そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

UNISON SQUARE GARDEN TOUR 2017 - 2018 「One roll, One romance」

ネタバレ:めちゃめちゃかっこいい

100%SKE48 VOL.04発売記念イベント 小畑優奈 WKC(ワールド・カワイイ・チャンピオンシップ)王座防衛試合 第三試合

このイベント名に対して、心躍る人間が世界に何人いるというのか。
おそらくそんなに多くないだろう中の一人が、俺なわけだけど。

春に出ていた100%SKE48 VOL.03で「ゆなな試練のカワイイ七番勝負」を見事に7連勝で乗り切り、今回の防衛戦にたどり着いた小畑優奈ちゃん。
『意外にマンゴー』のセンターをゆななが務めると知って割とすぐに、「小畑優奈=SKE48に恵みの雨を降らせるレインメーカー説」を感じた俺としては、そのレインメーカーっぷりをこの目で見ることのできる千載一遇のチャンス。
ツイログで確認したら、「レインメーカー」を含むツイートでオカダ・カズチカについて言及するよりもゆななのこと言ってる方が多かったというね。それだけ俺の期待も高いというわけですよこれ。

じゃあイベントで何をするかは全く見えてこないわけだけどねw
「七番勝負」でもゆなながカワイイ物や動物と一緒に写真に写って、編集さんだかライターさんが「うーん、ゆななの方がカワイイ!勝ち!!」ってコメントしてるだけだからね。これを会場でやるだけという、シュールなイベントになることが予想できるよね。
まぁとりあえず雑誌代だけで平日の夜から都内でゆななを見られるのなら、何してくれたって構わないから行くことにした。
ってか、ゆななよりも「白夜書房の編集さんが仕込むだろうプロレスネタにいかに反応できるか」みたいなところが自分のポイントだったりする。そりゃまぁ、ゆなな可愛いなぁって気持ちに満たされた上でだけれども。
(ここまで昼間に書いておいた)


ってことで、行ってきました。
仕事帰りに第三試合だけ。

やばい、めっちゃ楽しかったwwwwww
45分の短時間でゆななコールしまくったし、たった一夜で「今年いちばん名前を呼んだアイドル」になりましたねこれ。生誕祭の公演でもこんなにコールせんぞってくらい。


まずもう白夜書房の入り口が薄暗いし、ポスターがプロレスの地方興行の告知みたいでわかってんなと。
f:id:fivetimechamp:20171208000250j:plain

入場。白夜書房の地下一階のホール。真ん中に2畳ほどのステージというよりお立ち台。周りを囲むように椅子が100あったかなくらいってことでまぁリングを模してると。
そしてなぜか薄暗い。さながら地下闘技場。

40くらいで入ったのでそこそこ席は選べた。テーブルの上にゴングが置いてあって、そこが実況席だなってことでその後ろに座った。
新日本の中継とかで終了後にミラノさんの後ろで映り込むぞ!みたいな位置ね、後楽園ホールの予行練習みたいなノリ。

司会・実況・リングアナ・レフェリー兼任の白夜書房の並木さんと、ゲスト解説的な集英社の人とシライシコウジさんが入場し、目の前に着席。並木さんの背中越しにリングを見ていくかっこうになった。
「こんなところにSKEのセンターを入れていいのか」「ここからナゴヤドームに繋がる、その伝説の生き証人になるんだ」的な、理性と狂気と妄想の世界を行ったり来たりするトークにいちいち笑ったり頷いたり。
地下闘技場の雰囲気も、しっかり刃牙の話と絡めてくるあたり狙ってる分かってる並木さんである。ってか、リングの四方に置いてある動物のぬいぐるみも刃牙を意識していたというねw
しっかりきっちり20時ちょうどに”試合開始”。

流れとしては、挑戦者(かわいい物)が入場→ゆななが入場→対戦、を3試合やった。イベントは3回あったのでゆななは9試合あったということだね。
俺が見た回は、
・くまのぬいぐるみ
・マシュマロ
・パジャマ
だった。わかる、どれもかわいいっすわ。
ではそれぞれテキトーに振り返り。

  • VS クマのぬいぐるみ

クマの入場テーマはハルク・ホーガン。思わず「ホーガンだ!」って高まった俺。
並木さん「ハルク・ホーガンアンドレ・ザ・ジャイアントをベアハッグで仕留めたように、このクマも小畑を捕まえるのか!」的なことを言っててもう全開。こういうのが欲しくてここに来たのだ!!!
ゆななの入場は『意外にマンゴー』で、客の全力コールに応えつつリング外を周りながら笑顔を振りまく。あぁかわいい。
並木さんと意気込みなどを話すゆなな。並木さんの背後にいると顔を見る機会が増えて役得だった。「第三試合ともなるといきなり強敵ですね」などど、ゆななもこの状況に適応しきってる様子でこの空間のヤバさ増幅に一役買っていた。
リングに鎮座するクマの周りを、ゆななが回り込みつつ様子を伺い、しっぽや耳をツンツンとつつく画。椅子プロレスとかそういうヤツの様相。
ゆなながクマの足に触れたところで、クマのバランスが崩れて前のめりに倒れ込む。
まさにあの曙。
f:id:fivetimechamp:20171208000415j:plain

ダウンカウントが数えられる中、7くらいでゆなながクマを持ち上げて高い高いからの上に放り投げ。叩きつければプロレス、叩きつけないからゆななが可愛く遊んでる画。可愛い。
遊んでるうちに観客席から「かわいい!」の声が出始め、並木さんも「相手を倒すことなく自分の手中に収めてしまった!!」などと叫びながらゴング。


……いやあ、めちゃくちゃ狂った時間だ。想像通りの流れで、期待以上にゆななも並木さんもやりきってくれてて、「なんかこんなんやっちゃってますね」的な斜に構える感じがなくてすごい。めっちゃ笑ったし、めっちゃゆななコールしたもん。

  • VS マシュマロ

入場テーマはビル・ロビンソン人間風車ですね。
並木さん「可愛さのキャッチ・アズ・キャッチ・キャン!」
僕「英国スタイルの可愛さだ!!!」
ゆななはさっきのクマと共に入場して、「プロレスに友情がある」ことをアピール(してない)。
セコンドのクマを雑にリング外に据え置き、試合開始。

マシュマロを放り投げて食べるやつに挑戦するベタなやつ。
何度も何度も失敗するゆなな。その姿がかわいい。
落としたマシュマロを律儀に拾ってトレイに戻すゆなな。かわいい。
投げるのが苦手そうで、これ難しいかなって空気になってきたあたりで見事に成功!王座防衛。

並木さん「まさに風車の理論、追い込まれて追い込まれて最後に逆転する。まさに猪木ですよクイーン・オブ・ストロングスタイル、新時代の中邑真輔ですよ!!!」
僕「滾るぜ!!!イヤァオ!!」
ゆななの何も分かってない表情がたまらんでござった!!!

  • VS パジャマ

本日最後の試合。
入場テーマはCMパンク。ホーガン、ビル・ロビンソンときてパンク?微妙じゃね???と思ったのもつかの間、
並木さん「さぁパジャマ、このモコモコで小畑の身を包み、Go to Sleepとしてしまうか!!」
なんて上手い!!!CMパンクのフィニッシュGo 2 Sleepとパジャマの繋がりあっての選曲とか深い深すぎる白夜書房サイコー!!!!!!!
ここが俺の今日のピークだったww

ゆななはクマと枕を持参し、もう寝る気満々という王座陥落のピンチな状態で試合開始。
パジャマでおじゃまに載せてパジャマを着て、「ねむい」とすぐに枕を使って横になり眠ろうとしてしまう。
そこで巻き起こる今日いちばんの大ゆななコール。ダウンカウントが進む中、コールは大きくなり、ゆななが起きた!鳴り響くロッキーのテーマ!
なのに再度ダウンするゆなな、再び沸き上がるゆななコール、そして再び立ち上がり「おはよー!!」と叫んだところで逆転勝利、王座防衛!

ちょっと時間が余ったのでパジャマゆななを撮影してInstagramに投稿し、瞬く間に200いいねを記録して防衛記録も更新。
Instagramにアクセスしていいねをつける観客に向かってゆななが放った「みんながんばれの舞」のインパクトたるや。踊りというものが世界に生まれ落ちた瞬間を追体験できたのかもしれない、そんな奇跡のようなものだった。

超くだらないのにものすごく楽しかったしなんかアツくなったというか、いやぁ楽しかった。
ゆななも、「初めての(個人での)イベントがこんなのとは」とか言いつつも「こんなにたくさんゆななコールしてもらえたのも初めてだった」ってことで楽しそうだった。

帰りに「CMパンクの選曲サイコーでした!!」と並木さんに言うと苦笑いしてました、すみませんね注目ポイントがそこでw


プロレス的なアプローチってすげぇな、めちゃくちゃに応用できるもんだなとか思った。
あともう、こんな珍奇な企画でも、変な感じにしないで真っ直ぐ受け取ってやりきる小畑優奈ちゃんがほんともうすごいっすわ。
そこんところのハートの強さとうかやってやるぞ!感というか、表面的には見せてないかもしれないけど、振る舞いの根底にはあるよねぇ。
改めて、SKE48のセンターたる所以を見たのかもしれない。だいぶ後づけしてるかもしれないけど。

水瀬いのり 1st LIVE Ready Steady Go!

水瀬いのりがライブやるのでぜひ来てください」と、水瀬いのりのオタクから誘われ?て、行くことになった。   

チケットが確保できてからiTunesで曲を揃えて、1ヵ月くらいの準備期間。かなりいい感じで、予習って感覚よりも楽しく聴いていった。お気に入りの曲もいくつかできた。  

 

そんなこんなで当日。Jリーグ最終節を見てから東京国際フォーラムへ。   

ヒロさんと連番ってオーガストライブとかESDに集団で行って以来かな?指定席のやつだとスフィア以来とかか。まぁとにかく久しぶり。  

この隣の安心感である。またぜひ!  

 

 

アルバムの曲は全部やったかな、お目当てのひとつ『リトルシューゲイザー』もあったし、準備期間でイメージしてたことはやってくれた感じ。    

『星屑のコントレイル』→『Will』→『リトルシューゲイザー』のゾーンで大満足であります。

 

 

 しかしまぁ、水瀬いのりの歌の完成度がものすごいな。   

声量もあって音もピタッと取れてて、これで1stですかマジですかと。   

特に好きなのは高音への対応。突き抜けるところと、スッとふわっとまとめるところと(印象論)、どちらもお見事!的な。   

harmony ribbon』はBメロ「心に抱きしめて」んところとか2番サビ後の「2度とないこの時を 焼き付けるよ強く強くその笑顔は宝物」んところね!!これ聴きたくて来たみたいなところあったし、アンコールの最後が『harmony ribbon』なおかげで余韻に浸ってる。   

今後も曲が増えたら随時チェックしていきたい。とても良いっすね。  

 

 

その一方、「苦手」と本人も言ってたダンスというか振りの部分は、改善の余地というか伸びしろというかが大量にあるなと。   

ぎこちなさが愛おしく感じられたくらい、見守ってあげようなって感じで。ここで迫力を加えられるようになったらいよいよとんでもない存在になるよね。  

MCがグダる人には慣れてるので俺はOKよ。むしろ、考えてること全て口から出てきちゃいますみたいな感じは嫌いじゃないw  

 

 

ざっくりこんな感じ。総じて、「いいもの見せてもらった!」って印象ですね。    

あとは俺の方が、何かのきっかけで水瀬いのり本人を好きになりでもしたら一段でも二段でも楽しさが増すのかなとも思う。   

とりあえずアニメ見ような!!  

 

取り急ぎ、感想でした。   

この度は“ご招待”いただきありがとうございました!また呼んでね!!