読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

良い感じです ― UNISON SQUARE GARDEN神奈川

(曲開け、溜めに溜めてマイクをスッと寄せて)
「良い感じです(ドヤ」
(ってやったら、マイクがOFFになってて恥ずかしかったという斎藤宏介さんのMCでした)



LiSAのツアーが終わって、入れ替わりにUNISON SQUARE GARDENのツアー期間。
とは言え一ヶ月に一回ペースだから、連続して臨むというより、一つ一つ丁寧に遊ぼうという感覚。
そういうわけで俺の2本目は、初日の八王子から1ヶ月ほど空いての神奈川県民ホール

オーケストラピットが5列分あって、通路が空いての6列目。そしてど真ん中で、ドラムの鈴木貴雄とご対面。
UNISON SQUARE GARDENの三角形に自分を結んで、ひし形…じゃないけどそれっぽい感じで、正面から受ける感覚で見て聴いた。
これまでは必ず、近い席やポジションでも田淵智也や斎藤宏介の正面だったり端っこだったりしたので、この見え方はとても新鮮だった。


ツアー初日はアルバム『Dr.Izzy』発売の直後だったから、「何この曲すげぇ!」って第一印象の鮮度を維持してぶっつけでやってた。うまくターゲットにできてた曲は2,3曲かな。
そこから1ヶ月の間、毎日楽しく聴いてあれやこれや想像したりしなかったりしてたから、もっと楽しく遊べたように思う。

そして、初日よりも曲にしっかり入れてたのを、前の方でど真ん中って環境がさらに良い感じに仕上げてくれた。
ステージの3人と上手くシンクロ、スウィング、グルーヴ、言葉はよくわからんけど、"乗れた"なって。
興奮だけじゃなくて、この"乗れた"感じに至るとまた楽しいUNISON SQUARE GARDENであった。



セットリストは多少変えてたかな。曲を変えたり、順番を替えたり。
それでも骨子は『Dr.Izzy』だし見せたいものの趣旨は変わらんよ!ってところかな。
まだライブで聞いたことのない曲、今後どこかでやってくれたらいいなぁ。まぁこのツアーで必ず!ってわけではないけど。

次は長崎。また1ヶ月以上空くから、わくわくしながら待つことにする。

気軽に大きなおまけ ― LiSAめざましライブ

7月に「Hi FiVE」ツアーが終わり、8月9月のLiSAはフェス期間。
俺はこのめざましライブのみの参加予定。するってぇと、これでしばらくお休み。
ツアーを堪能しきった後なので、どうしよう寂しいとかいうよりは「じゃあまた元気で会おうね」といった心境で臨む。

入場整理番号は700くらい。荷物あるし座りエリアぎりぎり取れれば良いかななんて思ってたら、前に空きがあった。
試しに前進して確認すると空席ってことで、この番号で最前列が取れちゃった。これはラッキー。
上手の端だから見難いし、大好きなギターのCO-Kさんのポジションは壁に隠れてしまっている。でも後ろが確実視されていた番号で最前列にいられる、このメリットは大きい。

同じような境遇の人と隣り合ったから雑談しつつ開園待ち。これがなぜか48の話に花が咲くという展開w
なんかやたらと元48ヲタとこういう一期一会な感じがあるね。ボーダーレス社会ってやつだね。きっと違うね。

開演してメンバー登場すると、やっぱりCO-Kさんは基本的に見えない。まぁ想定内だし、入場前に想像していたより何倍もLiSAが近いからOK。最前列だと前のスペースもしっかりあるしキャッキャはしゃぐのにうってつけだ。
曲数は7曲、新譜から2曲あって時期的には妥当なライン。そもそもここで趣向をこらしたセットリストなわけないし、「オレンジサイダー」で夏の夕暮れを感じさせてくれただけで十分でしょう。
ツアーのおまけ感覚でヘラヘラ来た上に最前列が転がり込んできて、これで「アンフィル」とかやってくれたら棚から落ちてきたぼた餅で頭打って死んじゃうわw
Rising Hope」を盛り上がってるところで「まだまだ終わらんよ!」って繋げる手法をよく使ってるけど、これがまた大好きで。今回は「Rally Go Round」からイェーイってなってるところからぶっ込んでくれた。あぁ目の前にロープでも柵でもあればw
お祭りだからね、楽しく遊ぼうねって要素100%がイチバンよね。

CO-Kさんが基本的に見えない悲しみは、たまに前に出てきた時にめっちゃ手を振って推しジャンして「おまえ元気やな!」って感じに返してもらうことで癒えました。いやぁかっこいい、好き!
そしてLiSAですよ。俺の席の目の前はステージというより看板スペースで、看板の前には一人は通れるかなってくらいの足場しかなかった。
本編中はここまで来なかったけど、アンコール「halo-halo」で目の前まで来てくれた!ありがとう!可愛い!大好き!我愛! CINTA! LOVE! AMOR!愛!
開演前に雑談してたお兄さんと「勝った!」「いい日だっ!」とか言いながら、目の前にいたAメロの間じゅうはしゃいで跳んで。そんな様子が翌朝のめざましライブで一瞬だけ映ってて笑った笑った。


楽しかった。チケ代と番号から見積もった何倍も楽しかった。
こういうラッキー、次はいつ来るかわからないけど、また来てほしいもので。もちろん、後ろなら後ろでLiSAなら楽しく遊べるけど、そりゃもt

それぞれの「特別」をつくる ―LiSA札幌およびツアー総括

ツアーファイナルはZepp Sapporo
個人的には今ツアー初のライブハウス。やりたい放題やってきたホールよりは、周りを気にかける必要があるけど周りと関わりあえる楽しさもある。
ステージ上を堪能する本質は変わらない。

950くらいの番号でスタート位置は2~3柵の間。最後はCO-Kさんと遊ぼうってことで上手。
セットはホールとちょっと違った。つっても3曲かな。スタンディングらしく遊べるようにするのに3曲で良いくらい、今ツアーのセットは強い。
圧縮で生じるスペースを使いたい人がちょうど周りに数人いたようで、互いのスペースを尊重するようなポジショニングが取れた。跳ぶのも踊るのも自在な前半中盤。
『Doctor』→『She』→『L.Miranic』の大好きな流れ。ホールでしかできない暴れ方を確立しすぎたかな、スタンディングの環境ではちょっと大人しかったかな。まぁ180%に対する115%くらいの大人しさだけどw
後半、『コズミックジェットコースター』でちょっと前に寄ったら最前~2柵の間にあるじゃないですか、"キッズエリア"。
「あるならもっと早く言ってよ!」って感じでウズウズして、『Psychedelic Drive』で突入。オールスタンディングの醍醐味これだよねってグチャグチャに遊んだった!
もっと積極的に前進してキッズエリア行けば良かったかなとも思ったけど、体力というより集中力不足というか飽きっぽいから、いちばん狂乱する『Psychedelic Drive』のタイミングで十分だったとも思う。
結果、最後は4列目くらいにいて、最前列の香川に次ぐ近さで、LiSAもCO-Kさんもいくちゃんもゆーこーさんもどんどん来てくれて、はしゃいだね。楽しかった。

ホールに慣れきってたけど、ライブハウスはライブハウスで楽しい。LiSAのライブが楽しい。



16公演中7公演に行った。過去の経験から考えると、5公演目くらいで満足度が飽和して散漫になるんだけど、今回のツアーは最後まで余すことなく楽しみきった。
セットリストとかLiSAの歌のクオリティとか根本的な部分への満足度が高かった。ホールとライブハウスの3曲の違い以外は完全固定でも、何度でも行きたくなるライブ。

そして、一つ一つを「特別なライブにしよう」としていて、その仕向け方が上手かったかな。誰だってきっとこういう姿勢で臨んでいるんだろうけど。
広島で特に強く感じたのは、「今日なんかすごく楽しいんだけど」っていうステージ上の興奮。それは客席の熱さにあてられたようだったけど、見てるこっちからすれば「そっちがスゴいからだよ」って。
この自然発生的な相互作用、グルーヴ感といったところが、このツアーの異様なまでの高揚感を作り出していたように思う。
そして、それぞれの地で違ったキーワードで客席をつかんでいったから、各公演で新鮮に楽しめた。

「プロモーターに『岡山の方が客入るよ』って言われたけど、広島でしっかり満員になったよ!」(広島)
「三木町文化交流プラザメタホール(あんまり言えてなかったw)であまりライブとかやられてないみたいで、ここでLiSAを三木町の歴史に刻みたい」(香川)
「お米がおいしくて大好きなレルヒさんのいる新潟、去年よりも3倍以上大きい会場でホール公演のラスト!」(新潟)
Zepp Sapporoを満員にするのは、東京でいうと日本武道館でやるくらいのチャレンジ」(北海道)

一行でまとめると新潟がギャグっぽいけど、ホール公演の総括とかかなり入っててちょっとしたファイナル感あったんよ。
そして札幌のこの言葉は客のテンションかなり上がった、既に元気だったのに更にヒートアップしたね。
「今日しかできないライブを」って言葉を、もう一つ突き詰めた言葉を考えて発していた。

特定の客に向けて声をかけることも多かった。
「一番後ろの端っこの、君」
「2階のいちばん前の、おそろいのネクタイ(たぶん学校の制服)の君たち」
などなど。「うしろも見えてるよ!」のもう一歩先。
香川では、「三木町文化交流プラザメタホール」がなかなか言えないので、最前列の人に振り向いてもらってTシャツの背中を何度も読んでみたり、三木町が地元の人たちに積極的に話しかけたり。
指された人はもちろん強い思い出になるだろうし、周りも印象に残ることだろう。

会場全体へ、また個々へのアプローチでLiSAの輪に引き込む。距離感を縮めて、曲への没入を強くしていった。
そしてどの会場も「帰ってきた、そしてまた帰ってくる"ホーム"」にしていく。「ここにしかない、特別」を全国に広げていった。
テーマのない何となくの地方公演ってどうしても出てくると思ってるけど、そういうのをなくしていこうっていう志向が見て取れた。だからどこの地で待っていても特別な公演だし、どこへ遊びに行っても特別な公演になる。



あと、各公演での感想でよく書いていたけど、新しいバンド・にゅーめんずの関係性が公演を重ねるごとに強まっていったのも大きい。
ツアーが進むにつれてステージ上がどんどん「楽しくなっちゃってる」のは、こちらから見ても明らかだった。そうすれば見てるこっちもさらに楽しくなるよねと。
約3ヶ月、16本のライブでLiSAを含めたバンドとして、劇的に向上していったツアーだった。



ツアーは終わり、8月はフェスの期間。10月の追加公演沖縄を経て、11月に横浜アリーナに至る。
このツアーではなかった大きな会場で、LiSAは、そしてにゅーめんずも含めたこのバンドは、どんなパフォーマンスをしてくれるだろうか。どれほどわくわくさせてくれるだろうか。
ツアーの終わった寂しさなんて感じられない。次が楽しみで仕方がない。




んー、ちょっと持ち上げすぎたかなw
でもまぁ、LiSAのこと好きみたいなんで、俺。