読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

対 ― アンジュルム コンサートツアー 2017春 ~変わるもの 変わらないもの~ @日本武道館

「歌を聴きたい、ダンスを見入りたい、表情を観察したい」が「曲に対して声を出したい、動きたい」に勝つんだよねぇ、アンジュルムだと。
恥ずかしくて動き出せないなんてはずもなく、グイッと入り込むと動く部分が捨てられていく。さてなぜでしょう。


なんてことにある程度の答えが出てきた、ような気がする。

まず、アンジュルムというか室田瑞希さんがあまりにも"見ていたい存在"な点が強い。
重心の低さ、動きのシャープさ、急制動の力強さ。「ゲームでアイドルの能力値をエディットすることになったらこうする」ってくらいの好みそのものズバリ。完璧。
歌唱力も良い感じ、ロングトーンでよくわかるのは太すぎず細すぎずな声質。ソロでたくさん聴きたいなんて思ったりする(室田好きが先行して高評価にしてる感もある)。
ショップで写真を買っていくくらいには当然にルックスも好きなわけだけど、今日の写真集を見ていたら「あれ、下川みくにさんそっくりじゃね」ってカットがあって、あぁやっとここに説明もついたなと。19年前と好みがあまり変わっていないとw
ともかく総合的に見てかなり"オーダー通りに好き"な感じが強くて、じっと見てて満足できちゃうところがある。「リアクションを返して楽しさを増幅させる」よりも「一秒たりとも視野から切りたくないし見た情報を記憶に留めたい」を優先していた。
この辺は、今日も先週の中野も先月の三郷も2階席だったというのにも起因しているかもしれない。労せず見えるんなら動くのにキャパシティを使えるかもしれない。


そしてやや問題なのはアンジュルムスマイレージに隔たりを感じているところ。
「すっげー好きなアンジュルムの曲」から「よく知らないスマイレージの曲」ってなった時に気持ちが寸断される。曲調もだいぶ違うし、ワンマンなのに対バン見てる気分にすらなる。
「だって室田いないし曲が多いしめんどい」ってことでライブで見た聴いたものを復習しようスタイルで行く以上は、完全解決に長ーい時間がかかる。秋あたりまでにYouTube先生のご指導を受けておこうか。
この辺については、今日のMCで「ツアーのテーマが『アンジュルムスマイレージ』」って言ってたりなぷーとか、「『アンジュルムはもう違うのにスマイレージの曲をやると(客が)沸くのが違和感あった」とか言ってたあやちょには汲んでもらえるかなぁなんて。
うまく折り合いをつけておいたほうがいいだろうけど、決して受容できないようなことじゃないのかなと。新規なりの悩みってことで、うまいこと取り組んでいこ。


なんか全然ライブの感想じゃないな!!!


セットはホールツアーとほぼ同じ。新曲3つと『有頂天LOVE』が追加されてたのかな。ってかこれがホールツアーのファイナルだから同じなのは当然だよね。
序盤でセット組み替える気配がなかったんで、「『カクゴして!』投入と『次々続々』フル」の期待は早々と取り下げておいた。そういう日じゃなかったんだよ。
そうなってくると新曲のチェック以外は通常営業ってことで、↑のとおり見る聴く基本にして後半の『大器晩成』からグイと上げていく感じとなった。
『愛さえあればなんにもいらない』どうなんだろうね、結構な変化球だから慣らしていこうねってところで現状。
魔女っ子メグちゃん』は遊びまくれる。アニソンちびっ子大集合、ナニワ金融道。こんなん武道館で口ずさめると思わなかったw悪ノリが過ぎないようにな!
『ナミダイロノケツイ』が相川さんへのメッセージだった。と思う。まだ彼女を見たことない自分としては、「9人のアンジュルムを見られる日を」というところで。



今日でアンジュルムそしてハロとの春シリーズが終わりということで、そこんところ総まとめ的に見ていたり"次"に繋げる何かを考えたりしながら見ていた。
楽しかったし良いもの見たなって思うんだけど、まだスイングし始めた段階で「これ!!」っていうスイートスポットにはまだ当たってない。自分の持つ情報量を増やしていくのが第一。
秋にツアーとかまたあるんなら、他の日程めっちゃ詰まってるけど入れ込みたいところ。

グラタンに視力回復効果があるとかいう怪情報 ー Juice=Juice LIVE AROUND 2017 ~NEXT ONE SPECIAL~@名古屋

「開演直前にケータリングのおいしいグラタンを食べたら元気いっぱいで、客席のみなさんの歯にノリが付いているかわかるくらいよく見える」とか言い出す宮崎由加さんのことが好きかもしれません。


今日は金山の日本特殊陶業市民会館ヴィレッジホール。よく日程とかで見かけることはあったけど、入ったのは初めてだなぁ。あ、見かけたのはフォレストホールだったかもしれない。
開場30分くらい前に着いたら外に人がほとんどいなくて「え、今日の客って俺ら3人だけ?VIP?」って不安になったけど、ロビー的なところで待ってただけだった。安心したけど、もっと外でモリモリやっててもいいんだぜ?(モリモリやってたらウザいとか言いそう俺)
席は一桁列の下手端っこ。スピーカーに遮られてステージの下手側が見えない。でも近い!
Juice=Juiceのみんなの表情がよく見えたなぁ。端っこで角度がついてるから、メンバー同士で向き合ってる時の笑顔とか見えるしこれまた良い。
山形と岐阜で「はぁ好き」ってなったイントロとか間奏を口ずさむゆかにゃも堪能できた。なんだかんだ、近いのは正義。
ゆかにゃの表情の切り替わりとか、視線の運び方とか、4回目じゃまだ全然慣れないね。なんなんあれ、ドンペリ入れさせてほしい。



セットリストは中野の夜と変わらず。良いセットだと思うから構わないしまた遊べて良かったなと。
「『地団駄ダンス』でジダンが地団駄しよう」意欲が興っては沈静化するを繰り返して、結局は何も用意しなかった。でもまぁ、振りコピにもなってない感じで手を動かしながらギャアワォイヤァオって叫ぶのがめっちゃ楽しいんだよなぁ。キンブレを2時間も持ってられない落ち着きのなさだからこれで良いのかもしれない。
むっちゃ好きな『五月雨美女がさ乱れる』のサビはゆかにゃが下手端に来てくれるから更にむっちゃ好きになるやつだった。右腕を後ろに振り回すあの振りが楽しすぎる。
『ロマンスの途中』のクラップ祭に命かけた。MV見てから絶対ここでアホほど叩いてやるって思ってたから、ホールツアーでセット入りしてほんと良かった。アホほど叩いて手が痛いぜハッハー!
『Girls Be Ambitious』の自由な雰囲気(特に佳林ちゃん)で遊びまわるのは無限にできるね。大好きルーレットは事前に用意してたのか気になる。
本編が『Goal~明日はあっちだよ~』でアンコールが『Magic of Love』で締められるの幸せな気持ちが爆発するねぇ。
ラジオで聴いたGoalがめっちゃ良い感じでCD買うぞってなってライブ行くぞってなったから、単に好き以上の気持ちあるな。ってかGoalを音源化してくれたら無限に聴きまくれるのになぁ!あ、武道館のBlu-rayを買えばいいんじゃん。買お。


これで春ツアーへの参加はおしまい。次の予定はないけど、秋あたりにまたお会いしましょう。

Swinging ― アンジュルム コンサートツアー 2017春 ~変わるもの 変わらないもの~ @中野

4月の三郷で「ん?」と引っかかるような感覚がいくつかあった。
それはきっと、「2階のいちばん後ろか」「スマイレージの曲わからん」「フルサイズでやらない曲けっこーあるな」とか、新しく受け入れていく作業だったのだろう。いやまぁ、楽しかったんだけどね。
後ろである部分にちょっと身構えすぎたかな、野鳥の会のごとく見ていく姿勢に傾倒してったらライブに入りきれなかった、、のかもしれない。

そんなこんなで中野サンプラザ、ホールツアーとしてはファイナル。
3日のJuice=Juiceの時にも思ったけど、「中野サンプラザは相性がいい」って先入観があるから、自然とアグレッシブになれた。席は三郷とほとんど同じだったんだけどね。
姿勢を前にすればあとの引っかかりは軽いもので、フルでやらないんならグッと気持ちを詰めていけばいいとか、わからんって思った曲も2回目なら多少はわかるにランクアップしているねとか、楽しく遊べる感じは上がっていった。
身体が動くのは結果でしかない。気持ちが跳ねていくかってところで一つ進められたコンサートだった気がする。
「スイングする」ってプロレス観戦用語?的なものにもなってるけど、今日でアンジュルムとスイングし始めたかなって思う。曲を聴いた時は一気に起ち上がっていったんだけど、意外なものだね。

日曜のコンサートについて木曜の夜になって書き始めたら、興奮よりも考え詰めたことの発表が先になるのはまぁ、そんなものだ。

で、さ!!

一曲目の『I 無双 strong!』かっちょよくて好きだからさっさと音源化して売りやがれって話よ!!!!
このド頭から室田が俺のめっちゃ好きな感じでギュインギュインの切れ味で踊ってて、もう最高っすよ。ほんと室田すばらしい。どストライク。
Juice=Juiceのゆかにゃがガードを外してくるとしたら、室田はミット構えたところに的確に打ち込んできてくれる感じ。見ていて爽快。
室田が歌って踊ってるの見ながら「あぁもう!最高!!」って反応してるのが大半だったな。それでいて、他の子たちもキャラクターを掴みつつあるから見どころが増えてきた。そこがまた、楽しさ増してきてるポイントっすな。
りなぷーが喋るの期待しちゃうし、曲中も言われてるほど省エネでもなんでもないじゃんって見解が立つくらいには「あぁ楽しそうっ」って思いながら見ながら跳ねてた。

ホールツアーで初めましての『大器晩成』から『次々続々』『ドンデンガエシ』『出すぎた杭は打たれない』の一連のでガツッときた!
中野のこのゾーンだとようやくアウトプットも自分のやりたいとおりになってたから、周りを気にせずワーとかギャーとか言いながら頭振れた。たぶんね、メンバーコールとかほとんどしない方向になるんじゃないかな!!!


この流れで日本武道館なのは良い感じだね。
成長曲線を描きつつある状態で、もっともっともっともっと、楽しく遊ぼう!


ameblo.jp

だけど、ここからですねー
5月15日に向けて私達はまた進んでいくので、みなさんも余韻に浸るのはいいですが、明日以降は武道館に向けて気合いを入れておいてください。よろしく頼みます。

この感じ、キタジがレイソルにいたころを思い出してフフッと笑った。ここでそういう熱いやつ入るんだねw
まぁ、客席の皆様と俺は関係ないけど、ステージ上とこういう風にやりあうのはね、好きっすね。