。
こうして何年ぶりかに、10年は下らないだろう、ライブで歌われているのを見て聴いて感じて、感無量なんて言葉じゃ留まらないほどに嬉しかった。ずっとこの曲の時間に閉じ込められてしまえばいいのに、なんて思いながら。
Blu-rayの発売まで死ねない、発売されたらひたすら見る。


ほかの話をする余裕がなくなっちゃったけど、無理やりに。
初回の時に学んだので、「フルオーケストラだけどいつもどおりにライブ」ってやるものとして楽しく遊ぶぞって気持ちで行った。そしたら楽しいよね!音めっちゃあるし!!!
GRACEはこれくらいでいいんだよね。特性スカイスキンでノーマルわざをひこうタイプにしちゃうメガボーマンダだからね水樹奈々ちゃん。いつも同じ気持ちで遊べばいい。

2年ぶりに奈々ちゃん見たけど、MCで早口になってる気がする。おばちゃんだねすっかりw
でも破顔一笑!って感じに笑う姿を見ると「はぁ、好き!」ってなっちゃう。
サイドさんはいろんなオタク現場を巡ってどんどんチョロくなっている。

初GRACEの時に受け入れられなかった激しいパート、今回は素直に明るく楽しく激しく遊べた。オーケストラの前でヘドバンしちゃったね!やったね!!


いやぁほんとめちゃくちゃ楽しかった!
夏のツアーも行くと思うよ、今その気だから。どこ行こうかね、どこ連れてってくれるかね。


結局は水樹奈々ちゃんなんだよなぁ!!!(何年かぶりn回目の発言)

2018年のまとめ

sidekun.hatenablog.jp


オブラートに包みながら「総選挙で内山命ちゃんをランクインさせたい」と言ってた今年の正月。
ランクインは実現したが、そこに自分はどれだけ寄与できたのか?数字は雄弁に語る。大したことぁしていない。
大したことじゃないけどあの時の自分の最大ではあった。「他の自分がやりたいことは妨げない」と決めて、香港に行って、アメリカに行って、シンガポールに行って。そんな流れにしちゃよくやったんじゃない?ってくらいのことはできた。
自己採点では、そういうことにしている。数字でいえば、とにもかくにもみこっ党の皆様の頑張りに乗っからせてもらえた以外にない。いくら感謝してもしきれない。


総選挙へのアプローチの話と、誕生日に向けた話。この二つで2018年は語れるよねってくらいに、今年は内山命ちゃんありきの年だった。
「一年の計」の黄前ちゃんの「諦めるのは最後までいっぱい頑張ってからにしてください!」のところは総選挙よりも誕生日の時に効いたようにも思う。
安全策という名の妥協に流れそうになったり、別に俺がやらなくてもいいんじゃねって気持ちがよぎったりしたけど、やりきってよかった。喜んでもらえた瞬間の幸せな気持ちね。
選挙も誕生日も、みことちゃんがめっちゃ楽しませてくれたからこそ。だからやろうと思ったし、気持ちを言葉だけじゃなく形で伝えたいと動けた。伝わってるといいな。

書いてるいま、ちょうどみことちゃんのブログが上がった。「2019年も一緒に楽しい年に」とのことであいわかった!って素直に思えている。今年ここまできれいに自分がカムバックしたんだなと。
毎年「まさか」って言ってるから一年後どうだろうって思うけど、今は来年も同じような気持ちでいられたらなと思っているよ。

みことちゃんの話はここまでにしておこう。ずっと同じようなこと話して、ずっと幸せに浸ってるのもいいけどさw



2017年に続いての海外進出。
2月の香港ディズニーランド、5月のアメリカ(アナハイム)ディズニーランド。
特に5月のアナハイムがもう最高だった。憧れの本場、子供のころにテレビの録画を何度も何度も見たアトラクション、最新の施設…何もかも楽しすぎた。
次はいよいよフロリダだ。絶対に行くぞ。11月だとみことちゃん生誕に重なるから頑張って9月に行きたいところだ!!

7月にはシンガポールに一人旅。LiSAの海外公演に行った。
しっかりした国だし英語圏ならなんとかなるぞという手応えを得られた。今後も海外公演を視野に入れつつ、フロリダもなんなら一人だって行くぞこのやろーw

パソコンじゃないと捗らないですねぇ!時間かかる!!


今年もいつものとおり、「やりたいことをやりたいようにやる」を貫きはした。けど、選挙だったり生誕だったり、自分がやろうと決めたけど「みことちゃんのために!」ってことにも関わった。
楽しいの上澄みだけを取っていくよりも明らかに大変だツラいと感じることが多かったけど、成し遂げた後の喜びはとてもとても大きかった。
そして取り組むにあたり、協力や励ましを周りからもらえて、だからこそできたことでもあった。一人で生きてるわけじゃないなって、強く感じた年になった。

来年は何をするのか、まだ固まっていない。
変わらずやりたいことをやるし、この一年で得たものを生かしていろんな人と関わったり支えられたりしながら楽しくやっていきたいなと思う。
そして、自分の好きな人が、ステージ上の人でも一緒に客席にいる人でも、楽しく健やかにいてくれたらいいなと願ってる。

「俺にだってちゃんと他人を思いやる気持ちくらいあるぞ」と露骨にアピールしたところで、2018年のブログ納めとしよう。
意外と読んでくれてる人も、いつも読んでくれてる人も、来年もどうぞよろしく。

数字で振り返る2018年

項目:数字(去年の数字→増減数)

  • イベント参加総数:52(76→-24)

減って、一昨年の水準に戻った。昨年がだいぶ多かったんだけど。
月別に見ると5月がゼロ。ここはアメリカのディズニーランドに行く大イベントがあったけど集計外だ。
来年もアメリカには行く。それも2回!
あと、今年は友人のお誘いを受けて行くイベントが多かったなという体感。
10くらいかな、スフィア系の友人から、スフィア関係もそうじゃないのもあった。彼らの誘いは基本的に間違いがない。


  • ライブ系イベント参加数/率:35/67.3%(53/69.7%→-18/-2.4%)

昨年のライブ系の数が今年の総数よりも1多かった。それでいて、割合はほぼ変わらず。
志向の変化はあまりなく、数が減ったといったところ。
そこの減少がなにかって言うと、新規案件がなかった。去年はハロプロKalafinaが複数と、単発もちらほらあったんで、その差がいちばん大きい。
手を広げなかった分、深めていった感じはある。LiSAで海外(シンガポール)に行ったり、nano.RIPEはファンクラブイベントで東名京に行ったりツアーで最前行ったり。

  • 握手会・お渡し回系イベント参加数/率:12/23.1%(16/21.1%→-4/+2.0%)

あんまり変わらず。集計外になってる終演後の物販だのお見送りだのはだいぶ減ったはず。
基本的には内山命ちゃんと惣田紗莉渚ちゃん。「推しでその日の握手会を締める」方針なんだけど、ざっくり上半期はさりちゃん、下半期はみことちゃんで締めているから、俺って分かりやすい。
他のSKEの子たちが多くて2回。もうちょっと増やしても良かったかもしれないけど、不満っていうわけでもない。ここんところはパッションがあればってくらいで大丈夫な域かなぁと。
声優さんだと3人。井澤詩織さん立花理香さん山崎エリイちゃん。
山崎エリイちゃんは唯一の2年連続な声優さん。Dヲタ枠だね!

  • “会った”数トップいくつか

内山命SKE48):12
惣田紗莉渚SKE48):10
LiSA:9
nano.RIPE:8

新規案件のない2018年、順当に主軸で固まっていった。
SKEの中での自分の看板を掛け替え直したタイミングから、ちょっとみことちゃんの方が多いってのが絶妙ね。券の枚数だともっと開くけど。
LiSAは関東のホールが普通じゃ当たりにくくなった。ゆえの地方、ゆえの海外公演で昨年と同数。手段を選ばずみたいにすれば増やせるってかもうちょっとワンマン行きたい。
nano.RIPEはついにファンクラブイベントに行くようになった。酒を片手にギター調整するきみコさんもっと見たいよ見たいよー。


ちなみに2017 
惣田紗莉渚SKE48):12 
宮崎由加(Juice=Juice):10 
LiSA:9 
松井珠理奈SKE48):8 
室田瑞希アンジュルム):7



他のデータをクラウドにアップし忘れたから、TDR関係とかはなし!!おわり!!