そしてオタクは続く

だって行きたいし見たいし。

リスアニ!!LIVE 2017 CROSS STAGE

LiSAとはいつもどおり。
いつもどおり、LiSAがチャンピオンたる所以を見せつけてくれ、楽しく楽しく遊んだ。

話はKalafinaである。
ツーマンだからじっくりしっかり聴き込んで臨み、他のフェスよりも多くの曲をやってくれ、"選択と集中"が進んで手元に余裕がある状態で取り入れることとなった。
この環境が揃ったからこそ、手にできた感覚。

まだまだ新規で、「若い子の成長を見守るね」以外のものを、このアニソン業界で見つけられた。
んまぁ、過去にどれだけスルーしてきたんだって話なんだけど。受け入れる態勢が整ったのが今だったということだ。
どの曲が良かったとか、どんなことがあったかとか、そういった具体的なのはなかな書ける状態にはなく。
「こりゃあ、きたな」って感覚に途中から満たされっぱなしだった。もう一回、しっかり準備して今度はツアーのどこかに。

今、Keikoさんの低音にめっちゃ興味津々。

追記する気が起こったら、明日の舞浜でのショー待ちのときにでも書くわ。ま、舞浜に行く気力が出るかってくらい今日がものすごく満足している。


-----以下、追記-----
この組み合わせが発表されたのが9月だったかな?4,5ヶ月の準備期間があって、Kalafina漬けってほど急激にする必要もなく、ほどよいペースで準備できたと思う。

過去に2010年のリスアニとか、アニサマで1回だか2回だか3回だか遭遇してたけど、その時って「3人ボーカル」「まどマギの人たち」とかそんなもんで。
タイアップをピンポイントで聴く文字通りの予習・対策って感じだった。だから本番でも「あぁ上手いね!」って感心はしたけどそこまでだった。「これで聴いたしもういいよね」ってことで、おそらく3年以上の期間が空いていた。

そんな中でLiSAとのツーマン。モチベーションの起点はもちろん、「ツーマンならLiSAで10曲くらいは歌うっしょ」だ。ワンマンの良い感じのダイジェスト版、めざましライブより大きめのボリューム感ならOKだろう。
そして相手がKalafinaで、こりゃ面白いぞと。根本的なスタイルが全然違うし、実績・実力に申し分ないし、そして俺の中ではかなり認識が薄い。これを機に聴いてみようってところからかなり楽しめた。
アルバム3枚、ベスト盤2枚を事前に聴いた。あぁこれ聴いたことあるわってのもあり、多少は好みの方向も見えつつあり、でもまだふんわり。現場に行かんとわからんねって部分もあって、準備としてはちょうどいい具合だった。


席は2階、でも南で正面ど真ん中、そしてコンコース入り口脇の4席を2人で取った。これがまた素晴らしかった!
真正面んだから音響・演出が綺麗に入ってきてくれた。この気持ちよさを、ゆったりしたスペースを使ってやりたいように反応させていくことができた。『ANTIHERO』の「増えた悪態にso bad」でローリン"ソバット"しても武道館の丈夫な壁なら!
連番はKalafina軸でLiSAも来るよ!って感じの方なのでこっちも対バンだぜ。まぁライブ中は個々で遊んでいたけどそれでいい、それがいいw


先にLiSA。意外だったけど結果これで俺はよかった。
oath sign』で途中からKalafinaも出てきて4人で歌った。おぉ豪華やんからの、「じゃあ続けて『to the beginning』やろうや」って思ったけどそれはなくLiSAでやっていった。
LiSAのセットについては、なんでも良い大好きって域に何回りかして入ってきてるから今回も楽しく遊んだ。
『一番の宝物』とかもうレアでもないなとか思うけど、まぁ嫌いじゃないしw あぁ、『THIS ILLUSION』ってどうなん?って思うんだけどまぁWakanaさん招いてお祭り仕様だし致し方ねぇな。
『ANTIHERO』ちゃん!!からの2016年最高ソング『Psychedelic Drive』でやったぜ!!!
武道館の落差はちょっと危うさを感じたので別方向でサイケデリックに。広いスペースと"アスレチック"で可能性は無限大!まだまだ楽しくやれる方法はあるよ!
2016のツアーと横アリ総ざらいって感じでギュギュッっと詰め込まれてたと思う。
10曲とか与えてくれりゃ、冒険したって十二分にやってくれるね。そりゃあね、絶対王者だからね。


Kalafina
Magia』は間違いなく過去に聴いてたんだけど、のっけから感じた"圧"が違った。一曲目のこの時点で、自分の受け入れ態勢がかなり出来てきているのを感じた。
そしてボーカルグループとしての特長・ストロングポイントはどこだろうって探したらわかりやすく「低音のすげぇのがいるな」ってなってそれがKeikoさんだった。これも前に見て聴いてるはずなんだけどな、どんだけ適当だったんだ俺。
他の多人数ボーカルで下ハモの人が好きだったり、バンドのライブの楽しみ方として「低めの音を取りつつコーラスっぽく歌う」こともしたりなんで、自然とKeikoさんの声を意識していった。(ビジュアル的にも決まりですしね!w)
to the beginning』やったけどLiSAが入ってくることはなく。聴きながら思ったけどここに入り込む余地はないわ、3人で出来上がってる。こっちでよかった。
準備段階で『believe』のサビがお気に入りで、7曲目だから3人のコーラスワークへの理解が進みつつあったところでめっちゃ楽しかったな。この辺ではもう「こりゃワンマン行く可能性を探ることになるぞ」って手応え十分。
で、ここから『identify』『音楽』でギアがもう一つ上がって熱くなって、『ring your bell』でとどめを刺された。アコースティックからのチェンジペースとかすっごいね、ずるいよ良いに決まってんじゃんか。
最後の『One Light』でLiSAと。Hikaruさんとポジション被りは予想通り(って開演前には言えてない)。
んじゃあ俺も歌う!ってKeikoさんを追って低音を取るマンになっていった今日だった。そして準備段階で聴いてた曲たちに、ステージ上の景色や印象が付け加わって鮮やかになっていったのが最大の成果。
終演後の第一声は「(Kalafinaツアーの)スケジュールを見せやがれ!!」でフライヤー凝視。どこかしらには行くことになるんじゃないっすかね。これは簡単に鮮度を落としたらもったいない手応えだと思う。

返す返すも、二組で良かったし、そこにLiSAがいて良かったし、お相手がKalafinaで良かった。収穫だらけだ。
帰り際のLiSAが「これは明日と明後日の人たち、やりづらいんじゃないんですか!!?」って言い放ってた。それだけの手応えを奴も感じていたようで、その感覚を強く強く共有できてたのがまた気持ちいい。
ツーマンのボリュームだと、二組のライブを一気に見た感覚になってとても満足。ただね、、、もっと!もっと!!もっと!!!欲しくなってきてるよ!!!!