そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

⑧5/7→27 考えごと。

最後の握手会からの3週間。まだ3週間だなと、日数の経過が遅く感じられるほど、気持ちを激しく浮き沈みさせながら生きている。
特に握手会後の1週間くらいは酷かった。ネガポジの極限を行ったり来たりで忙しかった。

浮き沈みしている間に、内山命ちゃんの卒業は着実に近づいている。
みことちゃん自身がブログ等で言っているとおり「最後の○○」を一つ一つ終えていき、そんな最後の○○やその報告を見聞きし、「あぁ終わりが近づいているな」と思って過ごした日々。

プレゼントやお花の準備がほとんど整ったのは5月半ば。そこからというもの、自分の心の準備のような作業をひたすら繰り返していた。
どのように5月末を迎えて、そして6月以降はどのように生きていくか。
いろんなこと考える。特に握手会の締めくくりのことは結論が出ないからずっとあっちに行ってこっちに行ってとなっている。
未来への夢や希望なのか、今後の自分に嵌めた枷なのか。それは今はわからないけど、自分の素直な気持ちを出して、共有してもらったことは揺るがない。
現状はこれが落とし所なのだろう。気が狂ったルート設定なのは間違いないから、楽しく行けるといいね。

この3週間ほど考えを煮詰めまくっている。この記事も書いては消し書いては消しってしていた。
ここで書いた何百倍も纏まらない思考を繰り返して、いろいろな気持ちになった。
いろいろな気持ちに合った曲ってのが自分には何かしらあるなってのは発見であり、興味深いことだった。
これは主にアニソン、声優さんの曲だったりする。事後に時系列順に並べてみるときっと楽しいからやる。


そんなこんなで気づけばもう劇場最終公演まで3日を切った。これを書き終えて投稿したら、もうすぐ当落が出る頃だろう。
当たるイメージが全く沸かない。劇場に手紙やプレゼントを投函した後はホテルに舞い戻る気がしてならない。
曲がりくねった道を歩いたり走ったりしてきたから、最後もすんなりと行かないだろうなって予感がしている。
もちろん入りたいよ、劇場最終公演。たのむ。

⑦5月5日~6日、飲み会と最後の握手会二日目

サ「昨日のみこっ党飲み会、行った」
み「おぉ」
サ「ずっとそういうのはノーサンキューだったんだけど」
み「そう、そういう感じの方だと思ってた」
サ「長い時間をかけて考え方が少しずつ変わった」
サ「みなさん受け入れてくれたんで、楽しかった!」
み「それは良かったやん」

というわけで、5月5日のみこっ党飲み会に行った。

「サイドさんがこういうのいるの珍しい」って、みこっ党の人もだし声優のオタクにも言われた。
そして内山命ちゃんにもしっかりソロ系オタクであることが伝わっていた。オーラ出てたかな?w
話すの初めてって方もいたし、多少なり打ち解けることはできたと思う。


最終日の方針は、「最後の最後以外はいつも通りに話したいことを話す」。
他愛のない時間を分けあう『No More Time Machine』方式。



サ「沖縄ゼロポジの次回予告に出てた“バンジーそば”、あれ行ったことある」
み「まじで!」
サ「あれ面白かったね!」
サ「おじさんがハイジの歌を歌いながら(ゴンドラ?ブランコ?)押してこなかった?」
み「いや、それはなかったな」
サ「『口笛はなぜ~♪』って歌いながらやっててそれも面白かった」
サ「俺の時の方がサービスされてたんかなw」
み「かもな笑」

2ショット撮影当たる。着替え。

サ「アロハ~」
み「あーかわいい!」
サ「ほら背中も」
み「めっちゃ良い」
撮影。
サ「アメリカで一目惚れして買ったんよ」
み「ええな、私も卒業後は海外旅行とか行こうと思ってる」
サ「アメリカのディズニーいいよ、東京よりも遥かに空いてるし!」
み「まじか!いいなぁ」

動画撮影当たる。

撮影完。
サ「学生のころ、ラジオ番組を作るサークルに入ってて」
み「そんなんあるんや」
サ「そこでキュー出ししてたなぁって今の撮影(でキュー出しして)思い出したw」
み「やりやすかったで!笑」
サ「推しのアイドルにキュー出しできた達成感!」

サ「職場でSKEぜんぜん知らない人が、“NHKでやってたオタクのドラマ(トクサツガガガのこと)面白かった”って言ってて」
サ「“それ、私が応援してるアイドルが出てました”って写真見せたら、“この子めちゃかわいいって思ってた”って!!!」
み「おぉ!」
サ「そういう人のところまで届いたんだよ、あなたは!」
み「今後の(生きる)糧になるなぁ」
サ「NHKのドラマに出るってものすごいことだったんだね」

サ「3月にK2公演に入って」
サ「なんかもうK2の個性に溢れててすごかった」
サ「(K4th大好きな)老害が一人、死んだなって思ったよ」
み「そこまでか笑」
サ「だから副リーダーさん!そういうとこ気にしてる子がいたら言ってあげてね」
サ「ちゃんと一人は“倒せた”からってw」
み「わかった笑」

サ「今スマートフォン開いたら友達から、『ディズニーランドでかわいいキャストさんどこにいるか教えて』って入ってて!」
サ「んなこと知るか!!!ってなったw」
み「はっはっは!!そりゃそうやろな!!」
サ「なにその質問!ディズニーに詳しいってそういうことじゃないだろってw」
み「(笑ってる)」
サ「そんなデータあったらこっちが知りたいくらいで」
み「それ私も欲しいもん」

サ「(3月29日の)卒業発表の翌日に惣田の舞台を見に行って」
サ「席に着いたら隣が○○(SKEのOG)だった」
み「まじで、そんなことあるんやな!」
サ「もうびっくりした!ちゃんと普段着で良かった、(SKEの)ファンだってバレないように平気な顔して座ってたw」
み「あわあわしながらも笑」
サ「元気そうだった」
み「そうやな、変わらず元気やで(会ってるようで)」
サ「開演前に一つ山場があって面白かったw」

第1部時間切れなので最後は手持ち3枚出し。ちょうど、長くなりそうな話題を持ってたので狙いどおり。

サ「これからどうしようかなって考えて、」
サ「~~~をしてみようかなって思った」
み「おぉ!」
サ「今すぐじゃなくて、~~~~~ってなるんだけど」
サ「そしたら、みことちゃんも~~~とか~~~って感じになって」
み「なにそれめっちゃええやん!!!」
サ「ホントにそうなったらロマンチックだよね!」
サ「だから仕事ちゃんと頑張っていこうって思えてるんだ」
み「すごい!いいね!!」
サ「そんなわけで、“~~~!”ってことで!!!」

夢の内容はここでは割愛。知りたい方は聞いてね!
自分の夢を、みことちゃんと共有することができた、応援してもらえたってのがとてつもなく嬉しい。
俺は生きるぞ。



第2部は1枚しか取れなかったから、最後の挨拶。

サ「劇場で初めて見て好きだって感じてから、9年3ヵ月」
み「おぉ、そんなに長く」
サ「そこから紆余曲折!上がって下がってまた上がってみたいな!!」
み「うん、間違いないな笑」
サ「そんな俺が、最高に好きだって言える中で卒業を迎えられるのって幸せだなって思う」
み「私も嬉しい」
サ「だからこのまま、一生好きでいさせてください」
み「うん。好きになってくれて、ありがとう」
サ「はい!それじゃあ、卒業公演でね!!」
み「ありがとー!」

「お久しぶり」を繰り返し、あまつさえ推し変をした後に出戻るなんてことをした。
こんな自分でも楽しく遊んでくれてとても感謝してる。

そして、“ディズニー&霧島おじさん”なんてポジショニングで、スタンスが確立できたのも満足している。
みことちゃんに喜んでもらえたり楽しく話せたりして、自分の中では面白い意味付けができて、ネタを考えて動くのがとても楽しかった。
残りの日々、卒業公演にむけたあれこれでも、しっかり出し切りたい。

⑥4月26日~5月5日、アメリカ&最後の握手会一日目

アナハイムのディズニーランドはとんでもなく楽しかった!
昨年の滞在時は休止だったりで行かなかった「カリブの海賊」や「ワールド・オブ・カラー」「ファンタズミック!」「Guardians of the Galaxy – Mission: Breakout!」「インクレディ・コースター」「ピクサー・パル・ア・ラウンド」、
間もなく日本でも登場する「ソアリン」、昨年よりも良い席で見られたハイペリオンシアターでの「Frozen(邦題:アナと雪の女王)」…。
パークに入った4日間ほぼフルに回って、日本にあるものとは違いを見つけておぉ!ってなり、アメリカにしかないものでは新鮮な体験をたくさんした。あぁまた行きたい。

そして今回は日程を確定させてから余裕があったので、「いろいろ買い物するぞ」ってモチベーションもあって、そしてしっかり見て吟味して買いたい物を買えた。
自分の買い物と、友人知人へのおみやげと、そして、内山命ちゃんへ送るおみやげと。
パーク内のお店は全て入って見て回った。共通の物が多かったけど、アトラクションやショーにちなんだ物はココにしかない!みたいなのもあって楽しかった。
みことちゃんとディズニーの話をすると「ええなー、最近行ってないから行きたい」って感じ。強いこだわりとかはあまりなくて好きは好きだよ~ってところかな。
だからおみやげもめっちゃ工夫せずに「これいいな」って思った物から選んでいった。
気に入ってもらえるといいなぁ。
そして、⑤で書いてた“アレ”については、5月5日(日)の握手会レポのようなものを添えて。まぁツイートしてるけど。



おなじみ、言いたいことを言うのに夢中でみことちゃんが何て言ってるのかを覚えないやつ。

サ「うっす」
み「おっ」
サ「この前、一週間くらいアメリカのディズニーランド行ってさ!(あっちで買ったTシャツドヤ)」
み「すごい!!」
サ「もうめっっっちゃ楽しかった」
み「うわぁええな~」
サ「で、あっちからエアメールでみことちゃんにファンレター送ったよ!!」
み「おぉ」
サ「なんとアメリカにみこっ党が!と思いきや宛名見たらめっちゃ俺なんでw」
み「ハッハッハ(笑」
サ「あとおみやげも買ったんで送るね」
み「待ってる、ありがと~」


ゴスペラーズのアルバムで最初に聴いた『Love Notes』収録曲でのお気に入りが『AIR MAIL』で。昨年夏くらいから復帰してから「いつかみことちゃんに送るぞ」って思ってた。
「2019年の生誕より前には卒業するんだろうな」って予想してた一方で「フロリダからエアメール送りたいな」と思ってたけど、それは叶わなくなってしまった。今回のアナハイムが最初で最後のチャンスだった。


アメリカに着いてホテルにチェックインしてすぐ、切手を探してコンビニ行ったら「ないよ」って言われた。
次に、ホテルの売店で切手ある?って聞いたら「何を言ってるんかよく分かんない」って言われちゃってやべぇコンビニも伝わってなかったなこりゃって焦った。
「日本にポストカードを送りたくて」って言い換えたら、「そういうことね、ゲストサービスに行けばやってくれるわ!」って教えてもらった。
ゲストサービスに行って、「フロント横のメールボックスに入れてね。送っておくよ。切手?こっちで用意があるから探さなくて大丈夫!!」とのこと。なんて素晴らしい!
じゃあ早速ポストカード買って部屋で書こうってことになり、売店に戻ってポストカードを買う。
さっきの店員さんがいて、「ゲストサービスには行った?」って聞いてきてくれた。
「さっき行ってよくわかったよ、このポストカードに書いて送るつもり。ありがとう」って返して「そりゃよかった!」とにっこり。
アメリカのディズニーでもこういうキャストさんとの交流で心が温まる経験ができた。めちゃ嬉しかった。
文面はまぁ普通のことだけど、書いてるこっちからすると色んな出来事や気持ちが詰まった渾身の一枚になった。オタクの自己満足はかなり高い


時系列めちゃくちゃだけど読むの頑張ってね。書いてる俺も頑張るからw


5月5日と6日の2日間で、みことちゃんの握手会が終わる。
6日は10枚くらいあるけど、5日は2枚しかない。だから5日は初めから、このディズニーってかエアメールの話と、もう一つ何かしら話題をって方針にしていた。
もう一つは、当日に行く道中までの候補から直前で差し替えた。直近の出演番組の話を、自分らしい切り口で。

サ「昭和レトロの『(SKE48の)バズらせます!!』面白かったよ」
み「割烹着のやつな」
サ「あと俺からすると、『みことちゃんと黒霧島のボトルがテレビで一緒に映ってる』ってのが最高だった!!」
み「それはそうやな!『俺のやつ~!!』ってなってたんやな笑」
サ「まさにそれww」
サ「今後とも、霧島酒造をなにとぞご贔屓に…」
み「もうね、ほんまに好き。大好きなんで…!」
サ「めっちゃ嬉しい!!宮崎の工場のレストランとかもおいしいんでぜひ遊びに行ってね……よし、手紙にいろいろ案内を書いておく!!」
み「よろしく!!」
サ「じゃあまた明日!アディオス!!」

なんで黒霧島が俺のやつなのかについてはこちら。

⑤サイド、内山命ちゃんに何か贈る
http://sidekun.hatenablog.jp/entry/2018/11/24/120818

霧島といい、ディズニーといい、2018の復帰後はこの個性?を前面に出して話をしていった。
それらの集大成、、、って言いつつも中身それ自体は他愛のないもので、楽しく笑いあってすごせた。

握手会の会場までの電車でも、列に並んでる時も、「もう残り少ない時間だな」って思うと涙が出そうになる。
それを吹き飛ばしたいというか、そんなしんみりしっぱなしじゃイヤだよね!って気持ちで、みことちゃんとの楽しい握手会は楽しくやろうって臨んだ。そして楽しかった!!
明日はいよいよ最終日。しっかり準備して、めいっぱい楽しんで、締めくくろうと思う。