読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サイドの活動記録

だって行きたいし見たいし。

「あっあっ」って声をあげながらタブレットを地面に叩きつけたくなる ― 遊ぶ。暮らす。育てる。 SATOYAMA&SATOUMIへ行こう2017

そもそも何だこのイベントってところはリンクでも貼っておこう。
里山・里海へ行こう|SATOYAMA movement
里山・里海を楽しもう、暮らそうっていう流れを若者へ訴求するのにアップフロントハロプロに一役買ってもらおうって感じですね(ハロヲタにオッサンが多いのは気にしない)。
こうして早起きして向かうオタクが結構な数いるんだから、いかにして客を呼ぶかっていうのは大事だよね。4時半起き。

CD予約で握手会だよと。先週のライブ後を考えるとあんまり積んでも大した成果は得られないだろうってことで、むろとゆかにゃに言いたいことあると~って考えて「アンジュルムBチーム(むろ・莉佳子・かみこ・かっさー)2枚、Juice=Juice1枚」って方針で並ぶ。
ディズニー並びで延べ8時間半の地蔵とか敢行した後だったので、外で15分→屋内で1時間の並びなんてなんてこともなかったな。ありがたい。
無事にB2枚J1枚。ついでに10時からのステージ観覧優先エリアの整理券を取っておいた。


改めて見るとアンジュルムで好きな子たちが上手く固まってるなって思う。むろの時点で干支が回る年の差だというのは気にしては行けないが現実。
ここでいつもだと、何を話したとかそういうのを書いていくんだけどね、、、「はぁん可愛い」って思いながらヘラヘラ笑ってたら流されていきましたねwwwまぁまともに話せる時間じゃないのはわかっていたから、話す気もさほどなかったし良いんだけど!
1周目:むろに「広島めちゃ楽しかった!」莉佳子に「三郷いくね!」かみこに「武道館も当たったわ!」ってまで言ったらかっさーには「ハハッ」って笑いかけるしかなかった。かっさーの笑顔が素敵だったから良し。
ってかかみこちっさ!見上げてくるともうたまらんっすね!!
2周目はより酷い。対むろ用に水色シャツを着てたんだけど、かみこのアクアブルーとどっちがどっちじゃい!って感じてたから「この感じで良い?」って聞いて「うん、大丈夫!」
「あ、この人考えてないだろうけどまぁいいや」って思ってる間に莉佳子と握手し終わってて(目はさすがに合わせてる)かみこに行ってかっさーに行って終わってた。
これもし48とかだったら「惨敗だ!!」って自己嫌悪して嘆きの牢獄でズイカクとショウカクに拷問されるレベル(ドラクエVI)だったけど、これで「はぁ可愛い・・・」って満足してるんだから俺の脳も器用にやってくれてる。
やぁ、この4人めっちゃいい。
ほくほくしながらステージ観覧へ移動。


要はゆかにゃが可愛いって話ですよ!
矢島さんと交代でパーソナリティやってるゆかにゃが司会進行を務めてた。読み上げてる声がふわふわしてて早速「あぁ好き」ってなった。
番組の内容は、ゆかにゃが紗友希と行ってた農園で収穫とかしてる様子を聞きながら、途中でクイズが入ってって農業のこと知っちゃおう的な感じ。公開収録で事前に録った音声を聴く画はなかなかシュールだった。
この農園での様子を聴いてる間が素晴らしくてさ!矢島さんと話してるゆかにゃのリアクションが可愛くて「すごい やばい」ってキャッキャしたわ。矢島さんに「すごいね~」とか言われたのか「いやいやそんなことないですよ」的に照れてったっぽいところなんて見てたら、あぁぁ!!って軽く声が出ちゃって手元のタブレット(開演前にいじってて仕舞わず持ってた)ぶん投げそうになった。致死量の可愛さの前に電子機器は危ない。
うん、満足。




こっからしばらくはフリーなので、展示を徘徊していった。
この展示コーナーがこのイベントの特徴で、気まぐれ的にいろんなブースには各グループのメンバーが売り子さんとして出て来た。商品を渡してもらえる(&軽く話せる)、だいたいの場所では撮影可能となかなか気前がいい感じ。

まだ知らない子が多いから「当たり」のタイミングを引けると良いなぁなどと思ってると、最初にぶつかった人だかりが早速の大当たり!!!
ってかさっきの「むろ・莉佳子・かみこ・かっさー」やんけー!!イヤッホーイ!!
群馬県の物産コーナーで、何かしら詰め合わせを売ってた。買ってお渡されようと列を作るオタクに写真を撮ろうという群れるオタクが混ざってなかなかの人ごみ。ようし俺もむろから買っちゃうぞーと並んで見てると、むろがマスコットのぐんまちゃんと遊んでて商品のところにいないでやんのw
まぁ遊んでるの見てるの楽しかったし、ムムッってなる間もなく対照的にちゃんと接客してるかみこが可愛かったので良し。チョコうまい。
その後は写真を撮る群がりに加わってパシャパシャ。かっさーがこの群れとよく遊んでくれてまじかっさー愛おしいってなった。次の三郷で誰を見ようって話ですよ。


そこからちょっと歩くとまた群がり。今度はJuice=Juice!さっきのステージにはいなかった、佳林ちゃん・紗友希・あーりーの3人。
売ってたのは米だかおにぎりだか。まぁいいかなってところで写真の群れに加わった。
ちょうど入り込めたのが佳林ちゃんの前だったから撮って撮って撮った。うっわ可愛いすごい(ボキャブラリーの貧困問題)。
去り際に良い感じの撮れた!ってタイミングで前のオタクが手を振って被ってしまって悲しみ。自分の身体の前で手を振ろうな!!



ひなフェスのコンサートが始まったからしばらくは何もなし。アイドルちゃんらしき人たちはちょいちょい展示コーナーにいたけど、わからない人たちだったから軽く見つつ徘徊。
駅前で昼飯食って戻る。


戻った後もこれって人たちには遭遇せず、Juice=Juiceとの握手会で締め。

順番見て「ゆかにゃ最後だ!」って把握してよっしゃってなりつつ、案外と話題もバラけさせられそうだからしっかり話そう的テンション。
佳林ちゃんとラジオ絡みの話をして、あーりーには山形たのしかったーって言って、ともこには三芳町絡みの話をしたら紗友希も乗っかってきて二人まとめて話して、となかなか着実に乗り切れた。
さぁゆかにゃだぞってところで、
ゆかにゃ「あ、ピンクだ~」
と先制された。対ゆかにゃ用に買ったピンクのポロシャツをカーディガンの下に着てて、それを指摘してるゆかにゃが嬉しそうでね。喜んでくれたらこっちも嬉しくてグヘヘってなって、頷きながら
「朝の公開収録、楽しかったよ!」って言ってバイバイした。おぉ、普通の握手会っぽい。
ゆかにゃはブログで「ピンク着てくれるの嬉しい」って書いてたけど、その嬉しさが伝播したね。こっちも楽しくなってきて、ピンクのバリエーション増やしていこうかなって思う。ピンクを混ぜる服装、なんかセンスを磨けそうだw
あぁ好きかもしれん。



朝から長く動いて疲れたけど、なかなかに充実感をもって過ごせた。
ひなフェスのコンサートの方も入れば、一日の展開にメリハリ出てきそうだよね。来年は検討しよう。

アンジュルム ライブツアー 2017春~凛~ @広島

ライブ中にステージ上を見てて、思考が変な方にトリップすることがたまにある。
歌詞の一部分に引っかかって何かを思い出したりする。別に退屈だとか集中が切れたとかじゃなくて、こうして何かを想起させてくれるのも楽しみの一つかもなって思っている。

アンジュルムのライブはこの広島CLUB QUATTROが初参加。
改名後のアルバムとシングルとを聴いて参加を決めて、ライブBlu-rayを見て準備みたいな感じ。スマイレージ時代の曲は、これから出会って少しずつ肉付けしていこうかなという方向でいる。
だから、ライブ中に"知らない曲"が来ることは初めから受け入れているし、その時は曲を聴くのとステージ上を見るということをより研ぎ澄ませていこうと思っていた。
そしてこのライブツアーではソロコーナーがあって、アンジュルムスマイレージ以外のハロプロ楽曲を一人ずつ歌っていった。そうするといよいよわからないし、一人をじっくり見ることになった。

このライブを迎えるにあたって、お目当てにしていた室田瑞希ちゃん(むろ)はソロコーナー6人目(後半4人の2番目)に出てきた。
「待ってました!何を歌ってもたぶんわからないけど!!」って感じで見始めた。当然ながら曲はわからないけど、かっこいいのをかっこよく歌って踊っていた。
特にダンスのキレとか重心とかその辺がズバリ俺の好みだなって、準備段階とライブ前半で見てきてもうわかってるからソロになっても「やっぱりいいなぁ」って見入ってた。
そうして見入ってたら、「むろがこの方向性を磨いていってソロシンガーにでもなったら、(俺にとって)最高のもの見せてくれるかもなぁ」なんてことが思い浮かんで。そこから考えがあっちこっち飛んでって、気づけばむろの将来に対する期待感なんかが湧き上がってきていて。
「長らく俺の中で『絶対王者』になってる"アイツ"をぶっ倒してくれねぇかなぁ」とか、「アニプレが勝ち確アニメのタイアップくれたらソッコーでのし上がれるわ」とか脱線もいいとこまで膨らんでいってしまった。
早いよね。初めて見てる人の、先の先の先あたりを見てみたくなった。早すぎるw
ただまぁ、それだけ自分にとっては良いものだと、もっと見てみたいものなんだろうと。
("あの人"の初日本武道館公演中に「東京ドームに連れてって欲しいな」って思った時以来、と言うと言い過ぎだろうか)

「可能性を示してくれる」っていうのが、俺がオタクやってる中でいちばん嬉しいことだったりする。
もっとすごいことしてくれるんじゃないか、っていう期待・ワクワク感が、今やこれからを見ていくモチベーションになっていく。そこんところ、むろは一発で見せてしまったということ。
久々にこれは、刹那主義的な案件じゃなくて明確に将来を見据えていきたいって気がしている。

た、だ、で、す、ね!
ここで大事なのって、俺が勝手に見たその可能性とやらが、むろのやりたいことなのかは一切確認していないんだよね。別にソロ目指してないよって考えだったとしたら、このイメージの実現を夢として預託するのは悲しい未来しか導かないわけで。
そこは焦らず、ブログとか過去の発言とかいろいろ見ていって、この子が目指しているものをしっかり知るところからだね。それが違ってもまぁ、このライブで見たむろがすっごく良かったのは間違いないので引き続き楽しく遊ぼうねって思う。
これ書きながら歌ってた曲を調べました。後藤真希さんの『横浜蜃気楼』で、MV見たらなるほどねってなった。むろの方向性云々じゃなくて「後藤真希さんに寄せてった」ってことなのかもしれない。でもめっちゃ良かったんすよ!!!

一夜明けて、じっくり考えをまとめてったら「こりゃ完全に拗らせる流れだな」ってのは多少なり薄れた。いや、↑のエクスキューズが出来上がって"逃げ道"は確保できただけで、拗らせる流れには乗っかってるのかもしれないw
ウェルカムだよ、こちとら器は小さいけど晩成どころか持続成長型じゃい。

              • -

はい、じゃあライブの話をしましょうか!たぶんちょっとだけね!!


広島CLUB QUATTROは6年ぶりかな?あの時は最前列センターでアホほど暴れ尽くして、終わったら後ろにスペースが出来てたっていう稀有な体験をした。圧縮ないって素敵すぎた(当時のことブログに書いてないとか失態)。
今回は一般販売で買ったから400手前、ほぼ最後の方だった。前日のJuice=Juice山形でもそうだったけど、初期ポジション命の圧縮なしだから400超え程度でフルハウスみたいになってた。
「右端まで行って」と係員に言われたからとりあえず上手後方まで行って、さすがに詰めなきゃねって感じで詰めた時にできたスペースに入った。
ステージの上手端っこの直線上。初期ポジション命、そしてゼロズレ超大事なのが"信じたものがレスになる教"であります。


ポジション決まってから程なくして開演。
隣の人が俺と同じ色のキンブレ持ってたから、「この人がむろで振ってたら、『むろの水色と上國料萌衣ちゃん(かみこ。でも俺は上國料って声に出して言いたい)のアクアブルーってどう違うんねん問題』が解決される」と期待してた(むろで振ってた。俺ちゃんと正解)。
『恋ならとっくに始まってる』の最初のセリフを言うのが笠原桃奈ちゃん(かっさー)で、この中学1年生とか将来楽しみすぎんでしょ!って感嘆してる間に全員が出てきた。

そりゃ、むろをまずは見ていくわけだけど、もうさ、完璧っすよ。俺の中の「こういう感じで踊る子っていいよね」そのものみたいな。どストライク!『上手く言えない』で髪を振り乱してるあたりでもう大勝利宣言が発表されてましたね!!
あとは各所で言われてるエロさね。見ながら納得というか、先入観もって見てるからなんでもそう見えてくるよね。いやぁ、いいっすねw

やっぱこの、エネルギッシュな曲が多くてブチ上がるのいいね。フロアにいる客が動かないからアウトプットで100%できたわけじゃないけど、省スペース式ヘドバンでひとまず楽しくやったった。ホールでやり尽くすから大丈夫きっと。
ま、動かないのは置いといて、決まりごとがほとんどないってのは初参加でのアウェイ感も薄くて助かることにもなったかな。何はなくとも初期ポジション。
そうポジションね。移動したことでだいぶ見やすくなったし、むろがゼロズレにもよく来たし(満遍なくみんな来ていた気もする)、一発目にしては良い位置取りができたんじゃないかなと。


各メンバーについて軽く印象を書いていこう。めっちゃ短い人もいる。仕方ない。

リーダーの和田彩花ちゃん(あやちょ。誰かにとってはおねえちゃんらしい)は、大学の卒業式から広島入りってことで、最初は袴を着た時の髪型で出てきてた。レア版。途中でポニテで動きやすくなってた。
コメント一つ一つが生真面目って感じで良いリーダー良いおねえちゃんだなって。長文インタビュー記事拾ったまま読んでないから読んでみよう。

中西香菜ちゃん(かななん)のサブリーダーらしい雰囲気、優しいお姉さん感ね。まだそれくらいしか読み取れてないんで今後ぜひ!

竹内朱莉ちゃん(タケちゃん)のMCでの絡んでいきっぷりの「うっぜぇww」って面白さと、歌でキメてくれるところと、存在感かなりあったなぁ。
野球の話、俺は聞けるけどかみこがつまらなそうにしてたなw

勝田里奈ちゃん(りなぷ~)の"省エネ"のことは聞いてたけど、その落ち着いた雰囲気の人がグループにいるのって深みをもたらしてると思ったな。
喋るとなかなかどうして面白いしね。むろと同い年ってまじすかw

栄のオタクは佐々木莉佳子ちゃん(りかこ)に夢を見るんだよ!!!!見た目と話し方がもうね、ヤツを思い出しちゃうよねw
この子が中学卒業したばかりってちょっと信じがたいんですけど。そしてはーい、ものごっついパフォーマンスおばけでーす!
『ドンデンガエシ』間奏のむろと二人でやるやつ見ながら一杯ひっかけたい(ハロのライブで飲酒できないのここがつらい)


かみこは映像で見た時「あぁちょっと好みとは違うな」って思ったけど、生で見るとあぁ可愛い(・∀・)ってなったw
メンバーがだいぶ可愛がってる感が見て取れたな。「楽しかったですかー?」って挙手を求める時の表情がめっちゃいいっす、思わず大声で返事しちゃいますね。

かっさーはちょっと上でも書いたけど、ほんとこれからどんだけ伸びていくんだって。曲中の大人びた表情にドキッとする一方、喋ると中学生らしくて安心するね。

むろは喋るとちょっと抜けてるかな?って映像みてて思ったんだけど、それは喋り方に依ってるのかもなぁと。MCで話すエピソードは筋道立ってて面白かったし。



終演後の握手会はJuice=Juiceと同じく流れていくやつだから、同じく「楽しかった、ありがとう」で。
かななんが「あ、オズワルド」となってたからやはりこのウサ公は実力者である。今後もちょくちょく一緒にライブ来てくれよな。

むろについては、前半部分の拗らせ警報大発令中だったから頑張ってしまった。
「初めて来たけど楽しかったです!むろたん好きになったかもしれません!」ってまくし立てるために速度落として粘ったらそりゃスタッフさん軽くおこですよね。すんません。
ワ~って言ったけど聞き取れたみたいで「あ、ありがと!」って感じにはなってた。
「どうしても上手く言えない~」って歌いながら帰ることにはならなくて良かったっすね!!


ってことで、楽しかったー!と、やべぇめっちゃ好きかもしれん!と、あかんこれは拗らせたかも!とが入り混じった充実の広島だった。
次はホールツアー初日の三郷市文化会館。2階の最後列だから遠慮なくやろう。

(レスきたと)信じていれば叶うって ー Juice=Juice LIVE AROUND 2017~NEXT ONE~ @山形

自分の中での盛り上がり方と、その時点で行くの決まってたJuice=Juiceが5月の名古屋で、「こりゃ待ちきれないよ!」と確保した山形ミュージック昭和Sessionの14時半公演。
山形はJリーグでしか行ってない(つまりスタジアムと周辺しか見てない)から駅前を散歩したり土産物を見るのも新鮮だったな。月山ビールおいしかった!


整理番号が200手前だったけど、FCと一般の間に抜けが40くらいあったから多少は早めに入れたかな。キャパシティの8割くらいの入り。
二段になってるフロアの一段目後方に落ち着いた。フロアを動かない文化なんだろうね、皆さん余裕で荷物を持ち込んでる。
そうなってくると初期ポジション命だし周りとの身長差とか考えないとヤバいなと、真ん中から下手側に移動した。より広いスペースを確保できた。

開演前の影アナは宮崎由加ちゃん(ゆかにゃ)。現状Juice=Juiceでお気に入りです。
まぁよくあるけど、ゆかにゃの読み上げる注意事項に客が「はーい!」って返事していったんだ。
そしてらゆかにゃ、楽しくなってきちゃったのか笑いがこみ上げてきて堪えようとしてカミカミになって、「真剣に、真剣に」とか言いながらまた笑い出してグダグダで。開演前から、あぁかわいいと骨抜きになった。

公演中は、楽しいのとかわいいなぁに満ちてた!
まず自分のポジショニングがゆかにゃにバッチリ合ってたのが一つ大きかった。「ここでしっかりゼロズレ引く俺の嗅覚!ゆかにゃとの相性!!」って高揚感が出てきたね。
実際にあっちが見たかなんて重要じゃないんですよ、決めの視線とか指差しの斜線上に自分がいれば、信じきれればそれがレスになるんですよ!!だからゼロズレこれ大事。

セトリは事前に把握していった。どれも好きだから楽しかったけど、『伊達じゃないよ うちの人生は』でYES!しまくったの特に楽しかった。
あともう『GOAL ~明日はあっちだよ~』が大好き。これが聴けるのは大きなモチベーションだったし、幸せ!ってなった。
この曲のここが楽しいかわいい、言い出したらキリがないからオタク飲みで意見集約してからいろいろ書くわw


初回だしひとまずお目当てのゆかにゃ重視で見たけど、映像じゃ発見できなかった魅力あるねぇ。
間奏のリズムに合わせて「パッパッパッ(文字列じゃ難しいな)」って口ずさむのめっちゃ好き。楽しんでる感じが伝わってくる。
あとは視線の流し方がもうね。ターンして後ろに向かう時なんて「ワーッ」って声をあげちゃった。
そうそう、家でMV見ながら「アッアッ」って感嘆の声をあげてたんだけど、これがライブ中も何度も出た。
もうね、たまらんっすよ。目を細めて笑うゆかにゃ。
不思議ちゃんとかじゃなく、俺の想定とちょいズレの所作でガードの隙間を撃ってくる感じ。これはしばらくKOされっぱなしだろうなw


Juice=Juiceの5人それぞれの特徴というか魅力というか、見えてきつつあるかな。
いちばん掴みきれてないのは植村あかりちゃん(あーりー)だけど、シュッとしたクールな雰囲気に見入ってたら、佳林ちゃんの回し蹴り(後述)を迎え撃ったりわちゃわちゃする一面もあった。
もうちょい掘り下げていきたいけど、どっかでこれ!ってポイントありそう。

高木紗友希ちゃん(さゆき)は歌声の力強さね!!ロングトーンの太さと勢い素晴らしい。パワータイプの歌声は好きなタイプなんで、これを聴きにくるのもモチベーションになるんじゃねってくらい。
Juice=Juice知り始めに見た動画で西川貴教さんに「高木だしブーな」って言われて先行してイメージついちゃったけどとんでもございませんでしたw

金澤朋子ちゃん(ともこ)はなんだろうな、見てて安心する。なんでかはまだなんとも言えないけど、見ていきましょうか。あと声好き、パート終わりの「カモーン」とかの余韻が素敵!
たまに俺の勤務地あたりでお仕事してるっぽいから、何かイベントあったらぜひ遊びたいね。

宮本佳林ちゃん(佳林ちゃん)は『GIRLS BE AMBITIOUS』でやった「髪切ったの気づいたひとー?いま手が挙がらなかった人みんな失格!」のくだりがとてもかわいかった。わがままさ、客を転がしていく感じ。
元気いっぱいに髪を振り乱して汗だくになって歌って踊って煽って、エネルギッシュなの好き。
あと佳林ちゃんは俺がやってる格闘技系のレッスンに行ってるらしくて(ラジオで言ってた)、それ故に回し蹴りがシャープだった。個別でこの話めっちゃするぞ(・ω・)ノ


5人とも魅力的だねぇ。そもそも、注釈なしに可愛くてパフォーマンスもクオリティあって、これだけで満足できちゃうもん。いやぁ、良いっすねJuice=Juice!
次に行く岐阜までにまたいろいろ見て聞いて、もっと楽しめたらいいな。



終演後の握手会は、過去に経験したノンストップなハイタッチとかお見送りよりちょっと落ち着いてるかもくらいの流し握手会だったから一言「初めてでした、楽しかった!」をそれぞれ5人に。あちらもお返事してくれるくらいの流速。
ゆかにゃには「ゆかにゃ好きです!」的なことを付け加えたかったけど厳しかった。岐阜とか行くだろうリリースイベントでなんとかしよう。
普段着で行ったんだけど、着てたTシャツにさゆきと佳林ちゃんが反応してくれた。キミやっぱりコアな人気あるよな、オズワルドよw